アイコン:土地のこと 土地のこと

ハウスメーカーに土地探しを頼むメリットは?探し方のポイントも!

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」のスタッフです。

家を建てるにはまず土地を探さなくてはいけませんが、どうやって探す方が多いのでしょうか。

「インターネットなどを使って自分で」「不動産会社に依頼して」などもありますが、建築をお願いするハウスメーカーに土地探しも一緒にお願いするという方法もありますよ!

今回は、ハウスメーカーに土地探しをしてもらうメリットを解説。
ハウスメーカーに依頼する際のデメリットや注意点、土地探しで気をつけたいポイントなどもあわせてお伝えします。


白い家

ハウスメーカーに土地探しを依頼するメリット・デメリットとは?

家を建てるための土地探しは、自分で探したり不動産会社に依頼したりするほかに、建築をお願いするハウスメーカーに一緒に依頼するという方法があります。

ハウスメーカーに土地探しを依頼するメリットは3つ!

ハウスメーカーに土地探しを依頼するメリットは、主に3つあります。

【1】資金計画を立てやすい


家づくりの予算は土地、建物、そのほかの費用トータルで考えている方がほとんどのはず。
ハウスメーカーにまとめて依頼することで、住まい全体の予算を踏まえたうえで土地探しをしてくれます。

土地が少し予算オーバーになったときには住宅のオプションを抑えて調節するといった提案もしてくれるかも。

また、土地と家の総価格で住宅ローンを受けやすいメリットも。
基本的に住宅ローンは建築費のためのローンなので、「まだ建築の詳細は決まってないけど、土地だけ買う」という場合にローン組むことは難しいです。

ハウスメーカーに依頼して土地の購入と家の建築をセットで契約すれば、ローンをまとめて受けられる可能性があります。
ローン手続きの窓口を一本化できるのも手間の削減になるでしょう。

【2】条件に合った土地を見つけやすい

土地はエリアや条件によって、建てられる建物の条件も変わります。
住所や広さが条件に合っていても、いざ家を建てようとしたときに建築制限に引っかかってしまい希望の通りの家が建てられなかった! なんて可能性も。

家を建てるハウスメーカーに土地探しを依頼すれば、建築予定の家について理解した上で条件に合った土地を探してくれます。

ハウスメーカーにとっても、見つけた土地に家を建てるのは自分たちですから、建築制限が厳しい土地や後々トラブルになるような土地はしっかりチェックしてくれるでしょう。

【3】土地購入の仲介手数料を削減できる可能性がある

不動産会社の仲介で土地を購入すると、価格に応じた仲介手数料を支払わなくてはいけません。

400万円超の土地なら、仲介手数料の上限は「(売買価格×3%+6万円)+消費税」
例えば2,000万円の土地なら仲介手数料は最大で726,000円でかなり大きな金額です。

ハウスメーカーが売主として売り出している土地(建築条件付き土地)を購入して家を建てるのであれば、この仲介手数料がかからないケースがあります。

また、ハウスメーカーが代理店として探してくれた土地の購入でも、売主の意向で仲介手数料が割引・かからないというケースもあります。

ハウスメーカーに依頼するデメリットもある?

また、ハウスメーカーに探してもらった土地を購入したら、そのままそのハウスメーカーに建築も依頼することになります。

ですのでハウスメーカーに土地探しを依頼する場合は、事前に複数の会社を比較し「ここで建てたい」と決めたハウスメーカーに相談する必要があります。

後からハウスメーカーの変更が難しいという点は、人によってはデメリットに感じるでしょう。



ちなみに、ハウスメーカーにも不動産会社にも頼らずに土地を探したい!という方もいるかもしれませんが、自力での土地探しはあまり現実的ではありません。

「家を建てたい地域の看板などをチェックしてみたら、たまたま良い土地に巡り会えた」という例もゼロではありませんが、やはり個人で情報収集できる範囲は限られます。

建てたい家のイメージや時期が決まっているなら、ハウスメーカーに土地探しを依頼するのがおすすめです。

土地探しから建築まで窓口を統一して手間なくスピーディに進めたいとき、住宅ローンの契約をスムーズにすすめたいときにも、ぜひハウスメーカーへの依頼を検討してみてください。



ハウスメーカーに土地探しをしてもらう場合の注意点は?

