fumfum

庭でできることって?庭のメリットや楽しみ方、庭づくりのポイントとは

アイコン:ライフスタイルライフスタイル

庭でできることって?庭のメリットや楽しみ方、庭づくりのポイントとは

  • 投稿日:
  • 更新日:

目次

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」のスタッフです。

家づくりで庭を作るかどうか迷っている方は多いのではないでしょうか。

家づくりでは住まいにばかりに目が行ってしまいますが、庭も快適な住環境を作る上で重要な要素です。

今回は庭でできることや、庭があることでのメリットをご紹介します。
あわせて庭の楽しみ方・庭づくりのポイントも解説しますので、ぜひ庭づくりのヒントにしてください!

庭でできることはたくさん!庭があるとどんなメリットが?

庭は、好きなようにデザインして使える自由度の高いスペースです。
庭を作るか迷われている方へ、まずは庭があることのメリットとデメリットをご紹介していきましょう。

庭があるメリット

一戸建てに庭があると、以下のようなメリットがあります。

  • 日当たり・風通しが良くなる
  • プライバシーが保たれる
  • 植物で四季を感じられる
  • 子どもの遊び場が増える
  • 趣味やバーベキューを楽しめる

住宅街など建物が密集している地域では、庭があることで隣の建物との間にスペースを設けることができ、部屋の日当たりが良くなるでしょう。
また、スペースをとることで風通しを良くする効果もあります。

プライバシーについても、庭という場所を挟むことで、窓を開けたらすぐに隣家の窓が見えてしまい「音や気配が筒抜け」という事態を避けられます。

植物が好きな方は、ガーデニングで花を育てたり、庭木を植えたりすれば、季節の移ろいを感じられるのも大きなメリットです。

また、自分たちだけの庭を作れば公園に行かなくても走り回れたり、ビニールプールで遊んだりと、子どもたちがのびのびと遊べる場所が増えます。

庭でできることについては後ほど詳しく紹介しますが、パークゴルフの練習やDIYの作業場にするなど趣味を楽しむ場にしたり、みんなでバーベキューを楽しんだりと、使い道のバリエーションはさまざまです。

庭があるデメリット

家に庭があることのデメリットとしては、以下のようなことが考えられます。

  • 土地・外構工事の費用がかかる
  • 手入れが必要

広めの庭を作ろうと思うと、その分家のスペースを狭めることになるため、ある程度の広さの土地は必要です。
そのため、都市部では条件に合う大きさの土地がなく、郊外を選ぶという人もいます。

ただし、小さな庭でも遠近感や立体感を出して広く見せたり、ウッドデッキを設置したり、さまざまな工夫ができます。
屋上に庭をつくったり、中庭を設けるというアイデアもあるので、広い土地を買わなくても素敵な庭は叶うことでしょう。

また、庭で自然を楽しめるのはメリットですが、きれいに植木や芝生を維持するためにはこまめな手入れが必要になるため費用はかかります。

今はDIY用の道具や材料が豊富なので、業者に頼まず自分たちで庭づくりを行えば、節約になるでしょう。

芝生や植物の手入れという手間は増えますが、雑草対策には防草シート、庭木の剪定に電動の工具など便利な道具を使えば楽になります。
手入れが面倒という場合は、コンクリートや砂利、レンガなどあまり手間がかからない地面にするのも良いでしょう。



庭でできることは?楽しみ方のアイデアをご紹介!


庭でできることには、さまざまなバリエーションがあります。
楽しみ方のアイデアを詳しくご紹介していきますね!

ガーデニングや家庭菜園

庭の楽しみ方の代表格といえば、ガーデニングなどの土いじりではないでしょうか。

カラフルな花や緑で華やかになるだけでなく、子どもが花の名前を覚えるなど自然に興味を持つきっかけになるでしょう。

家庭菜園で野菜を育てれば、家族で一緒に収穫の喜びを味わえ、子どもも苦手な野菜が食べられるようになるかもしれません。
自分たちで作った野菜はおいしく感じるうえに、うまく作れば家計の節約にもなりますよ。

バーベキュー

自宅の庭でバーベキューをするというのも、マイホームでの憧れの過ごし方ですよね。
煙などでご近所の迷惑にならないように気を使う必要がありますが、キャンプ場に行かずに自宅で楽しめるのは、庭があるからこそ。

バーベキューを本格的に楽しみたい方は、レンガ製のバーベキューコンロや、ピザ窯などを設置したりDIYで作るのも良いでしょう。
火を使うので芝生が気になる方には、ウッドデッキを設けてのバーベキューもおすすめです。

庭やウッドデッキでのバーベキューについては、下記のコラムも参考にしてみてください。
バーベキューができる庭づくり!コツや事例、注意点をチェック
ウッドデッキでBBQ!注意点やお手入れ方法、必要な広さ・設備を解説

庭キャンプ

庭にテントを張れるスペースがあれば、庭キャンプもできます。
テントやタープ、キャンプ用のテーブルとチェアなどを設営して、キャンプ飯を作るのも楽しいですよ!

デイキャンプのように、昼間だけ庭でキャンプのように遊び、夜はいつものベッドで寝られるのも庭キャンプの良さです。

庭キャンプをはじめとした、おうちキャンプの楽しみ方については「おうちキャンプの楽しみ方! 魅力いっぱいのアイデアをご紹介」も参考にしてください。

テントサウナ

近年人気が高まってきているのが「テントサウナ」。

専用のテント内で薪ストーブを焚くことでテント内を温め、本格的なサウナを楽しめるものです。
庭にテントサウナを設置し、自宅で手軽にサウナを楽しむ方も増えてきているんです!

