アイコン:土地のこと 土地のこと

建築条件付き土地とは?契約の条件やメリット・デメリットをご紹介

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」のスタッフです。

新築を建てられる土地を探していると「建築条件付き土地」に出会うことがあると思います。
「どんな条件がついているの?」と疑問に思ったことはありませんか?

今回はこの建築条件付き土地についてのお話です。
建築条件付き土地に付いている2つの条件や、建築条件付き土地を選ぶメリット・デメリットを解説。

いろいろな選択肢がある中で、建築条件付き土地が向いているのはどんな方なのかもお伝えします。


三角屋根のおしゃれな家

建築条件付き土地とは?どのような条件があるの?

「建築条件付き土地」とは、下記の2つの条件を付けて売り出している土地のことです。

●売主または売主が指定した会社と建築請負契約を結ぶこと
●一定期間内に建築請負契約を結ぶこと


ハウスメーカーや建築会社が自社との建築請負契約を前提に販売している土地によく見られ、「売り建て住宅」とも呼ばれます。

土地を購入した時点でどの会社に依頼して家を建てるか、いつまでに契約を結ぶのか指定されることになります。

契約までの期間は一般的に3ヵ月程度となっていることがほとんど。
3ヵ月以内に家のプランや間取り、設備、内装などをほぼ決定し、建築請負契約を結ぶ必要があります。

万が一、期間内に条件が整わず建築請負契約ができなかった場合は、土地の売買契約も白紙となります。



建築条件付き土地のメリット・デメリットは?

建築条件土地を購入するメリットとデメリットをご紹介します。

建築条件付き土地のメリット

建築条件付き土地は、条件が付いている分、条件のないまっさらな土地と比べて価格が割安であることがメリット。

施工会社や契約までの期間が決まっているとはいえ、建売住宅のようにプランが決まっているわけではなく、間取りや設備などは自由に決めることができます。
そのため、お得な価格で希望の住まいを建てられる可能性が高まります!

ただし、完全な注文住宅と同じ自由度ではない場合もありますので、その点はどこまで可能か事前に確認しておきましょう。

また建築条件付き土地は、ハウスメーカーや建築会社が自社で家を建ててもらうことを前提に、自社で販売していることが多いです。

家を建てるために整えられた土地となっているだけでなく、不動産会社を経由しないので、不動産仲介手数料が無料であることもポイントです。

建築条件付き土地のデメリット

建築条件付き土地の多くは、土地の購入から3ヵ月以内に建築請負契約を結ぶという条件になっています。

お仕事や子育てがある中、3ヵ月で間取りを決め、設備を決め、細かい仕様を決めるというのは、はっきり言ってかなりタイトなスケジュールとなりますので、その点の覚悟は必要かもしれません。

また、依頼する施工会社も条件として決まっているので選べないという点は、人によっては大きなデメリットになる可能性も。

その会社が提供している工法や商品の中からプランを決めていくことになりますので、希望していた工法や商品、設備が選択肢の中になかった! という可能性もあります。

建築費について、ほかの施工会社と相見積もりをとることができませんので、他社と比較して費用の妥当性を確認することは難しいでしょう。

建築条件付き土地はこんな人におすすめ!


統一感のあるダイニングとキッチン

条件付き土地は施工会社と契約までの期間について、条件が付いている土地です。
家を建てる土地を探している方の中でも、こんな方におすすめだと思います。

・希望の建築エリアである
・建築会社にあまりこだわりがない
・メーカーごとのオリジナル工法やブランド商品などにあまりこだわりがない
・早く家を建てたい
・3ヵ月以内に打ち合わせと内容決定をする時間的余裕がある

条件付き土地は、時間と選択肢が完全に自由なわけではないので、家づくりに対するこだわりが強い方にはあまり向いていません。
時間をかけてじっくりプランを練りたい、間取りやプランに譲れないこだわりがある、オリジナリティの高い家にしたいという希望の実現は難しいかもしれません。

しかし、「標準的な仕様で充分」「無難でオーソドックスなタイプが好き」「選択肢が多いとむしろ決められない」といった方にとっては、希望の家が割安で建てられる魅力的な土地となるでしょう。

希望していた建築エリアなのであれば、ぜひ条件付き土地も選択肢の1つとしてみてくださいね。

まとめ

●条件付き土地とは、土地購入後に「建築請負契約を結ぶ会社」と、「建築請負契約をいつまでに結ぶかという期間」が決まっている土地です。契約までの期間は3ヵ月程度が一般的。ハウスメーカーや建築会社が、自社での建築請負契約を前提に販売しているケースも多いです。期限までに条件が整わずに建築請負契約を結べなかった場合は、土地の売買契約も白紙となります。

●条件付き土地は2つの条件がある分、条件のない土地よりも割安に購入できることがメリットです。施工会社が指定されていとはいえ、建売住宅ではないので間取りやプランなどの自由度は高いです。

●条件付き土地のデメリットは、土地の購入から3ヵ月以内にプランを決めて建築請負契約を結ばなくてはいけないという、時間的余裕の少なさです。また、建築会社が指定されているので、その会社が提供している範囲内でのプランを選ぶことになります。

●住宅を建築するための優先順位は、多くの方が ①希望の建築エリアであること ②予算が合うこと ③(ハウスメーカーや建築会社が建てる)建物のテイストの好み、という順番です。条件が合う方なら3ヶ月程度で内容を決定できる方がほとんどです。住宅建築をスムーズに進めるためにも、自分たちが土地にどれほどの金額を使えるか、事前に資金計画を立てておきましょう。


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る