アイコン:家のこと 家のこと

無垢フローリングの魅力や種類、特徴とは?木の家を守るお手入れ方法も

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」の木元です。

最近、木のぬくもりや温かみを感じられる「無垢(むく)材」が注目を集めています。

しかし、無垢材の魅力とはそもそも何なのか、お手入れが難しいのでは?などの疑問をもっている方も多いのではないでしょうか。

ここでは無垢材の種類やお手入れの方法、費用の相場などを詳しく解説しています。
自宅を新築する、もしくはリフォームする際に無垢材フローリングを検討している方は、ぜひ活用してください。



無垢材とはどんなもの?

無垢材とは「天然木から切り出した一枚板」のこと。
特定の木材のことではなく、一枚板をそのまま使うので、木のもつ柔らかい肌触りと温かみを味わえます。

無垢材以外で使われるフローリング材に「複合フローリング」があります。
複合フローリングは木材を複数貼り合わせて加工を施したもので、品質や仕上がりが一定で安定感があります。

無垢材フローリングの場合だと品質はばらつきがちですが、これは無垢材の持ち味でもあります。

一枚一枚の木目の表情や色味の微妙な違いを楽しめ、温かさと居心地のよさを与えてくれます。

無垢材を使った木の家のお手入れ・メンテナンスとは?経年変化も楽もう」も、あわせてご覧ください。



代表的な無垢材5種類とそれぞれの特徴

代表的な無垢材の種類と特徴についてご紹介します。

選ぶ木材によって家の雰囲気が大きく変わりますので、営業担当者とも相談し、実際にサンプルなどを見てから決定するのがおすすめです。

スギ材の特徴

日本家屋ではおなじみのスギ材は、直線的な木目が爽やかですっきりとした印象が特徴です。和室だけでなく洋室に取り入れてもよく合う素材です。

スギ材は弾力性に優れ、足へのあたりが非常にやわらかく、幼児や年配の方がいても安心して使用できます。

比較的に安価で使いやすい素材ですが、香りが強いので匂いに敏感な方には向かないかもしれません。

パイン材の特徴

パイン材は白っぽい色味をしていますが、時を経るほどに艶のある茶系の色味に変化します。

節が多いのも特徴で、温かみのある素朴で居心地の良い雰囲気を演出します。
スギ材と同じく針葉樹でやわらかい素材なので、幼児や年配の方がいるお宅にもおすすめできます。

ナチュラルでシンプルな部屋によく合い、流行に左右されないので人気が高い素材です。

ウォルナット(ウォールナット)材の特徴

ウォルナット材とは、クルミ科の落葉広葉樹のこと。「ブラックウォールナット」とも言います。
ダークな色合いと重厚感のある木目が美しい素材です。
使い込まれていくほどに、黒っぽい色味が明るい茶色へ変化し、味わいが増します。

ほかの素材より少々値が張りますが、非常に堅く耐久性に優れているのが特徴。
加工した時にゆがみや狂いが少ないことから、無垢フローリングだけでなく、楽器などにも使われています。
高級感と落ち着きのある空間を演出できますよ。
シックで都会的なインテリアが好きな方に人気です。

ヒノキ材の特徴

ヒノキ材といえば、ヒノキ風呂を連想する方も多いでしょう。
ヒノキ材は浴槽に使えるほど水に強い素材です。
強度や耐久性もあり、癖のない美しい木目はどのような部屋にも合います。
時が経つにつれて、白っぽい色味が味わいのある飴色に変化していきます。

また、ヒノキ特有の香りはリラックス効果があり、害虫が嫌う成分も含まれています。

オーク(ナラ)材の特徴

ウイスキー樽や船舶などの材料として用いられてきたオーク材は、耐水性と耐久性に優れています。
明るい色味で、くっきりとした美しい木目が人気の素材です。
広葉樹であるオーク材は弾力性にやや欠けますが、ある程度の堅さがあるため傷や凹みが気になる方に向いています。

比較的安価で、どのようなインテリアにも合う使いやすい素材です。

無垢材をフローリングに使用するメリット



無垢材をフローリングに使用するメリットを3つ説明します。

1.木材本来の質感を味わえる

無垢材は木本来の質感を味わえます。

無垢材フローリングの場合、床に足を置いてまず感じるのが、足にあたる感触のやわらかさとぬくもりです。

複合フローリングでは得られない心地よさがあります。
また、自然の木目は美しく、癒やし効果をもたらせます。

木目の模様は、すっきりした印象のまっすぐ平行な模様と、力強く面白みのある曲線が連なる模様とに分かれます。どちらの模様も、自然独自の風合いとおしゃれな雰囲気を同時に楽しめます。

2.時間が経つごとに表れる風格

無垢材は時間が経つごとに、自然素材の木ならではの風格が表れます。

長年の使用によって、無垢材のフローリングは傷がつき、日に焼けて変色していきます。

張ったばかりの新しい無垢材も清潔な美しさがありますが、時の重みと共に移り変わっていく色味や形状には、無垢材だからこその深い味わいが生まれます。

住む人と共に変化し、味わいを増していく無垢材のフローリング。
年月を経るごとに愛着が増すことでしょう。

3.調湿作用により夏も冬も快適

自然素材である無垢材には調湿作用があります。
無垢材は部屋の中の湿度が高いと周りの空気から水分を吸収し、湿度が低く乾燥すると、今度は自らの水分を放出して湿度を調節します。