自分だけのサウナなので、温度や香りなども自由自在。
好きなようにカスタマイズして、自宅の庭で「ととのう」習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

子どもの遊び場

遊びたい盛りの子どもがいる方には、庭に遊具を置いたり、砂場を作ったりして子どもの遊び場として活用するのがおすすめです。
目の届きやすい庭なら、安心して遊ばせられるでしょう。

夏はビニールプールを置いて子どもは水遊び、大人はバーベキューといった楽しみ方もできます。

また、近年は子どもと一緒に庭で「スラックライン」を楽しむ方も。
スラックラインとは、ベルト状のラインの上でバランスを楽しむスポーツの一種。
通常は木を利用して設置しますが、地面に設置する方法もありますので、遊具の一つとして取り入れてみるのも良いかもしれませんね!

スポーツの練習場

子どもが少し大きくなって野球やサッカーなどのスポーツを始めたら、庭を練習場にするのもおすすめです。

野球なら壁に的を書いてピッチングの練習をしたり、素振りでバットを振ったりして練習できます。
サッカーやバスケットボールのゴールを置くという使い方もできますよ。

芝を敷けば、ゴルフのパット練習もできますね。

ペットの遊び場・ドッグラン

囲いをしっかりすれば、ペットを走り回らせることもできます。
他の犬がいると緊張してしまいドッグランでは楽しめないというワンちゃんでも、庭なら思う存分走ることができ、ストレス解消になりますね。



ほかには家の中ではできないノコギリなどを使うDIYをしたり、植木に集まってくる小鳥を観察したりなど、庭の使い方は人それぞれ。
自分にあった庭の楽しみ方を見つけてくださいね。

庭づくりのポイントもチェックしよう


庭でバーベキューや家庭菜園を楽しむためには、庭づくりの段階での構想が重要です。
どのような庭にすれば庭での活動を楽しめるのか、庭づくりのポイントとアイデアをご紹介します。

庭の広さの目安

家族でバーベキューをしたい方は、家族だけの4〜5人で行うなら6畳ほど、2家族の7〜8人で行うなら8畳ほどあれば、ゆったり楽しめるでしょう。

また、家庭菜園をしたいなら1〜2坪(約3.3〜6.6平米)ほどの広さから始めるのがおすすめです。
1〜2坪程度なら初心者でも管理しやすく、目安として2〜3種類は野菜を植えられます。

上記はあくまで目安なので、小さめの庭でも色々な活動を楽しんでいる方はたくさんいます。

庭の配置の決め方

庭は、採光を考慮して南側に作るケースが多いです。

配置では、まず道路沿いに駐車スペースを確保するのがおすすめ。
その後に目的やコンセプトを考え、細かい配置を考えていきましょう。

植物の観賞をメインにするのであれば家の中から視線がいきやすくしたり、バーベキューをしたいなら安定感のある地面にしたり、「したいこと」を明確にしてから決めていくとスムーズです。

リビングからの眺めも重要なので、家の間取りとあわせて庭をデザインしましょう。

庭づくりのアイデア

近年人気の、庭づくりに役立つアイデアをご紹介します。

■アウトドアリビング

最近は、庭にテーブルとチェアやソファを置いて、リビングのようにゆったりした時間を過ごすという使い方が人気です。
ウッドデッキなど地面より高いところに、日よけになるシェードとともにガーデンファニチャー(庭で使う家具)を設置すると快適に過ごせるでしょう。

ガーデンファニチャーの素材は金属製やプラスチック製など多様ですが、おすすめはリゾート地のような高級感がある人工ラタンです。

人工ラタンはポリエチレンでできているため耐久性があり、外に出しっぱなしにできる製品も多く便利です。

■シンボルツリー

シンボルツリーとは庭のシンボルとなる木のこと。
特に規定はなく、どのような種類の木でも自由にシンボルとして植えることができます。

子どもの誕生や家の完成など、おめでたいことを記念して植える「記念樹」としての役割も持たせると、木の成長が楽しみになりますよ。
栗や梅、ブルーベリーなど、実のなる果樹を記念樹として植えれば、木の成長とともに食べる楽しみも増えますね!

まとめ

●庭のメリットは隣の建物との間にスペースができ、日当たりや風通しが良くなったり、プライバシーを守れたりすることが挙げられます。植物を植えれば、四季の変化を間近で楽しめます。

●庭ではガーデニングや家庭菜園など植物の栽培を楽しむ方が多いです。休日に、家族や仲間でバーベキューをする光景もよく見られます。子どもの成長にあわせて遊び場やスポーツの練習スペースなどに改造するのもおすすめです。

●庭の広さは、バーベキューを例にすると、家族だけの4〜5人で行う場合は6畳ほど、2家族の7〜8人で行うなら8畳ほどあれば楽しめます。家庭菜園をしたいなら1〜2坪ほどあれば十分でしょう。庭はまず駐車スペースを確保し、採光を考えて南側に庭を作る家庭が多いですが、目的にあわせてデザインを考えましょう。


全国に店舗があるナチュリエは、木の家でのていねいな暮らしや自然素材の家を提案するハウスメーカーです。
家づくりに関するアドバイスやご提案をしていますので、ぜひお気軽にご相談ください。



タグ

著者

写真:fumfum編集部
fumfum編集部

ていねいな暮らしをテーマに、家のこと、趣味のこと、ライフスタイルのことなど、わかりやすく紹介していきます。

ようこそ、
ナチュリエの世界へ

  • 写真:ナチュリエの家の様子
  • 写真:ナチュリエの家の様子
  • 写真:ナチュリエの家の様子