fumfum

2階にリビングがある間取りのメリット・デメリットをご紹介!

アイコン:家のこと家のこと

2階にリビングがある間取りのメリット・デメリットをご紹介!

  • 投稿日:
  • 更新日:

目次

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」のスタッフです。

家族が一番長い時間を過ごすリビング。
リビングは1階につくることが多いですが、最近は2階にリビングをつくる間取りも増えているんですよ!

今回は2階にリビングがある間取りについてお話ししたいと思います。

2階にリビングがある間取りとはどんな間取りか、気になりますよね。
2階にリビングがあるメリットやデメリットを知り、ぜひ選択肢のひとつとして検討してみましょう。



2階にリビングがある間取りの特徴やメリット・デメリット

玄関から家に入り、廊下と階段を経て2階にリビングをつくる間取りは、「2階リビング」や「逆転プラン」などと呼ばれることもあります。
家族が集まってくつろいだり一緒にテレビを見たりと、一番長い時間を過ごすリビングを2階に設けることにメリットやデメリットはあるのでしょうか?

2階リビングのメリット

2階にリビングがある間取りの大きなメリットは、開放感と眺望、プライバシーを同時に確保できることです。

1階は2階を支えるための柱や壁の必要量が多くなります。
その点、2階は必要な壁が少ないので、ワンフロアの広いリビングをつくりやすいです。
屋根の勾配に合わせて天井の高さや傾斜に余裕を持たせることもできるので、天井が高く開放感のあるリビングにすることができます。

1階にリビングのある間取りよりも、1階に部屋数や区切りが多くなる分、壁や柱が増えるので建物の耐震性も上がるでしょう。

また、視線の高さから外れるのでリビングの窓を広くとっても、お隣や外からの視線が気になりづらいことも特徴。
隣の建物で眺望がさえぎられることも少ないでしょう。

2階リビングなら広い窓で開放的な明るい眺望をつくりながらも、プライバシーを守ることができます。

そのほか、日当たりが良いので明るく暖かいリビングになる、リビングからつなげてバルコニーをつくればバルコニーの活用度が上がるといったメリットもありますよ。

2階リビングのデメリット

2階リビングの大きなデメリットは、やはり階段の上り下りが面倒とういう点。
生活の中心であるリビングに行くために必ず階段を通らなくてはいけません。

例えば、こんなシーンを想像してみてください。

  • 買い物から帰ってきて重たい荷物を持って2階に上がる
  • 毎日のゴミ出しで、2階からリビングのゴミを持って階段を下りる
  • 宅配便や郵便の受け取り、来客のたびに階段の上り下りをする

小さいお子さんがいる家庭では階段から落下してしまうリスクがありますし、高齢者のいる家庭も階段の上り下りが体への負担となってしまうことも。

また、2階にリビングをつくる分、個人の個室は1階につくることになると思います。
思春期の子どもがいる家では、玄関から家に入ってもリビングを通らず自室に直行してしまうケースがあり、家族間のコミュニケーションがとりづらくなってしまう可能性もあるでしょう。



2階にリビングがある間取りはどんな人におすすめ?

2階リビングは日当たりや眺望が良いこと、プライバシーが守れることがメリットなので、1階リビングではこれらが確保できないという環境の方に向いています。

また、限られた敷地の中で開放的なリビングをつくりたいという方にもおすすめ。

たとえば、こんな場合です。


【2階リビングが向いている人】

  • 隣家との距離が近く視線や音が気になる
  • 1階の日当たりが悪い
  • リビングとバルコニーをつなげたい
  • 天井を高くして開放的なリビングにしたい
  • ワンフロアの広いリビングにしたい

一方、敷地が広い場合には1階にリビングをつくっても開放的で広いリビングは叶いますし、2階にリビングをつくると、むしろ玄関からリビングまでの距離が遠くなってしまいます。
その場合には2階リビングのデメリットの方が気になってしまうかもしれません。


【2階リビングが向いていない】

  • 広い敷地があり、隣家とも離れている
  • 高齢者がいて階段の上り下りが負担
  • 家庭菜園など庭の活用をしたい
  • 日当たりが良すぎて暑い家

2階にリビングがある間取りの施工事例

ナチュリエでも2階にリビングがある間取りを検討される方が増えています。
2階リビングの施工事例をご紹介します。

■札幌市東区 Tさま邸


札幌市東区 Tさま邸

まるでカフェのようなおしゃれなダイニングキッチンとリビングを2階につくった間取りです。
インテリアも一つひとつこだわって、ダイニングカフェのような空間をイメージしています。

「リビングのソファで過ごすのがとてもリラックスできる時間」と言うオーナー様。
美容師という職業柄いつもお忙しいオーナー様ですが、ゆっくり身体と気持ちを休めて
疲れをリセットできる空間になりました。

まとめ

●2階にリビングがある間取りは、明るく開放感のあるリビングにしつつ、プライバシーも守れることがメリット。リビングの窓を広くとって開放感と眺望、日当たりを確保しても、外の視線より高い位置のためプライバシーを守りやすいです。隣の建物で眺望が遮られることも少ないでしょう。

●2階リビングのデメリットは階段の上り下りが大変なこと。毎日の生活や家事の中でも階段の上り下り回数が増えますし、小さな子どもや高齢者がいる家庭では転落のリスクや体への負担も心配です。

●2階リビングは狭い敷地やお隣との距離が近い家ではとくにおすすめ。限られた敷地の中で快適なリビングをつくることができるでしょう。一方で、家族に小さい子どもや高齢者がいる場合、夏は日当たりが良すぎて暑くなってしまう場合などは2階リビングは向いていないかもしれません。

全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。



ようこそ、
ナチュリエの世界へ

  • 写真:ナチュリエの家の様子
  • 写真:ナチュリエの家の様子
  • 写真:ナチュリエの家の様子