fumfum

テレワークがはかどる書斎を作ろう!理想の間取りや収納は?

アイコン:家のこと家のこと

テレワークがはかどる書斎を作ろう!理想の間取りや収納は?

  • 投稿日:
  • 更新日:

目次

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」スタッフです。

テレワークや在宅勤務の普及により「新築では書斎を作りたい」というニーズがとても高まっています。
自分だけの書斎に憧れているという方も多いのでは?
しかし、広さや予算の兼ね合いで、必ずしも個室にできるとは限りません。

今回は、新築に作る書斎の間取りやアイデアについてご紹介!
間取りタイプ別のメリット・デメリットや、書斎を作る際の注意点についてもお伝えします。
テレワークがはかどる、理想の書斎を作りましょう♪


2階の吹き抜けスペースの書斎

テレワーク用の書斎はまず場所のとり方を考えよう!

コロナ禍でテレワークや在宅勤務が増え、自宅でも集中して仕事ができる場所として「書斎」のニーズが高まっています。
集中してスムーズにテレワークを進めるためにも、どこにどうやって書斎を作るかは重要なポイント!

テレワークを行うための書斎の場所のとり方と、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

部屋の一部を使ってオープンに

部屋やリビングテーブルの一角にスペースを設けて書斎として活用!

ダイニングやキッチンにカウンターを作り、家族共通のワークスペースとするケースも。
建てた後でも1番気軽に設置することができます。

2階に書斎の場所をとるのであれば、家族共有のワークスペースとして使えるところもポイントです。
週に数回程度テレワークをする方や、家事や育児の合間にさっと作業をするスペースにも向いています。

生活スペースとつながっているので、オン・オフの切り替えがしづらいのがデメリット。
家族の声や生活音もそのまま聞こえるので集中しづらく、WEB会議には不向きです。

スペースで区切る

ロフトや間仕切りで周囲の空間とゆるく区切りをつけるケースも多いです。
空間を本棚や収納棚で簡単に区切ってスペースにするのもありですね。
玄関の土間に机を配置しての半個室ワークスペースなども、リビングから離れているため作業しやすいでしょう。

完全個室ではないものの、ある程度区切られた空間でテレワークをすることができます。
壁や仕切りとWEBカメラの向きを調節すれば、WEB会議も問題ありません。

完全個室よりも、面積や予算の負担を少なく設置することができるでしょう。

集中しやすい空間となり、どんな方にもおすすめです。
ただ、防音性はないので家族の声や生活音は気になってしまうかもしれません。

完全な個室にする

完全な個室を作って書斎として活用するのが、1番集中できますね。
何より周りの音を気にせず仕事に取り組めるのがメリットです。

「個人情報を取り扱っている」「常に重要なWEB会議をしている」「クリエイティブな作業に集中したい」など、セキュリティを確保したい方や集中できるワークスペースが欲しい方におすすめです。

完全な個室だとプライバシーも守られ、web会議で映り込みや家族の声が入る心配もありません。

家に個室がひとつ増えるので、その分の面積と費用がかかることがデメリットです。
2.5~4.5畳ほどあれば書斎として成立しますが、あまり狭いスペースにすると閉塞感を感じる、広いと書斎専用のエアコン設備が必要など考慮すべき点はあるかもしれません。



テレワークがはかどる書斎作りを!間取りの工夫や収納のアイデア

テレワークがはかどる書斎には、間取りや収納の工夫も大事!
理想の書斎を作るために、いくつかアイデアをご紹介します。

スキップフロアで空間を区切る

段差を付けて、空間を仕切るスキップフロアのスペースを書斎にするアイデア。
空間をゆるく区切ることで、オンオフの切り替えをしやすくしながら、家族の様子も感じながら仕事をすることができます。
高さが違えば、WEB会議への映り込みも防げますよ。

寝室の隅に書斎スペースを作る

昼間は使わない寝室の隅に書斎スペースを作れば、手軽なオープンスペースながら家族の居住空間と分けることもできます。
ドアを閉めれば防音対策もバッチリです。

畳を使って和室書斎に

個室の書斎に畳を敷いて、和室の書斎にするのはいかがでしょうか。
仕切りがなくとも気軽にスペースを区切ることができますよ。

い草の香りでリラックスでき、疲れたらちょっと横になることもできます。
まるで昭和の文豪のような気持ちになれるかも?

収納の工夫で空間を有効に

オープンタイプや半個室タイプで気になるのは収納場所。
ノートや筆記用具、ヘッドセットなど仕事で使う道具は、かごやボックスなどにまとめておくと便利!
車輪付きのものもオススメです。
自宅の中で仕事場所を移動する場合でも、そのまま持ち運べます。

最近は画鋲で簡単に取り付けられるウォールシェルフもあるので、壁も収納に使えると場所を取らず有効活用できますよ。

空間づくりも楽しむ

お気に入りの空間の中で作業をすると集中力が上がり、作業効率もアップするかもしれません!
カフェのような居心地の良い空間や、自身の好みも反映したおしゃれでホッとできる空間など、空間づくりも楽しんでみましょう。
お気に入りの本をディスプレイしてみたり、好みの雑貨や観葉植物を飾ってみたりするのも良さそうです。

ナチュリエは手ざわり足ざわりが気持ち良い無垢材を使用し、手作りのものやおしゃれなカフェのような雑貨が似合う、ナチュラルテイストの家づくりをご提案しています。
直営のインテリアショップ「ナチュリエスタジオ」もありますので、お気に入りの雑貨を見つけてくださいね!

テレワーク用の書斎を作るときに注意する点


ダイニングの書斎スペース

自宅にテレワーク用の書斎スペースを作るときには、注意したい点もあります。
ポイントを押さえて快適な書斎を作りましょう。

光の入る角度

明るすぎず暗すぎず、作業がしやすいよう光の入り具合や適切な照明を考えましょう。
暗いと作業しづらいのはもちろんですが、パソコン作業では明るすぎるのもNG。
窓から差し込む光がパソコンに反射して画面が見づらい、WEB会議で明るすぎるといった使いづらさにつながります。

コンセントの位置や数

テレワークにはパソコンが欠かせません。
パソコンのほかにもプリンターやタブレット、スマホなど周辺機器も問題なく接続できるよう、コンセントの位置や数にも注意を払いましょう。

オフィスチェアがおすすめ

「ちょっと作業」くらいならよいですが、1日中テレワークをするという方はぜひ「オフィスチェア」をおすすめします。
長い時間座っていても腰やお尻が痛くなりにくいですよ。
「リビングテーブルの片すみに書斎スペースを作っている」という方にこそ、ぜひ使ってみてみてほしいです!

まとめ

●テレワークや在宅勤務が増えて、書斎のニーズが高まっています。
場所のとり方として、部屋の一部を使ってオープンにする、一部スペースで区切る、完全な個室にする方法があります。

●テレワークのスタイルやライフスタイルに合わせて、書斎スペースの作り方を考えてみましょう。
防音や収納などに配慮しながら、仕事がはかどる書斎を作りたいものです。

●書斎スペースを作るときには、明るさやコンセントの位置などにも配慮を。
長時間のテレワークにはオフィスチェアを用意するのもおすすめです。


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。



タグ

著者

写真:fumfum編集部
fumfum編集部

ていねいな暮らしをテーマに、家のこと、趣味のこと、ライフスタイルのことなど、わかりやすく紹介していきます。

ようこそ、
ナチュリエの世界へ

  • 写真:ナチュリエの家の様子
  • 写真:ナチュリエの家の様子
  • 写真:ナチュリエの家の様子