アイコン:土地のこと 土地のこと

土地探しにかかる期間はどれくらい?土地探しの流れや失敗しないコツ

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」のスタッフです。

注文住宅を建てるためには、まずは土地探しが必要です!
今回の記事では「土地探し」について詳しくお話します。

土地探しにかかる期間や流れ、スムーズに探すためのポイントを解説。
土地の購入後から施工・入居までの流れについてもご紹介します。


ナチュリエの快適な家

土地探しにかかる期間は4~12ヵ月が目安!流れもご紹介

注文住宅を建てるための土地探し。

土地を探すために、かかる期間としては4~12ヵ月程度が目安です。

土地探しの流れの説明とともに、それぞれにかかる期間の目安をご紹介していきます。

住みたい土地や暮らしをイメージする【1~3ヵ月】

まずはどんな暮らしをしたいのかイメージを固めていきます。

・住みたいエリアや立地条件
・都心がいいのか郊外がいいのか
・最寄り駅までの距離や時間
・通勤、通学、買い物などの利便性
・教育、医療、福祉施設の充実度など

具体的に土地を探す【3~8ヵ月】

住みたいエリアや条件が決まったら条件に合った土地を探します。
土地を探す方法は以下のようなものがあります。

・インターネットで検索
・新聞の折り込みチラシやフリーペーパー
・不動産会社に相談して探してもらう
・ハウスメーカーに相談して探してもらう

相場価格を知ったり、どんな土地があるのかざっくりとした調査をするしたいならインターネットやチラシで下調べをしてみましょう。
購入する土地を本気で探すなら、インターネットではなく真っ先に不動産会社やハウスメーカーに相談するのがおすすめです。

実は、土地の情報がインターネットやチラシに掲載された時点で、掲載の良い土地は既にほぼ売れてしまっているのが実情なんです。

良い土地が出た時点で不動産会社やハウスメーカーの営業マンたちに情報が流れているのです。

また、土地と建物の予算のバランスを考えやすくするためにも、土地探しはハウスメーカーに相談するのがおすすめです。

土地は不動産会社で、建物は住宅会社で…と別々の会社で進めると、買った土地が高額で建物に予算をさけなかったり、希望の建物が建てられない土地だったり。
土地と建物の予算バランスを取りにくくなってしまうことも。

「土地のことだから不動産会社に!」と思っている方も多いですが、ハウスメーカーでも同等に対応することができますよ。

不動産会社・ハウスメーカーを決める【1~2ヵ月】

自分達で土地を見つけてきた場合は、土地の購入を仲介してくれる不動産会社やハウスメーカーを決めましょう。
元々不動産会社やハウスメーカーに土地探しを依頼している場合は、その会社を通して土地の売買契約を進めます。


土地探しで実際にどのくらいの期間がかかるかは、条件に合った土地に出会えるかどうか、そして決断できるかどうかで大きく異なります。

長い方は1~3年程かけて条件に合った土地を探すという方もいますし、何年たっても気に入る土地が見つからないという方もいらっしゃいます。


土地探しをスムーズに進めるためのポイントは?

希望の土地になかなか出会えず、何年探しても土地を決められないというケースは少なくありません。

土地探しをスムーズに進めるために、絶対押さえておきたいポイントを3つ紹介します。

①土地にかける予算を決める

土地探しを始める段階で、自分たちが土地と建物それぞれにかけられる予算を把握しておきましょう。
「いくらの土地なら決断できるか」を明確にしておかないと、良さそうな土地を見つけてもすぐに決断ができません。

良い土地を見つけたらすぐに決断できるよう、土地購入の予算は明確にしておきましょう。

②条件優先順位をつけ、100%は求めない

希望条件の優先順位をつけておき、絶対に譲れない条件以外は優先順位にしたがって妥協が必要です。
ナチュリエではお客様に「100%希望通りの土地はない」とお伝えしています。

80%程度気に入った土地なら購入すべきライン!
「もうちょっと待ってみたら『掘り出し物件』が出てくるかも?」と思われるかもしれませんが、土地に掘り出し物はないです!笑
自分たちが良いと思った土地は、他の方も良いと思っています。
ある程度希望に沿う土地を見つけたら、もう少し待ってみようと思わずすぐに決定すべきです。


ここで、希望の土地を購入できるようにするための、ちょっとした裏技をご紹介!

