アイコン:家のこと 家のこと

新築に和室は必要?使い道やメリット、参考アイデアなどをご紹介!

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」の木村です。

注文住宅の新築時に多くの方が悩むのが「和室をつくるべきかどうか」ということ。
今回は新築時の和室の必要性について考えてみましょう!

新築での和室の使い道や和室を作るメリット・デメリット、和室を作る場合のアイデアや参考例なども併せてご紹介します。


部屋でくつろぐ家族

新築住宅に和室は必要?和室の使い道とは

洋風のライフスタイルが定着し、自宅に和室がないという方も増えています。
しかし、新築住宅を建てる際にはやはり「和室をつくりたい」「和室って必要?」と悩まれる方も多いです。

よく見られる和室の使い方を紹介します。

仏間として

仏壇を設置する仏間として使うのは、和室の正統派な使い方ではないでしょうか。
和の雰囲気が仏壇ともぴったりマッチします。

客間として

友人や親戚が遊びに来た時などにおもてなしをする部屋。

テーブルと座布団を置いて応接室としたり、布団を敷いて泊まってもらうこともできます。
来客が多い家庭では重宝するでしょう。

子供部屋として

畳は温かく柔らかいので、子供達が裸足で遊ぶスペースにもぴったり。
転んでしまったとしても柔らかいので怪我をしにくいです。

特に小さいうちはリビングがフローリングの場合、ハイハイできるスペースとしても重宝します。
遊び疲れてしまったら布団を敷いてお昼寝することもできますよ。

リラックススペースとして

ゴロンと横になれるのが畳の和室の魅力。
い草の香りに包まれてゆっくりとリラックスすることができます。

家事スペースとして

洗濯物を畳んだりアイロンをかけたりと、ちょっとした家事をするスペースにも。
和室には押入れという大きな収納スペースもあるので、アイロン台や荷物をすっきり収納しておくことも可能です。

このように、和室はいろんな使い方ができる便利なスペース!
次に、さらに詳しくメリットデメリットもご紹介していきますので参考に検討してみましょう。



新築住宅に和室をつくる場合のメリット・デメリットを知ろう

日本式の部屋である和室は使い道がたくさんあるほか、メリットも多くあります!
その半面、もちろんデメリットも。

メリットとデメリットそれぞれを知って、新築に和室が必要かご家族で相談してみましょう。

和室のメリット

・いろいろな用途の使い方ができる
・い草の香りにはリラックス効果や空気清浄効果があり、気持ちが良い
・押入れがあり、収納スペースが大きくなる
・ふすまを閉めて独立スペースとすることができる
・畳は通気性がよく湿度が高いと湿気を吸い、低くなれば放出という湿度調整効果がある

和室のデメリット

・畳やふすま、障子などは、畳替えや張り替えなど定期的なメンテナンスが必要
・フローリングと比べて、畳を汚してしまった時の掃除が大変
・重たい家具を置くと畳に跡がついてしまう
・和室を作ることで他のスペースが狭くなってしまう可能性がある

多種多様な使い方や効果があるのが和室の大きなメリット。
なかでも特に、リビング横に和室を作り、親が遊びに来た時用の客間としたいという意見が多いです。

しかし限られたスペースの中で和室を作ると、リビングやその他のスペースが狭くなってしまう可能性もあります。

年に数回の機会のために客間を作るのは、スペース的、コスト的に合うのだろうかという点も踏まえる必要があります。
家づくりの優先順位を明確にし、総予算と相談しながら検討するようにしましょう。

本当に「和室」が必要?
畳を置いたスペースや和の雰囲気の洋室でも良いのか?

じっくりとヒアリングをすると実は「和室」じゃなくても良い場合もあります。
理想と希望をしっかりヒアリングした上でのプランニングをおすすめします。

新築住宅に和室を作るためのアイデアや参考例を紹介


日本様式の部屋

こんな和室はいかがでしょうか?
和室を作る!と決めた場合、どんなアイデアがあるかをご紹介します。

和モダン和室

畳やふすま、和室の壁紙なども最近は種類豊富に出ています。
いかにもな和室ではなく、リビングや家全体の雰囲気とマッチする和モダンな和室が人気です。
2色の半帖畳を市松模様に配置したりシックな色の壁紙を選んだりなど、家の雰囲気に合わせてコーディネートしてみましょう。

小上がり畳コーナー

扉や壁で仕切るのではなく、床を1段上げた小上がりで空間を仕切った和室。
開放感があり、空間を広く感じながら暮らすことができます。
床の段差部分は収納にする家も多く、生活面でも便利です。

掘りごたつ和室

和室の真ん中に掘りごたつを作るのも素敵。
家族や友人と食事やお酒を楽しむのも、居酒屋気分でちょっと特別な時間に。
畳や板で掘りごたつの蓋を作っておけば、布団を敷いて寝室にすることもでき、用途がさらに広がります。

ナチュリエオーナー様の和室事例もご紹介します!

ナチュリエで新築されたオーナー様の、和室事例をご紹介します。

■岩見沢市 Y様邸
契約後に妊娠がわかったY様ご夫婦。
子供と過ごすスペースとして1階に和室を作りました。
和室の畳に面する形でカウンターと棚をつけ、成長後はここで本を読んだり勉強したりもしてほしいそう。
リビングと和室の仕切りはルーバーにし、家族の目や声も届くように。
マリメッコみたいなアクセントクロスもモダンで、オシャレな和室に仕上がりました。

■札幌市 O様邸
ご主人の希望で作られた和室。
ごろんと寝転んだりテレビを見たりとリラックスできる空間です。
2色の半帖畳を市松模様に敷いたモダンなデザインと、奥様の実家から受け継いだレトロな雑貨の雰囲気が不思議とマッチしています。
リビングとの間仕切りは引き戸で、開け放してリビングと空間をつなげることも可能です。

■札幌市 M様邸
和の趣を取り入れ、古民家の旅館風をテーマとしたM様邸。
1階のダイニングスペースにはテーブルはなく、畳をおいてリラックススペースを作りました。
2階には友人とお酒を飲んでゆっくりくつろげる和室を設置。
旅館の部屋のイメージです。
天井や壁のクロス、色合い、照明なども細かくコーディネートし、全体的に統一感のある仕上がりに。
新しいのにどこかノスタルジックな雰囲気を感じる木のおうちです。



まとめ

・新築で和室を作ろうか迷う方が多いです。和室は仏間や客間、子供部屋、リラックススペース、家事スペースなどさまざまな使い方ができます。

・1部屋あるとさまざまな使い方ができるのが和室の大きなメリット。特に親が遊びに来た時の客間とするために和室を作りたいという意見が多いです。しかし家全体のスペースや予算が決まっている場合、年に数回の機会のためにスペースやコストを圧迫してしまうことにはならないでしょうか。優先順位と予算を明確にしながらプランニングをすることが大切です。

・昔ながらの和室以外にも、さまざまな和室が登場しています。スタイリッシュなデザインの和モダン和室や開放的な小上がり和室、居酒屋のような雰囲気の掘りごたつ和室など、用途に合わせてひと工夫を取り入れるのも楽しいですね。ナチュリアのHPでもオーナー様の事例をご紹介しています。


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る