ハウスメーカーに土地探しをしてもらう場合、基本的に土地探しと建築はセットです。
「土地は探してもらったけれど、建築はやっぱり別のハウスメーカーに頼む」なんてことはNG。

そのため、そのハウスメーカーがどんな家を建ててくれるのかも重要です。
まずは家づくりの観点からハウスメーカーを選び、それから土地探しを相談しましょう。

また、不動産会社が所有している土地をハウスメーカーが売却することはできますが、その場合は不動産会社にお願いする場合と同様に仲介手数料などがかかることを知っておきましょう。

そしてハウスメーカーに土地探しを依頼する際は、「条件に合う土地が見つかればすぐに家を建てる」と本気度を伝えておくこともポイント。

「土地を探してはいるが、いつ家を建てるのかはまだ決めていない」とういう状況よりは、具体的に伝えておくほうが優先度も上がりやすいでしょう。

理想の土地を手に入れるための土地探しのポイントもチェック!


くつろげるリビング

土地の購入は大きな買い物!
土地の良し悪しをチェックするときには、こんなポイントを忘れず確認しましょう。

面積と建ぺい率・容積率

必要な広さや坪単価はもちろん、建ぺい率や容積率も忘れずにチェック。
建ぺい率、容積率は面積に対して建てられる建物の広さや大きさの割合です。
敷地面積が同じでも建ぺい率や容積率が低ければ、大きな建物が建てられません。

建ぺい率、容積率については「建ぺい率と容積率の違いはここ!事前に知って家づくりに生かそう」も参考にしてみてくださいね!

形状

敷地は四角形に近い方が使いやすいです。
総面積が同じでも歪んでいたり折れ曲がっていたりする土地は、建物を建てるときに無駄になる部分ができてしまいます。

地盤

自然災害が多い日本では地盤についてもしっかり確認しておきたいもの。

地盤に不安があると改良工事を行わなくてはならないため、費用もかかってしまいます。
地盤の頑丈さや角度、埋め立ての有無、海抜(地盤高)などを調べておきましょう。

周辺環境

隣家との距離、日当たり、騒音、インフラの整備状況、治安など、実際に暮らしたときに不便やトラブルがないかを確認しましょう。

病院やスーパーなど生活に必要な施設が近いどうかも重要です。

交通状況

家前の道路の交通量、最寄り駅の距離・利便性も確認。
通勤や通学で毎日交通機関を使う方は、とくに重要となるでしょう。


チェックする際に大切なことは、必ず自分の目で確認すること。
情報として条件を確認して良いと思っても、実際の雰囲気や受ける印象は人によっても異なりますし、見てみないとわからないものです。

必ず現地へ足を運んでチェックしましょう。
朝・昼・晩、平日・休日など時間帯や曜日などを変えて確認するのも良いと思います。

また、街は時間とともに変わっていくもの。
例えば将来的に大型ショッピングセンターや駅が新しくできる可能性がある土地は、今後利便性が上がり価値も上がる可能性があります。

逆に、近隣の商業施設が閉店や空き家が増えていくと、エリア全体の価値が下がる可能性も。
将来の街の姿も想像しながら選んでみましょう。

まとめ

●ハウスメーカーに土地探しをお願いすると、家づくりの計画を踏まえた上で土地探しをしてくれるというメリットがあります。家づくりの一部として土地を探すので条件に合った土地を見つけやすく、資金計画も立てやすくなります。購入や住宅ローン手続きの窓口を一本化できるもの手間が削減できるでしょう。

●ハウスメーカーに土地探しをお願いするなら、その後の住宅建築もお願いすることになります。「条件の合う土地が見つかり次第すぐに建築もお願いします!」と本気度を伝えておくのもポイントです。

●理想の土地を見つけるためには必ず自分の目でも確かめることが大切! 土地の広さや形状、地盤、周辺環境や交通状況などはとくにしっかりチェックを。現在の状態だけでなく、将来の街の姿も含めて検討しましょう。


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る