アイコン:インテリア雑貨 インテリア雑貨

カーテンの色の選び方|色ごとの心理効果や部屋別のおすすめも紹介

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」の阿部です。

新しい家に住み始める時に、さまざまなものを買いそろえる中で、最も迷うものの一つが、カーテンではないでしょうか? カーテンは、壁の広い範囲を覆うものなので、色一つで、部屋全体の印象が大きく変わります。

この記事では、カーテンの色の選び方について、基本をはじめとして、どのような心理効果があるのか、選ぶうえでのポイント、注意点を解説します。また、部屋別におすすめのカーテンの色や、風水によるカーテンの選び方まで紹介します。カーテンを選ぶ際に、ぜひ役立ててください。


基本となるカーテンの色の選び方

ここでは、基本となるカーテンの色の選び方について2つの方法を紹介します。

同じトーンに合わせる



色を合わせるときは、異なる色味であっても、トーンを合わせれば統一感が出ます。部屋の壁紙、床などの広範囲の色と、トーンを合わせると、部屋全体に統一感が出ます。

また、アクセントになるクッションや小物と色を合わせるとおしゃれな印象になります。

同系色にする



同じような色味で、トーンの違った色を使うのも手です。部屋の床や壁の色と同系色だと、色同士がぶつかり合わず、うまくまとまります。

ベースカラーと呼ばれる薄い色(例えば、ブラウン系の部屋の場合には、白や薄いベージュなど)を選ぶと無難にまとまります。また、アソートカラーと呼ばれる色(部屋の雰囲気を決める色)を選択してもよいでしょう。

色の心理効果によるカーテンの選び方

色は、人に心理的効果をもたらします。これを考慮してカーテンを選ぶ方法をご紹介します。

イエロー系のカーテン



イエローは、若さや、元気さなどといった印象を与える色です。明るく、にぎやかに過ごしたい部屋に使うのがよいでしょう。

黄色には興奮作用もあるので、メインの色として使うのではなく、柄などのアクセントにしたり、落ち着いたトーンのものを使うのがおすすめです。

オレンジ系のカーテン



オレンジは、喜びや幸福感のようなポジティブな印象を与える色です。ホワイトやブラウンと相性がよく、部屋の床や壁の色とも合わせやすいです。

料理をおいしく見せ、食欲を増進させる効果もあるので、リビングやキッチンなどに使うとよいでしょう。
明るい雰囲気にしたい部屋、子ども部屋などに使うのもよいでしょう。

レッド系のカーテン

レッドには、エネルギーを感じさせ、興奮させる効果があります。レッドをカーテンとして使う場合、メインの色として使うと落ち着かなくなるので、柄の色として使ったり、面積を抑えたりするのがよいでしょう。

また、寝室などの、リラックスしたい空間に使うのは避けたほうがよいでしょう。

ピンク系のカーテン

ピンクは、やわらかく、優しい印象を与える色で、特に女性対しては、血行をよくしたり、肌のうるおいを向上させたりと、心身によい影響を与える色です。

他の色とも合わせやすいです。心身を落ち着ける効果もあるので、寝室など、リラックスしたい空間には淡いピンクを使うとよいでしょう。

グリーン系のカーテン



グリーンは安心感や安定感といった印象を与える他、森や木などの自然を連想させる色でもあります。リラックス効果の高い色なので、リビング、書斎、寝室といった、体を休めたり、落ち着いたりしたい場所で使うのが効果的です。

ブルー系のカーテン



ブルーには、集中力を高める効果があります。勉強部屋や書斎といった、知的な活動を行う場所に使うと効果的です。また、青色には鎮静作用もあるので、寝室に使ってもよいでしょう。

食欲を減衰させる効果もあるので、ダイエットをしたい場合などを除いて、リビングなどの食事をする場所での使用は避けたほうがよいでしょう。

パープル系のカーテン

パープルは、昔から高貴な色とされ、最近ではラベンダーは、癒しの色ともされています。女性的な印象と、知的な印象をあわせもっています。

寝室などで使うと、紫の持つ効果が十分に発揮されるでしょう。下品な印象を与えてしまうこともあるので、青に近い系統の色を選び、淡い色調のものを使うとよいでしょう。

ベージュ系のカーテン



ベージュは、他のインテリアとも合わせやすく、土や木目を連想させるため落ち着いた印象を与える色です。飽きも来にくく、万人受けする色です。

ただし、使いすぎると、部屋に変化がないように感じてしまうので、アクセントになる色を配置してメリハリを与えるとよいでしょう。

ブラウン系のカーテン



ブラウンは、ベージュと同じように、安定感やリラックスの効果、堅実さなどをイメージさせます。他の色とも合わせやすく、どんな部屋にもマッチしますが、寝室などのリラックスしたい空間に使うと効果的です。