それは「ローンの事前審査をなるべく早く通しておく」こと。
事前審査によってローンの借入可能額が分かるため、予算が立てやすくなります。
事前審査が通っていれば有利になり、仮契約もスムーズに進みますよ。

出てくる土地が少ない今、契約までのスピードが大切になってきます。
事前審査を通しておいて、良い土地をすぐに契約できるよう準備しておきましょう!

③期限を決めて探す

土地の購入は高額費用がかかる大きな決断。
「もしかしたらもっといい土地がでてくるかも……」と思うとなかなか決断できないものですが、そう考えているとキリがなく、いつまでも決められないことも。

「いつまでに土地を購入する」と土地探しの期限を決めて探しましょう。

土地探し後の土地購入や家の建築、入居までの流れや期間は?


ナチュラルテイストのキッチン

購入する土地が決まったら土地の売買契約を結び、その後に家の建築へ進みます。

それぞれの一般的な流れと期間の目安をご紹介します。

土地購入の流れ

【1】住宅ローンの事前審査(1~3ヵ月)

建築に住宅ローンを利用する場合は、家づくりを検討し始めた段階で事前審査を申し込みます。

土地購入費用についてもローンを利用したい場合は、土地と工事では決済のタイミングが異なるので、住宅ローンの実行までつなぎ融資を利用することが多いです。

ただし、どの金融機関でもつなぎ融資が可能なわけではなく、住宅ローン選びの段階で利用ができるか確認しておく必要があります。

【2】仮契約の締結(1ヵ月程度)

土地を決めたら買付証明書を提出し、その1~2週間後には仮契約を締結します。
売買代金の10%程度の手付金を支払い、実質的には本契約と同等の効力を持ちます。
この後、契約を解約すると違約金が発生するので注意しましょう。

【3】土地の敷地調査と地盤調査(1~2ヵ月程度)

住宅の大まかなプランを建てた後、希望の家を問題なく建てられるか敷地と地盤を調査します。

敷地調査:敷地の方位や高低差、前面道路の位置などを確認
地盤調査:地盤の固さや強さ、特徴などを確認

それぞれ、住宅設計や基礎作りをするために重要なデータとなります。

【4】土地の売買契約締結(2~3ヵ月)

不動産会社から重要事項説明を受け、不動産売買契約を結びます。
土地購入費は自己資金で残金を支払うか、住宅ローン実行時までつなぎ融資を受けるかの2ケースが一般的です。

【5】土地の登記手続き(1~2ヵ月)

土地の所有権保存登記をします。
自分で手続きすることも可能ですが、司法書士などに依頼するのが一般的です。

家づくりから入居までの流れ

土地が決まれば、購入手続きと並行して住宅のプランニングや契約手続きも行っていきます。

【1】プラン決定、建築請負契約、住宅ローン申し込み(3~6ヵ月)

間取りやデザイン、設備などの住宅プランを決定し、建築請負契約を結びます。
住宅ローンを利用する場合はこのタイミングで本申請となります。

【2】施工~完成(3~6ヵ月)

打ち合わせや契約が済むと、工事開始です。
間取りや工法によってもことなりますが、工事期間は3〜6ヵ月程度が一般的です。

【3】引渡し・入居(1ヵ月)

住宅が完成したら、完了検査と立ち合い確認で不具合がないかどうかチェック。
引渡しと同時に住宅ローンが実行され、残金が決済されます。

まとめ

●土地探しにかかる期間の目安は4~12ヵ月程度。
理想の暮らしやエリア条件などを固め、 会社やハウスメーカーに希望を伝えて探してもらうのが一般的です。
インターネットやチラシなどで情報収集をしながら探しましょう。

●予算と期間、条件の優先順位を明確にして探すのがポイント。
100%理想通りの土地はないと思いましょう。
ナチュリエでは80%気に入った土地なら購入すべきとお伝えしています。
自分が気に入った土地は他の人も気に入っているのでスピード勝負ですよ。

●土地が決まったら、その後は仮契約、敷地・地盤調査を経て不動産売買契約を結びます。
土地の購入手続きと並行して住宅のプランニングや契約手続きも進めていきましょう。


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る