アイコン:お金のこと お金のこと

住宅ローンと自動車ローンは同時に組める?すでに契約済の場合は?

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」のスタッフです。

新生活スタートのタイミングで住宅や車を買う方は少なくありません。
このとき、住宅ローンと自動車ローン、2つのローンを同時に組むことは可能なのか気になりますよね。

「組むことができたとしても、ちゃんと返済していけるのか」といった疑問も出てくると思います。

今回は、住宅ローンと自動車ローンを同時に組みたい場合について。
2つを同時に組める場合と組めない場合、どちらかを先に組んでいる場合はどうなるのか、ローンすべてをまとめることは可能か、という点をお話しますね。

今後、住宅ローンや自動車ローンを検討している方はぜひご覧ください。


住宅の外観

住宅ローンと自動車ローン、併用して組むことはできる?

住宅ローンと自動車ローンを同時に組むことはできるのか?
答えはイエス。

ただしどんなローン契約でも、契約時には返済可能かどうか審査をされたうえで契約となります。
2つのローン契約をするということは、借入総額が大きくなるので審査が厳しくなります。

収入と借入総額によっては契約ができない、またはそれぞれのローンで借入可能金額が下がってしまう場合があることなど、注意点も知っておきましょう。

契約の可否や借入可能額は返済比率がポイント

金融機関によるローン契約の審査では、「返済比率(返済負担率)」がチェックポイントのひとつ。
返済比率とは、年収に対する年間返済額の割合です。

返済比率は金融機関やローン商品によっても異なり、たとえば住宅金融支援機構による住他ローン「フラット35」では、返済比率は年収400万円未満で30%、400万円以上で35%という基準を設定しています。

年収500万円で返済比率35%なら、年間175万円、月々約14.6万円が返済の上限です。
借り入れ可能な金額はこの範囲内となります。

年収500万円、返済比率35%、返済期間35年、金利1.3%、元利均等でシミュレーションしてみると、概算の借入可能額は4,918万円です。
フラット35ローンシミュレーションより

返済比率は1つのローンの返済額ではなく、すべてのローンの年間返済額の合計から考えます。
住宅ローンと自動車ローンを同時に組むなら、2つのローンの返済額合計が金融機関の求める返済比率以内におさまる必要があるのです。

逆を言えば、2つのローンの合計の返済比率が金融機関の求める基準におさまっていれば、同時に契約することが可能です。

ただし、「借りられる金額」と「無理なく返せる金額」は違いますので注意しましょう。



住宅ローンと自動車ローンどちらかをすでに組んでいる場合はどうなる?

ご紹介した通り、年収に対する返済比率を基準に借入可否や借入可能総額が決まります。
すでにどちらかのローンを組んでいる場合、返済比率の上限に対してまだ余裕があれば、新たなローンを契約することができます。

たとえば年収500万円で、自動車ローンに月々5万円の返済をしている場合。
住宅ローン契約で求められる返済比率が35%なら、月々の返済金額は14.6万円。
上限までは月9.6万円の余裕がありますね。

フラット35のシミュレーションによればこの場合は、約3,237万円までは借入可能となります。
※返済期間35年、金利1.3%、元利均等方式、フラット35ローンシミュレーションより


すでに返済率いっぱいの金額まで自動車ローンを組んでしまっている場合は、新たなローンを組むことはできません。

住宅ローンを先に組んでいる場合でも同じです。
ローンの種類や金融機関によって求められる返済比率は異なります。
自動車ローンは住宅ローンよりも借入金額が少ないので、返済比率の基準が高く、審査がゆるい傾向もあるようです。

ただし、その分住宅ローンよりも金利が高いので注意してください。

住宅ローンと自動車ローン、ローンすべてをまとめることは可能?


住宅のリビング

住宅ローンと自動車ローンをひとつのローンにまとめることはできません。
住宅ローンは家を買うため、自動車ローンは自動車を買うためと用途が決まっている融資です。
用途が決まっているために契約期間が長かったり金利が安くなったりしているのです。

複数のローンをまとめる「おまとめローン」というローンもありますが、住宅ローンや自動車ローンよりも金利が高いので、おまとめローンにまとめるメリットはありません。

住宅ローンと自動車ローンをひとつにまとめることを考えるなら、それぞれの頭金にするつもりだった預貯金で自動車を買ってしまうことをおすすめします。
住宅ローンは自動車ローンと比べて金利が低く、住宅ローン控除などの優遇措置もあるからです。

借入金額の総額が同じなら、住宅ローンと自動車ローンに分かれるよりも、自動車は現金で購入して住宅ローンのみにした方が金利や返済の負担が少なくなります。

すでに自動車ローンがあるという人も、自動車ローンを完済してから住宅ローンを契約した方が良いでしょう。

まとめ

●ローン契約での借入可能額は、年収に対する返済額の割合「返済比率」によって決まります。住宅ローンと自動車ローンを同時に組みたいときは、2つのローンの合計返済額から返済比率を計算。合計の返済比率がそれぞれの金融機関の求める返済比率の基準内であれば、2つ同時に契約可能です。

●すでに何らかのローンを組んでいる状態で新たなローンを組みたい場合、現在の返済比率が金融機関から求められる返済比率に対して余裕があれば、新たなローンを契約することができます。

●住宅ローン、自動車ローンはそれぞれ用途が決まっているローンのため、ひとつにまとめることはできません。住宅ローンは自動車ローンよりも返済期間が長く金利が安いです。まとめることを考えるよりも、現金は自動車の購入やローンの一括返済にまわし、住宅ローンのみの契約とする方が良いでしょう。


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る