アイコン:インテリア雑貨 インテリア雑貨

新築のインテリアの決め方を紹介!マイホームに似合うスタイルを探そう

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」の阿部です。

皆さん、インテリアに興味はありますか?
好きなインテリアに囲まれて暮らすことは、自分らしく生きるためのひとつの手段だと考えています。

でも実際、おしゃれなインテリアを暮らしに上手く取り入れるのは難しいですよね。
そこで今回、ナチュリエ札幌スタッフが札幌市にあるインテリアショップ「The JOHNSON STORE」で、スタッフにインテリアのポイントを質問してきました。

インテリアのテイスト決めや、全体の色の使い方、照明や小物でお部屋をもっとおしゃれにする方法などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

新築のインテリアの決め方はテイスト選びからスタート

新築住宅のインテリア選びで大切なのは、インテリアを含めたお部屋全体のテイストに共通点を取り入れ、統一感を出すこと。

自分の好きなインテリアのテイストが分からない時は、雑誌などを見て、こんな雰囲気が好き、これいい!など、気に入ったものをチェックしていきましょう。
いろいろな事例を見ているうちに、好きなテイストがわかってくると思います。

インテリアのテイストは色々とありますが、代表的なのは「ナチュラル」や「モダン」「シック」など。

「ナチュラル」は、無垢材などの天然木や、木綿や朝などの自然由来の繊維などを使った定番のテイストです。

「モダン」テイストは、装飾を少なくシンプルでスタイリッシュに仕上げたデザイン。
流行に左右されず、飽きにくいこともあり、安定した人気のあるスタイルです。

「シック」は黒やダークブラウンなどのダーク系カラーでまとまった高級感のあるテイストです。
インテリアもダークカラーで揃えるなど全体でコーディネートするとセンス良く仕上がります。

さまざまなテイストの事例を見て、自分が惹かれるインテリアテイストを探してみましょう。



新築のインテリアの色の決め方



理想のインテリアのテイストが固まったら、壁や床などの内装も含めてお部屋全体をコーディネートしていきましょう。

トータルバランスを考える時に重要になるのが全体の配色です。
インテリアコーディネートの色の考え方には、「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」というものがあります。

これらの配色をもとに、床のフローリング材や天井・壁の壁紙、テーブルやソファなどの大きなインテリアを揃えていきます。

ベースカラー

インテリアを楽しむ上でもっとも大切なのはベースなんです。

ベースというのは壁と床のことで、ベースカラーとは、そのお部屋で全体の70%程度を占める色のことです。

ベースの色や素材はお部屋の印象に大きく関わってくるので、どんな空間に仕上げたいかイメージして決めていきましょう。
ベースカラーに合わせて家具や小物を選んでいくのがインテリアコーディネートの重要なポイントです。

賃貸で自分好みのベースを選ぶことは難しいですよね。
マイホームを注文住宅で建てる場合は、内装のテイストを左右する部分であるベースを自由に選ぶことができるのも魅力的。
あなたらしさを表現できるこだわりのベースで設計を楽しんでくださいね。

メインカラー

お部屋全体の25%ほどとベースカラーの次に大きな面積を占めるのがメインカラーです。

メインカラーがインテリアの主役となるケースが多く、カーテンの色ラグの色がメインカラーとなります。
また、ソファーの色などもメインカラーとして意識してみると良いですね!

ベースカラーとの調和でお部屋のイメージが決まってくるため、ベースカラーとメインカラーは色調なども考えて選ぶのが大切です。

アクセントカラー

アクセントカラーは部屋全体の5%ほどを占める色味で、インパクトのある色やビビットな色を使えば、インテリアのポイントとなります。

小物やクッション、オブジェなどにアクセントカラーをうまく使えば、お部屋全体が引き締まるような効果もあります。
キッチンやトイレの一部にタイル張りをしてアクセントカラーを楽しむのもおすすめです。



家具の色選びやインテリアの色の選び方については、こちらのコラムでもお話していますので参考にしてみてくださいね!
失敗しない家具の色選び|色の心理効果や床色別のコツなどわかりやすく解説
インテリアの色の決め方って?家具のレイアウトはどう決める?

