fumfum

アウトドア好きの家族必見|アウトドア風の家を楽しもう

アイコン:ライフスタイルライフスタイル

アウトドア好きの家族必見|アウトドア風の家を楽しもう

  • 投稿日:
  • 更新日:

目次

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」のスタッフです。

アウトドアが好きな方で、自分の家をアウトドア風にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。上手く工夫すれば、家にいながらでもアウトドア気分を楽しむことができます。

この記事では、どのようにすればアウトドアのような雰囲気を演出した家ができるのか、その方法を紹介します。



 

家族でアウトドアを家でも楽しむ

山や川など自然豊かな場所に行ってリフレッシュしたくても、忙しかったり、子どもが小さかったり、なかなか行けない方も多いでしょう。そんな時は家をアウトドア風にすれば、家にいながら自然を感じることができます。

アウトドアが好きな方にとって、毎日好きなものに囲まれながら過ごせる空間は魅力的です。そうでない方にとっても、アウトドア風の住空間はさまざまな良いことがあります。

例えば自然を感じると人は気持ちがオープンになり、家族のコミュニケーションが活発になったり、心身ともにリフレッシュできたりします。普段過ごしている家をアウトドア風にすれば、家にいながらでも自然を感じて楽しく生活することができます。

間取りをアウトドア風に

アウトドアリビングを造る

アウトドアリビングとは、家づくりのコンセプトの1つです。広めのバルコニーや庭を、屋外のリビングとして活用します。天気の良い日には、家族で食事をしたり、お子さんやペットと遊んだりなどさまざまな用途で楽しめます。

アウトドアリビングは、DIYなど工夫を凝らすことで楽しみ方のバリエーションは広がります。特にウッドデッキが人気。ウッドデッキは、室内と一体化したような空間で、焼肉をしたり、のんびり日向ぼっこをしたり、子どもの遊び場になったり。活用法、いろいろです。

ただし、アウトドアリビングは風雨にさらされるので、季節の変わり目に塗装などのメンテナンスが必要です。

また、夏場には虫が寄ってくるので、虫除け剤を吊るすなどの虫が寄ってこないような対策をするようにしましょう。

ロフトや土間を造る

ロフトは、アイデア次第で楽しみ方のバリエーションが広がる空間です。アウトドアで使う道具をインテリアとして使ってみたり、ゆっくり読書を楽しんだり、子どもたちと遊んだりなど、多目的に使うことができます。また、部屋にロフトがあると、空間が広く見えるようになり、部屋の開放感が増します。

アウトドアグッズの収納スペースとして人気のある土間。外と中の中間のような存在なので、室内にいながらアウトドア感覚が味わえます。土間はアウトドアグッズのメンテナンスにも活躍しそうです。

アウトドア風の家を造るために

アウトドア風の家を造るためには、インテリアを工夫することも重要ですが、間取りなど家を注文する段階から計画を立てる必要があります。自分の建てたい家を実現するためにまず建築会社との相談が必要です。

ナチュラル&スローな家を提供しているNaturieでは、家づくりのための相談会やセミナーを行っています。間取りをアウトドア風にしたいと考えている方は、ぜひ一度ご相談ください。

Naturieの相談会・セミナー情報はこちら

アウトドアアイテムを家具に

今まではアウトドア風な間取りについて説明しました。しかし、それにはコストもかかり、手をつけづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめするのが、アウトドアアイテムを家具として使う方法です。手軽にアウトドアの雰囲気を家に取り入れることができます。

以下では、家具としておすすめのアウトドアアイテムを紹介します。アウトドアアイテムを使って、家の中を楽しい空間に変身させましょう。

ハンモックを置く

アウトドアの定番アイテムであるハンモックを置くだけで、アウトドア風な家を演出できます。インテリアとしてだけではなく、昼寝や読書などをしてくつろぐことができ、より心安らぐ生活を送れるのではないでしょうか。

ハンモックには、家の梁にぶら下げるタイプや、自立式のタイプがあります。自立式のものであれば、リビングやベランダなど時間帯や天候などによって使う場所を移動したり、週末しか使わない場合は収納したりすることができます。

ペンドルトンのような布地を置く

ペンドルトン社の布の柄は、ネイティブアメリカンの伝統の柄をモチーフにしていることで有名です。ペンドルトンの布を家に置いておくだけで、アウトドア風な雰囲気がでます。

ペンドルトンのタオルブランケットは、ラグマットとして使ったり、アウトドアチェアに掛けたりなど、部屋にアウトドア要素のアクセントをつけるのにもってこいのアイテムです。

また、比較的リーズナブルで、取り入れやすく、洗濯機で丸洗いできるので、手間もかからないアイテムです。

アウトドア用の椅子を室内で使う

アウトドア用の椅子を家で使用してみるのも、アウトドア風な空間を作るのに効果的です。アウトドア用の椅子は、軽くて折りたためるので、収納や持ち運びしやすいのが特徴です。

アウトドア用の椅子には、クッション付きのタイプや、2~3人で座れるフォールディングソファもあります。

ゆっくり座って読書やお茶をしたり、インテリアとして使ったり、自分好みの用途でアウトドア用の椅子を使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

アウトドアリビングやロフトを造るなど間取りを工夫したり、ハンモックや椅子などのアウトドアアイテムを家具として家に置いたりすることで、アウトドア風の家を演出することができます。

アウトドアが好きで、家でアウトドアな雰囲気を味わいたい方はもちろん、楽しくなるような空間に住みたい方なども、一度アウトドア風の家にすることを検討してみてはいかがでしょうか。

アウトドアスタイルの家を建てるには、建築会社選びや建築会社との相談が重要です。Naturieは施工実績が数多くある建築会社です。

コーディネートの相談も受け付けており、内装にこだわりたい方にもおすすめです。アウトドア風な家を建てたいと考えている方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

信頼と実績のある建築会社Naturieについてはこちら


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

  • 写真:ナチュリエの家の様子
  • 写真:ナチュリエの家の様子
  • 写真:ナチュリエの家の様子