アイコン:家のこと 家のこと

自然素材の家で後悔したくない!無垢材などを使った家づくりの魅力

投稿日:
更新日:

こんにちは。
ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」の三好です。
今回ご紹介するコラムは、自然素材の家についてです。



これから家を建てようとしている人の中には、自然素材で家を建てることを検討している人も少なくないのではないでしょうか。一方で、自然素材の家を建てて後悔しないか心配している人もいるかもしれません。

この記事では、自然素材の家を建てて後悔しないようにするために、自然素材の家の概要から自然素材の魅力、自然素材の家で後悔する人の特徴などを解説しています。
素敵な家づくりの参考にしてくださいね!

自然素材の家とは?

自然素材の家とは、その名の通り自然の素材を使用して建てられた住宅のことです。
自然素材は、環境にも人体にも優しい家を建てることができます。



自然素材とは?

自然素材とは、化学物質など人工的な素材や物質が含まれていない素材のことです。

代表的なものとしては、無垢の木材や漆喰、珪藻土、紙などが挙げられます。
これらの素材は、湿度調節や二酸化炭素・ホルムアルデヒドの吸収効果などを持っています。

化学物質を含んだ素材だと、シックハウス症候群や化学物質過敏症などの原因になる恐れもあり、自然素材を使った家は人体にも優しいと言えます。



従来の家との違い

従来の家は、化学物質を含んでいる場合がありますが、自然素材の家には、そもそも化学物質が含まれていません。

耐久性に関しては、自然素材の家は比較的強度があり、年数を重ねるとさらに強くなるという特徴を持ちます。
一般的に従来の家は平均寿命が約30年とされていますが、自然素材の家はそれ以上住み続けられるとされています。


自然素材の家と従来の家の違いについては「自然素材の家って?特徴やメリット・デメリットを解説」で詳しくご紹介しています。
こちらもぜひ参考にしてみてくださいね!



自然素材の家の魅力

自然素材の家の魅力について解説します。

安心安全、かつ健康的に暮らせる



自然素材の大きな特徴は、有害物質が含まれない点にあります。
そのため、シックハウス症候群や化学物質過敏症など、素材が原因となる各種症状が引き起こされる心配がありません。

自然素材の木は呼吸をしているため、空気をきれいに保ち、害虫の発生を抑制してくれます。

夏はさらっとして涼しく、冬は暖かい



自然素材は吸湿性と放湿性が優れています。
梅雨や夏の蒸し暑い時期には湿気を吸ってくれ、湿気の少ない冬の乾燥する時期には水分を放出してくれるなど湿度の調整が可能です。

また、断熱性と保温性も高いので、夏は涼しく、冬は暖かい状態をキープできます。

自然に快適さを実現してくれる自然素材の家は、光熱費の節約にも繋がります。

耐久性が高く、味わい深い風合いに変化



自然素材は、素材自体の寿命が長いため、長年にわたって住み続けられます。
日ごろの手入れができていれば、メンテナンスは不要で、建て替えや補修の回数も減ります。

そして、年を重ねるほど素材の色が変化するため、味わい深さを感じられるのも特徴です。

自然素材の家で後悔する人の特徴

魅力いっぱいの自然素材の家ですが、全ての人にぴったりというわけではありません。
自然素材の家が向いている人と、あまり向かないと考えられる人の特徴を解説します。

自然素材の家に向いている人

自然素材にはたくさんのメリットがありますが、その一方で、傷がつきやすい、初期の建築コストがかかるといったデメリットもあります。

例えば自然木などは色にムラがあったり、木目が揃っていなかったりする点も人によってはデメリットになります。
そのため、メリットはもちろん、傷や色ムラなどのデメリットも自然素材の良さの1つだと受け入れられる人は、自然素材の家に向いていると言えるでしょう。

自然素材の家に向いていない人

自然素材の場合、使用する素材の品質を均一にするのは難しいと言えます。
そのため、自然素材の色ムラや木目のバラツキが気になる人は自然素材の家には向きません。

また、自然素材の家は傷や汚れがつきやすいため、「傷に敏感な人」にも不向きでしょう。

自然素材の家に使用する材料は、一般の家に使用するものよりもコストがかかるため、建築コストを抑えたいと考える人も自然素材の家は避けたほうがいいかもしれません。

また、一部の自然素材に対してアレルギーがある人もいます。
そういった場合は、自然素材を希望したとしても健康のためにも避けなければいけません。

自然素材の家で後悔しないための3つのポイント

自然素材の家で後悔しないためのポイントを3つ解説します。

住んでいるとキズや汚れは出るものと考える



自然素材は、化学物質を使っている素材に比べるとキズや汚れがつきやすいです。
自然素材の家は、キズや汚れはある程度仕方のないものだと考えるようにしましょう。

新築時の状態をキープし続けようとしたり、完璧を求めたり、神経質になりすぎないのがポイントです。

むしろ、キズや汚れも家族の思い出や成長の証になります。
最初は気になっていた汚れも自然素材に馴染んで家のアクセントになることもあります。

素材選びはしっかり行う



多くの人にとって、家は生涯にわたって住み続けるものです。
そのため、素材選びは時間をかけてしっかりと行うようにしましょう。

不明点があるのであれば、専門の業者に聞いたり、本やインターネットを使ったりして情報をよく調べるようにしてください。
実際に購入した素材が、実は自然素材ではないこともごく稀にあります。
時間をかけてしっかりと選ぶようにしましょう。

予算内でできる限り自然素材を使う

自然素材は、一般的な素材に比べて高額であり、しかも素材によって価格が変わります。
接着剤や塗料、断熱材などすべての素材を自然素材にするとかなりの高額になるので、予算とのバランスをとるようにしましょう。

