fumfum

住宅ローンの審査基準とは?審査に落ちてしまう理由や対策もご紹介

アイコン:お金のことお金のこと

住宅ローンの審査基準とは?審査に落ちてしまう理由や対策もご紹介

  • 投稿日:
  • 更新日:

目次

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」のスタッフです。

住宅ローンを利用するためには、金融機関による審査をパスしなければいけません。
住宅ローン審査に通る・通らないという審査基準はどうなっているのか気になりますよね?

そこで今回のコラムでは、住宅ローンの審査基準についてのお話です。
住宅ローン審査ではどんなことをチェックされているのか、審査に落ちるとしたらどんな理由があるのかを解説。

住宅ローン審査に落ちないための対策や、もし審査に落ちてしまった場合の対応などをご紹介します。


北海道札幌市 Oさま邸

まずは住宅ローン審査の流れを理解しよう

住宅ローン審査は、本申し込み前の事前審査と、本申し込み後の本審査の2回行われます。

事前審査は、物件購入の申し込み段階で行われます。
事前審査にかかる日数は金融機関によって異なり、1日~1週間程度。
インターネットで必要事項を記入して、すぐに結果が分かる金融機関などもありますよ。

事前審査が通れば、次は本審査。
本審査は不動産の売買契約締結と同時に申し込みます。
事前審査よりも細かくチェックをするため、さまざまな証明書類を提出し、1~3週間ほどの日数がかかります。

審査に通れば金融機関と住宅ローンの契約を結び、物件の引き渡し日に住宅ローン実行(=残金決済)となります。

住宅ローン審査にかかる期間についてはこちらのコラムでも詳しくご紹介しています。
住宅ローンの審査期間はどれくらい?流れや長引かせないポイントも

住宅ローンの審査基準と必要書類をご紹介

住宅ローン審査では「借入金をきちんと返済できるのか?」という点をチェックされています。

事前審査、本審査それぞれの審査基準と必要書類を解説しますね。

事前審査

事前審査では本人の返済能力と、物件の担保価値が物件の融資金額に足りるかどうかを判断します。
主にこんな部分をチェックされていますよ。

  • 本人の年齢
  • 完済時の年齢
  • 健康状態
  • 年収
  • 勤務先、勤続年数
  • 物件の担保価値
  • 返済負担率
  • 個人信用情報

現在の年齢や健康状態、年収、完済時の年齢を確認し、長い期間のローン返済に問題がないかを判断します。

万が一返済ができなくなった際には、担保物件を売却して残金を回収するため、担保にも相応の価値が必要です。

返済負担率とは年収に対する年間返済額の割合です。
一般的に20~25%程度が無理のない返済負担率といわれており、返済負担率が高くなるような金額の融資を受けようとしても審査には通りません。

また、個人信用情報とは、いままでの借金滞納などの履歴です。

クレジットカードの返済で遅延をしている、携帯電話の分割支払いで遅延をしたなどの履歴が残っており、内容によっては審査で不利になるケースもあります。

【必要書類】
事前審査の際には、本人確認書類と収入が確認できる書類(源泉徴収票や確定申告書)、物件情報が確認できる資料などを提出します。

本審査

本審査では、事前審査の内容に相違がないか、より厳密な審査が行われます。

購入物件や購入価格が確定しているので、物件の担保評価について詳しく審査します。

【必要書類】
本人確認書類や収入確認書類のほか、印鑑登録証明書、不動産売買契約書(または工事請負契約書)の写しなども提出します。



住宅ローンの審査に落ちてしまう理由やその対策


岩手県 北上市村崎野モデル1

住宅ローンの審査に落ちてしまう理由、それは「ローンを完済できるか怪しい」「この物件が担保ではこの金額は融資できない」と判断されてしまったから。

こんな内容で審査を受けていませんか?

  • 年収が少ないのに高額の融資を希望する
  • 物件の担保価値に見合わない高額融資を希望する
  • 年齢が高く、完済時の年齢が80歳を超えてしまう
  • 自動車ローンを返済している最中
  • 転職したばかり

収入や担保価値に見合わない高額の融資を申し込んでも審査は通りません。
その場合は、頭金を多く用意し、借入金額を減らす必要があります。

完済時の年齢についても金融機関によって「80歳未満」など上限を設けているケースがほとんどで、制限内におさまるように借入期間の短縮が必要です。

すでにほかのローンがある場合は、返済負担率が上がってしまうので、現在のローンを完済してから住宅ローンの審査を申し込みましょう。

収入と借入金のバランスによっては、2つのローンを同時に組めないこともありません。
こちらのコラムでも詳しくご紹介していますよ。
住宅ローンと自動車ローンは同時に組める?すでに契約済の場合は?


または、夫婦の共有名義で住宅ローンを申し込むという方法もありますよ。
2人の収入の合計で判断されるので、審査が通りやすくなります。

住宅ローンの共有名義についてはこちらのコラムでご紹介していますのでぜひご覧くださいね。
住宅ローンを共有名義にするとは?メリット・デメリットを解説!


さて、事前審査が通ったからといって安心してはいけません。
事前審査は通ったのに、本審査で落ちてしまった! ということもゼロではありません。

事前審査から本審査の間に下記のような状況の変化があると、本審査で落ちてしまう可能性があります。

  • 転職した
  • 退職して独立した
  • クレジットカードの支払いを滞納した
  • 自動車ローンを組んだ

住宅ローンの事前審査・本審査前には、転職や退職、新たなローン契約などは控えるようにしましょう。

住宅ローンの審査に落ちてしまったらどうする?

住宅ローンの審査に落ちてしまっては、住宅ローンを利用することができません。
そんなときは、別の金融機関の住宅ローンを申し込んでみましょう。

住宅ローンの審査基準や重視するポイントは金融機関ごとに異なるので、金融機関を変えることで審査に通る可能性がありますよ!

ただし、その前には以下の点を確認。

  • 収入に対して借入金が高すぎないか
  • 担保価値に対して借入金が高すぎないか
  • ほかの返済の滞納がないか

自動車ローンなどほかの返済がある場合は、完済してから住宅ローン審査を申し込むことをおすすめします。

「クレジットカードの引き落とし口座が残高不足で滞納状態になっていた」といったことがないか、確認してみてくださいね。

まとめ

●住宅ローンの審査は事前審査と本審査の2回。物件購入の申し込み段階で事前審査、不動産の売買契約のタイミングで本審査が行われます。

●住宅ローン審査では返済能力と担保価値をチェックします。審査基準は年齢や健康状態、収入、勤務先、物件の担保価値などです。

●「返済能力がない」と判断されると住宅ローン審査に落ちてしまいます。頭金を多く用意して借入金額を減らす、現在返済中のローンは完済しておくなどの対策を考えましょう。

●住宅ローンの審査基準は金融機関によっても異なります。住宅ローン審査に落ちてしまった場合は、そのほかのローンや返済状況を整理したうえで別の金融機関に申し込んでみましょう。


全国に店舗があるナチュリエは、木の家でのていねいな暮らしを提案するハウスメーカー。
家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。



ようこそ、
ナチュリエの世界へ

  • 写真:ナチュリエの家の様子
  • 写真:ナチュリエの家の様子
  • 写真:ナチュリエの家の様子