そのため、湿度が高くて蒸し暑い夏も乾燥する冬も、湿度の変化が少なくどちらの季節も快適に過ごせます。

人に心地よさを与える湿度は、また、ダニやカビ、ウイルスなどが発生しにくい湿度でもあり、健康面から考えても大きなメリットになります。

無垢材をフローリングに使用するデメリット

無垢材をフローリングに使用する場合のデメリットについても見ていきましょう。

水に弱く、膨張や収縮がおこり変形することがある

無垢材の調湿作用は利点のひとつですが、表面を塗装していても水を吸収するので、大量の水に弱いというデメリットも生じます。

水分を吸収したり排出したりする際に膨張や収縮がおこり、隙間ができたり反りが出たりして形状が変化してしまうことがあります。

この点では、複合フローリングにくらべると安定性に欠けます。
とはいえ、無垢材を使用する段階で変形を最小限にするための方法は様々あるので、前もって施工主と対策などを話し合っておくとよいでしょう。

傷やシミなどの汚れが付きやすい

天然木から作られている無垢材には、傷やシミなどの汚れが付きやすいデメリットがあります。
無垢材の中でもスギやパインなどの針葉樹は特にやわらかいので、物を落としただけで凹んでしまうこともあります。

しかし、複合フローリングの場合は傷や凹みがつくと元に戻せませんが、無垢材は凹みに水分を与えて復元させたり、傷の部分を削ったりして、ある程度の修復が可能です。
また、全体を薄く削り直せば新品同様のフローリングにできます。

複合フローリングよりも費用がかかる

無垢材は複合フローリングよりも費用がかかります。

端材なども使える複合フローリングにくらべ、無垢材は複数の木材を重ねたりする加工をせずに一枚板だけで使用するので、利用できる量が限定されます。
そのため、無垢材そのものの価格が高く設定されるのです。また、天然木を扱える職人が少なく人件費も高くなります。

無垢材のフローリングを使用する場合は、費用の面からも、家全体に使うのか部分的に用いるのか、よく考える必要があります。

無垢材に水は大敵!のお手入れ方法の注意点



無垢材をできるだけよい状態に保つにはどのようなお手入れが必要なのか、解説します。

基本のお手入れは「乾拭き」でよい

どのような種類の無垢材であっても、水分を加えることにより反りやねじれなどが生じやすくなります。
そのため、普段のお手入れは乾拭きをすることが基本です。

乾いた雑巾やモップ、掃除機などを用いて、フローリングのほこりを取るようにします。乾拭きはなるべく毎日欠かさずに行いましょう。

1か月~3か月の頻度で水拭きする

毎日のお手入れとは別に、1か月~3か月に一度の頻度で水拭きをします。
水濡れは厳禁なので固く絞った雑巾を使います。

水を使うと、どうしてもバケツのまわりなどにこぼしてしまいがちです。

濡れたままにしておくと反りやねじれに繋がってしまうので、すぐに拭き取るようにしてください。
気になる汚れがある場合は、専用の洗剤を使って落としておきます。

大掃除のときはクリーナーで汚れ落とし

半年~1年に一度は大掃除を行い、クリーナーで汚れを落とします。
普段のお手入れをしていても、徐々に汚れは蓄積されていきます。こびりついて取れなくなる前にきれいにしておきましょう。

乾いた雑巾を使い、クリーナーをしっかりと塗り込みます。
汚れが目立つ場所だけでなく、フローリング全体をすみずみまで塗ることが大切です。

もしもの場合は再塗装

撥水性が弱まってきて塗装に問題が起きた時など、もしもの場合は再塗装をします。
再塗装する前には、乾拭きや掃除機などでじゅうぶんにほこりを取っておくようにしましょう。

ほこりなどが残っていると塗装を行う際に塗り込まれ、そのまま固まってしまいます。
塗装を行うときは、ブラシを使い木目にそって塗っていきます。

無垢材フローリングへのリフォーム費用の相場

無垢材フローリングへのリフォームは2パターンあります。

・新しくフローリングを張り替える
・すでにあるフローリングの上へ新たにフローリングを張る「重ね張り」をする

どちらのパターンにするかで費用が変わってきます。

古いフローリングを撤去する手間がない分「重ね張り」のほうが費用を抑えられます。
6畳のサイズを例に取ると、張り替えには約110,000円〜140,000円、重ね張りには約60,000円〜80,000円が費用の相場です。

歳月とともに味わいを深める「無垢材フローリング」を取り入れてみませんか?

無垢材フローリングの魅力は「木のもつ柔らかい肌触りと温かみを味わえる」ところ。
天然木の種類や特徴などを確認し、ご自分のお好きなタイプを選びましょう。

普段のお手入れ方法は「乾拭き」です。
水に弱いので、水拭きをする場合は固く絞るようにしましょう。水濡れは厳禁ですよ!
もしもの場合は再塗装が可能です。

ここで得た知識を参考にして、歳月とともに味わいを深める無垢材フローリングを使った木の家を自宅に取り入れることを検討してみてもよいでしょう。



ナチュリエでは、無垢材フローリングを含む自然素材の注文住宅を提供し、これまで多くの施工実績があります。

自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。

カタログセットが届く資料請求もお気軽にどうぞ!


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る