アイコン:お金のこと お金のこと

住宅ローンの頭金の目安は?最近はなくてもOKなことも!

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」の三好です。

住宅購入時に多くの方が利用するのが住宅ローン。
住宅ローンを組む際の頭金は、いくらくらいの設定にするのが良いのでしょうか。

今回は住宅ローンの頭金についてのお話です。
住宅ローンにおける頭金の役割や金額の目安、頭金を入れて住宅ローンを組むメリットとデメリットなどをご紹介します。
最近は頭金なしでも契約可能なフルローンなども登場していますよ。


明るい部屋

住宅ローンの頭金は、ローンの支払総額を減らす役割がある

住宅ローン契約時に自己資金を投入して頭金を入れると、頭金の分だけ借入金額を減らすことができます。

借入金額が減ると、かかる利息が減ります。
利息が減ると返済総額が減り、毎月の返済額を減らしたりローンの返済期間を減らしたりと、返済の負担を軽くすることができます。

昔の住宅ローン商品は、物件価格全額を借り入れてローンを組むことはできず、必ず頭金を入れる必要がありました。
現在は購入価格全額をローン設定する「フルローン」もあり、頭金無しで住宅ローンを組むことも可能になっています。

しかし、月々のローン返済の負担を減らすためには、頭金を入れるのが有効な手段なのです。



住宅ローンの頭金は物件金額の1~2割程度が目安

住宅ローンの頭金はたくさん入れれば入れるほど、借入金を減らすことができてローン返済の負担を減らすことができます。

頭金の設定金額は物件金額の1~2割程度が目安と言われています。
4,000万円の物件なら、400万円~800万円程度です。
一度に支払う金額としては、なかなか大きな金額になります。

また、頭金の金額は決まっているわけではありませんので、物件金額からではなく手元に残す現金から逆算して頭金を設定するのも一つの方法です。
高額な頭金を支払うことで手元にまとまった現金がなくなってしまうのは、その後の生活に対してリスクがあります。

その後の生活で必要となりそうな出産費用や教育費、怪我や病気、リストラなどによる収入ダウンの可能性なども踏まえ、無理のない範囲で頭金を設定するようにしましょう。

忘れがちですが、住宅購入時には物件費用のほかにも火災保険や登記費用、仲介手数料、税金などの諸経費の支払いも必要となります。

これらの諸経費は物件価格の3~10%程度の費用となると言われていますので、忘れずに確保が必要です。
手元に貯蓄がなくなりローン返済が滞ってしまうと、せっかく購入した住宅を手放さなくてはいけなくなるかもしれません。

最近は頭金0でも住宅ローンが組める!頭金あり・なしどちらがいい?


家族が集まる部屋

近年は、頭金0円で物件金額すべてを住宅ローンに組み込めるフルローン商品も登場し、頭金なしで住宅ローンを組んで住宅を購入することもできます。

ただし、頭金なしで住宅ローンを組むことは借入総額が高額になり、返済の負担が大きくなるリスクはあります。

頭金を入れることは、住宅ローンの借入金額を減らすことができるのが一番のメリット。

利息と支払総額を抑えることで、ローンの設定期間を減らしたり月々の返済負担を軽減したりすることができます。
また、ローン残高が少ないことは、売却時の残債リスクを減らすことにもなります。

ただし、頭金としてまとまった金額を支払うと現金貯蓄が減るので、急な出費やトラブルに対応できなくなってしまう可能性があります。

現在は超低金利時代と言われており、住宅ローンの金利も安いです。

頭金を貯めているうちに良い物件を逃してしまう、金利が上がってしまうという可能性も!
貯めている間も賃貸住宅の家賃は発生しています。

たとえば毎月3万円の貯金で年間36万円×3年=108万になりますが、108万を貯めている間に家賃月6万円かかっているのであれば年72万×3年=216万がかかるため、差額はマイナスになってしまいますよね。

それであれば少しでも早く住宅を購入して賃貸の支払いをなくし、金利が安いうちに住宅ローンを組むのも一つの方法かもしれません。

頭金が貯まるのを待つのか、今決断をして家づくりを始めるのか、ライフプランや家計、景気状況も踏まえながらよく検討するようにしましょう。

まとめ

・住宅ローンで頭金を設定すると借入金額を減らすことができます。借入金額が減ると利息が減って総支払金額が減り、月々の返済負担を減らすことができます。

・住宅ローンの頭金は、物件金額の1~2割程度が目安と言われています。ただし、頭金の支払いでも貯金をなくしてしまうのは危険です。その後の生活や急なトラブルなども考え、手元に残す金額から逆算して頭金を決める方法もあります。

・最近はフルローン商品も登場し、頭金なしで住宅購入が可能になっています。頭金を入れるのは月々のローン返済の負担を軽減できるメリットがありますが、反面手元の現金を減らしてしまうリスクもあります。現在は超低金利時代でもあります。賃貸住宅の家賃を払いながら頭金を貯めるのか、早く家づくりを始めて低金利で住宅ローンを組むのか、よく検討してみると良いでしょう。


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る