アイコン:土地のこと 土地のこと

高低差がある土地に家を建てたい!費用やメリット・デメリットを解説

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」スタッフです。

家を建てる際、いろいろな条件の土地に出会うと思いますが、今回はその中でも「高低差のある土地」についてご紹介したいと思います。

高低差のある土地に家を建てるメリットやデメリット、建築にかかる費用、高低差を上手に活用するアイデアなどをお話します。


高低差のある土地

高低差がある土地に家を建てる際のメリットとデメリット

いいな!と思った土地が、高低差のある土地だったら悩みますよね。
でも、高低差があっても工夫次第で理想のマイホームを建てることは可能です。

確かに高低差のある土地は、家を建てられるように土地を整える造成工事が必要になります。

デメリットとして施工にも通常の平坦な土地より手間がかかるため建築費がかかり、土地が安くてもトータルコストが高くなってしまう可能性があります。

高低差のある土地に家を建てる技術やノウハウがある建築会社へ依頼しなくてはいけないので、建築会社の選択肢が狭まってしまうというケースもあります。

敷地内や室内に高低差があれば段差や階段が多くなり、小さなお子様や高齢者が住みにくい家になってしまうので、その点も配慮が必要でしょう。

ただし高低差があると、希望のエリアの土地が相場よりも安く買えるチャンスでもあります!
高低差があって普通の土地よりも使いにくい分、土地の価格が安い傾向があります。

道路から家の中が見えにくい、高さがあると見晴らしが良い、低いと部屋が少し囲まれることで気密性が高く音が気にならないなどのメリットもあります。

高低差をうまく利用して設計プランを建てることで、プライバシーや採光をしっかり確保し、オリジナリティの高いデザインの家とすることも可能でしょう。



土地に高低差があると、どのくらいの費用がかかる?


住宅コストの相談

高低差がある土地に家を建てる場合、まずは土地を整えるのに費用がかかってしまいます。
土地の状態や高低差の程度によって費用も変動しますが、おおよそ数十万円から数百万円ほどかかってしまうケースも。

下記のような工事が必要です。

土地の造成工事

切土、盛土、埋め立てなどを行い、土地の高低差を埋めたり傾斜をなだらかにしたりします。

地盤改良工事

盛土や埋め立てなどで土を足したケースで、そのままでは地盤が弱いという場合にはさらに地盤改良を行い、地盤を補強します。

外構工事

造成を行って作った基礎が崩れてこないように壁を作って補強する擁壁(ようへき)工事、がけ部分や盛土が崩れないようにコンクリートで土を固める土留め工事などを行います。

ただし土地自体が安くなっているケースもあるので、高くなるとは一概には言えません。
土地代と工事費用の両方を確認して検討してみましょう!

高低差がある土地ならではの活用方法もある?

高低差をマイナスに捉えるのではなく、プラスに考えて個性ある家にするのも楽しいですよ!
高低差をうまく活かした設計で、この土地ならではの家を建ててみましょう。


例えば、道路よりも高い部分がある土地では、外から見えにくくプライバシーが守られることや日あたりを確保しやすいというメリットがあります。

1階部分はビルドインガレージや玄関などにして、2階部分にリビングなどの生活スペースを作ることで、例えば窓を大きくとって日あたりを重視しながらもプライバシーを確保したリビングとすることができます。

道路から低い部分がある土地の場合、低い部分にある部屋は気密性と遮音性に優れています。
採光が懸念事項ではありますが、楽器の練習室やシアタールームなどにすれば、その心配も少なく活用できるのではないでしょうか。
ワインセラーや納戸を設置するといった活用方法もよさそうです。


室内に高低差ができてしまう場合は、段差を活かして収納スペースを作ったりするなど、土地に合わせたプランを考えるのも楽しみの一つになります。

担当の営業マンに相談をして、希望の土地に高低差がある場合は、高低差を上手に活かしたプランを提案してもらいましょう。

まとめ

・高低差がある土地は価格が相場よりも安く購入できることがあるのがメリット。高低差を活かした個性的な家づくりも可能です。ただし家を建てるために土地を整える造成工事や外構工事は必要です。土地を安く購入できても、造成工事などに費用がかかり、トータルコストが高くなってしまう場合もあるので注意しましょう。

・高低差のある土地に家を建てる場合、高低差を埋めたり傾斜をなだらかにしたりする造成工事、地盤改良、基礎やがけ部分が崩れてこないよう補強をする外構工事などが必要です。費用は土地の状態や高低差の程度によっても変わりますが、合計で数十万~数百万程度になってしまうケースもあります。

・高い土地はプライバシーや採光が確保できる、低い土地は遮音性や気密性に優れているといった特徴があります。高い部分に生活スペースを持ってきて明るいリビングにする、低い部分にはシアタールームや楽器練習室をつくるなど、高低差を上手に活かした設計プランを考えてみましょう。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る