また、予算の都合で一部の素材に化学物質が含まれたものを使用せざるを得ない場合も出てきます。
そういった場合に備えて、家族のアレルギーについて調べておくことも重要です。

一方で、お金かけても自然素材を使うべきだという人も決して少なくありません。
そのようなときは、利用する工務店などに予算について十分に相談する必要あります。

「ナチュリエ」では、家づくりに関する各種講座やイベント、セミナーを開催しています。家づくりに関する疑問点や自然素材選びの相談などがある人はぜひ参加してみてください。



自然素材を選ぶ際の注意点

先ほどお伝えしたように、自然素材の家づくりのためには素材選びが重要です。
自然素材ならなんでもいいと深く考えずに選ぶのは後悔のもと。
素材を選ぶ際に覚えておきたい注意点を解説します。

床材

床材にはパイン・スギ・ヒノキ・チーク・オークといった無垢材をよく使用します。
これらの素材を選ぶときは、まずしっかりと乾燥されているか確認してください。
無垢材が乾燥していないと、施工時に素材が反ってしまう恐れがあります。

また、木地表面がサンディング、いわゆるサンドペーパーがけがされているか、塗装回数は何回か(2回以上が理想)、塗装後に磨かれているか、などといった点も確認するようにしましょう。

壁材

壁材に使われる主な自然素材には、珪藻土・漆喰・板張りがあります。

珪藻土は珪藻という藻の殻からできた素材で湿度調整できます。

また、漆喰は、石灰石が主成分で、強度と消臭効果を備えています。

板張りは壁の一部に自然素材の板を貼り付けたものです。
例えば白い壁の中に板を貼り付けることで、自然の雰囲気を出すことができます。

注意点として、珪藻土を固める接着剤や漆喰のつなぎに化学物質が使われていることもあります。
必ず確認するようにしてください。

塗料

自然素材を使った塗料の定義が日本ではあいまいなため、自然塗料と言っていても、ホルムアルデヒドが発生することもあるので、注意が必要です。
自然素材の塗料を使いたいのでれば、漆や柿渋、蜜蝋、セラックニスなどがおすすめです。

断熱材

家から完全に化学物質を取り除きたい場合、断熱材にも気を配る必要があります。
自然素材で作られた断熱材には、セルロースファイバー・炭化コルク・サーモウールなどがあります。

しかし、中には化学生成材を含んだ断熱材もあるので注意してください。

断熱材にも自然素材を使用するとなるとコストがさらにかかりますが、快適性を重視するのであれば必要不可欠です。

自然素材の家のメンテナンス方法

自然素材の家に住む際に欠かせないのが日々のメンテナンスです。
続いては、日常生活の中でできる自然素材のメンテナンス方法を紹介します。

日常の手入れのみでよい「無垢材」

無垢材に関しては、掃除機やドライタイプのフローリングワイパーを使って乾拭きを行うのみで構いません。
人の足裏の皮脂から出てくる油分により、生活しているだけで天然のツヤが出てきます。

万が一汚れがひどいようであれば、中性洗剤入りの水を固く絞った雑巾で、こすらずに軽く拭くようにしましょう。
基本的にワックスがけも必要ありませんが、合板のフローリングの場合、ワックスがけが必要になります。


無垢材を使ったフローリングの魅力やお手入れ方法はこちらでも詳しくご紹介しています。
無垢材フローリングの魅力とは|種類や特徴、お手入れの方法まで解説

フローリングの傷・へこみの対処法

フローリングに傷やへこみができたときは、アイロンを使えば修復可能です。
傷ついた部分やへこんだ部分に湿らせた布を当てて、その上からスチームアイロンをかければ、木が膨張しへこみがなくなります。

ただし、膨張しすぎないよう注意が必要です。
作業する際には必ず布を当てるようにしてください。

消しゴムで落とせる「壁材」の汚れ

壁の手入れは、はたきなどでほこりを落とすなど、簡単な手入れのみで構いません。
もし、汚れがついてしまったとしても軽い汚れなら消しゴムで落とせます。

また、水気をよく絞ったスポンジでも汚れは落とせます。

サンドペーパーを使っても汚れは落とせますが、自然素材の持つ風合いや色味が損なわれる可能性があるので削りすぎには注意が必要です。

自然素材の家の建築例

では、実際に自然素材を使って建てられた家を紹介します。

「無垢の床」と「塗り壁」のおうち



こちらの住宅は、床を無垢材に、壁を塗り壁にしているほか、暖炉を設置し、自然素材のぬくもりを感じられるおうちとなっています。

オーナーインタビュー
木の香りと火のぬくもり、居心地のいいおうちです

木のぬくもりとカラータイルのおうち



こちらのおうちは、無垢材を使用しているほか、キッチンの扉部分にはナラ材を取り入れています。
木の持つぬくもり感に加え、時を重ねる中で変化していく木の色合いも楽しめます。

オーナーインタビュー
わが家は毎日、にぎやかです!

自然素材の家の特徴を知って後悔のない家づくりを!

自然素材は調湿性や断熱性、保温性などに優れているのが特徴です。
化学物質を使用しないため、健康にも優しい家が建てられます。
時が経つにつれ耐久性が高く、そして味わい深くなっていくのも自然素材の家の魅力です。

そんな自然素材の家を建てる際に大切なのが、素材選びです。
「ナチュリエ」では、自然素材の注文住宅を提供していることに加え、多くの施工実績があります。
ナチュリエなら、つくる前も、つくる時も、つくってからもみなさんをサポート
自然素材の家を建てたい人の希望にしっかりと応えます!

自然素材の家に関する疑問はナチュリエの資料請求・お問い合わせからも解決できます。

みなさんの家づくりが後悔のないものとなりますように!


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る