新築のインテリアをもっとおしゃれにするコツ

インテリアのテイストや色の配色がイメージできたら、実際にインテリアを選び、照明や小物でお部屋をアレンジしていきましょう、
インテリアの選び方や飾り方によって、空間の雰囲気も違ってきます。

理想のお部屋を作るインテリアのポイントをチェックしましょう。

家具の素材の選び方



新築のマイホーム全体で統一感を出すには、テイストや配色だけでなく、インテリアに使われている素材や質感、色や形といった要素にも注目してみましょう。
同じナチュラル系のインテリアでも、これらの要素によって印象が変わってきます。

例えば、無垢材や丸みをおびた古材、柔らかい木綿の布などを使ったインテリアはふんわりとしたフェミニンナチュラルの印象に。
すっきりした印象の木目の木材とガラスなどの硬い素材を使ったインテリアは、ナチュラルモダンな印象を与えます。

インテリアの印象を統一させるには、素材や色を揃えていくのがポイント。
例えば上の写真では、古材風のテーブルと革素材の椅子、木の長椅子を合わせており、すべて異素材を使っていますが、脚の部分はアイアンで統一されています。

このような共通点をつくることで、統一感のあるインテリアになります。

最近は素材が感じられるインテリアが人気で、ダイニングテーブルなら無垢材のものが好まれています。
無垢材は、メンテナンスをして大切に使うことで長持ちするのも魅力ですね。

照明の選び方



照明はデザイン性も大切ですが、明るさで選ぶことが重要です。
照明の明るさによってお部屋の雰囲気は大きく変わります。
まず、どこの照明であるかと、そこで何をするのかを考えましょう。

リビングに間接照明をつける時などは、ワット数が高いもの選び、電球などが連なっているものをおすすめします。
家族だんらんの場所であるリビングは、間接照明もある程度の明るさがあった方がいいですね。

また、ダウンライトなどを利用すれば高級感を演出することもできます。

豆知識として、ガラスのカサの照明のほうが、空間が明るくなるので覚えておきましょう。

小物は飾り方にコツが!



小物を飾る時は色も大切ですが、配置も重要なポイントです。
トライアングルを意識して配置してみましょう。
高さのあるものをひとつ置くだけでおしゃれ感がアップします。

左右非対称に物を置くと、全体的にバランスがちょうど良く、おしゃれ空間が生まれます。

狭い部屋を広く見せる方法

狭い部屋を広く見せるには、見える床の面接を増やしましょう。
部屋全体を見たとき、床の見える範囲が多ければ多いほど、空間は広く感じます。
あまり物をごちゃごちゃ置かず、なるべくシンプルにするのが広く見えるコツですね。

また、大きな家具は背の低いものほど部屋を広く見せる効果があります。
部屋の狭さが気になる場合は、あまり背の高い家具は選ばずに、背の低い家具を探してみましょう。

フレームの線が細い家具を選ぶと、さらに広く見えにるようになるのでおすすめですよ。

新築のインテリアの決め方に迷ったらThe JOHNSON STOREへ


The JOHNSON STORE 〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西6丁目4-1


The JOHNSON STORE 〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西6丁目4-1

The JOHNSON STOREは、ナチュリエ事業を運営している、札幌市の住宅会社「株式会社ジョンソンホームズ」の複合商業施設です。

札幌市白石区にあるナチュリエの関連ショップ「Naturie Studio」とはテイストの違ったインテリアが揃っています。
「インダストリアル」「メンズライク」をテーマにアイテムをセレクトした「Naturie Studio Supply」では、個性的なインテリアが楽しめます。

インテリアコーディネートが分からない時や、迷った時には遠慮せずスタッフに相談することをおすすめします。
自分のイメージを伝えるだけで、好み通りの家具や雑貨を提案してくれますよ。

言葉で伝えにくい時は、雑誌や写真(インスタ等)などを持っていってもOK!
スタッフも質問を交えながら丁寧に聞いてくれるので、気軽に声をかけてみてください。


下記のショップ・カフェもご利用いただけますので、札幌にお住まいの方や、札幌にお越しになった方はぜひ足を運んでみてくださいね。

ACTUSブランドなどを取り扱う「inZONE with ACTUS
日本茶をコンセプトとしたカフェ「JOHNSON’S TEA LOUNGE

新築のインテリアの決め方はテイストや素材、色などがポイント!

新築のインテリアを決める時は、まず全体のテイストを決定しましょう。
さらに具体的に素材の質感や形を決めておくと、テイストのイメージが固まりやすくなります。

床材や壁・天井のクロスはベースカラー、ソファなどの大きなインテリアはメインカラー、小物はアクセントカラーをそれぞれ意識して色を選びます。

照明はデザイン性よりも明るさで選び、小物は高さのあるものを使ってトライアングルを作るように飾るのがおしゃれなお部屋を作るポイントです。
床が見えている面積を増やし、家具は背の低いものを選ぶことで、部屋をより広く見せることもできますよ!

家具の選び方のポイント!失敗しないインテリアコーディネートを!」では、リビングのソファやキッチンの食器棚など、それぞれの家具の選び方や収納性なども解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る