オレンジ・黄色などとの相性がよく、これらと合わせることで明るい部屋になります。

ホワイト系のカーテン



ホワイトは、清潔で明るい印象を与えます。まっさらな状態を連想させるので、何か新しいことを始める人にぴったりの色です。狭い部屋に使うと、空間を広く感じることができます。

ただし、冷たい印象を与えたり、人を緊張させたりすることもあるので、リラックスしたい寝室などに使用するのは避けたほうがよいでしょう。

グレー系のカーテン



グレーは、上品でおしゃれな印象を与える色です。落ち着きがあり、人を刺激しません。部屋でゆっくりしたい人は、選んでみてもよいでしょう。

部屋全体がグレーになると、人工的な感じになるので、明るい色の家具を置くとバランスがとれます。

ブラック系のカーテン

ブラックは、高級感のある色です。仕事や趣味に集中したい場所などに使用するとよいでしょう。

しかし、部屋全体が閉鎖的な雰囲気になり、気分がふさいだり、疲れやすくなったりすることもあるので、その場合は使う面積を抑えるとよいでしょう。

部屋別のカーテンの選び方

ここでは、部屋ごとにカーテンを選ぶポイントを解説します。

リビング



リビングは、家族全員が時間を共にする場所です。そのため、居心地がよく、人が集まりやすい空間にするために、次のようなことがカーテン選びのポイントになります。

・原色などを避け、家族が落ち着ける色使いにする
・壁や床の色、部屋の雰囲気に合った色にする
・家族の意見を聞いて決める


インテリアの参考になるステキなお家がいっぱいのフォトギャラリーはこちら

ベッドルーム



ベッドルームは、良質な睡眠を取り、一日の疲れを取るところです。よい睡眠をとり、気分よく一日をスタートするために、以下のような点に注意して選びましょう。

・気分が落ち込んだり、不眠につながることがあるので、あまりに暗い色味を避ける
・興奮作用があるので、赤は避ける
・寒色やアースカラーと呼ばれるベージュ・ブラウン系の色を選ぶと落ち着く

書斎



書斎は、落ち着いて仕事や読書を行うことができる場所にしましょう。

・ブルーやグリーンなど落ち着ける色にする
・同じ色合いでも濃い色にすると、重厚な雰囲気が出る

子ども部屋



子ども部屋は、おもちゃや絵本といった、カラフルなものが多いので、雰囲気を統一するとよいでしょう。

・暗い色は避ける
・にぎやかで楽しい、明るいイメージの色にする
・年齢が上がったら落ち着いた色にするなど、成長に応じて色を変えるとよい

風水によるカーテンの選び方

風水において、カーテンは悪い気が入ってこないようにしたり、よい運気が外に出ていかないようにしたりする役割があると考えられています。また色によって潜在意識に働きかけてくれるとも考えられています。

仕事運をアップさせるカーテン



仕事運をアップさせるためには、ブルー系のカーテンがおすすめです。ブルーは冷静さを表すため、落ち着いて物事に対処できるようになり、集中力も高まるとされています。

恋愛運をアップさせるカーテン

恋愛運を上げるためには、ピンクやオレンジなどの薄い暖色系のカーテンがよいでしょう。さらに女性らしい柄のものを選ぶとより恋愛運が上がります。また、ピンク色は、女性ホルモンの分泌にも関係があるとされています。

金運をアップさせるカーテン



金運をアップさせるためには、黄色のカーテンがおすすめです。素材も高級感のあるものを選ぶとさらによいでしょう。これらの色が好みでないと感じる場合には、自分が好きなデザインの中で、これらの色が部分的に使われているものを選んでもよいです。
紫色も高級感がありよいとされています。

健康運をアップさせるカーテン



健康運アップのためには、自然をイメージさせるグリーンやブラウンなどがおすすめです。ナチュラルカラーもよいでしょう。植物のように気を整えてくれる効果があるとされています。

まとめ



カーテンの色の選び方は、基本的なものから、色ごとにどんな効果があるのか、また、部屋ごとにおすすめの選び方、風水を利用した選び方などがあります。
部屋によって色を変えたり、家具をそろえてみたり、風水を取り入れたりするのも楽しいですよね。

ナチュリエスタジオでは、部屋のコーディネートの相談も受け付けています。カーテンやリネンなどのサンプルも多数取り揃えていますので、ぜひカーテン選びの参考にしてみてください。
札幌のナチュラルテイストの雑貨・家具|ナチュリエスタジオ

「おしゃれなインテリアの似合うステキなお家」に興味がある方は、ナチュリエの事例集をお届けするので、ぜひ資料請求してみてくださいね。
ナチュリエの資料請求はこちらから

ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る