fumfum

地盤調査の費用相場をチェック!調査の種類や流れ、注意点まで詳しく

アイコン:土地のこと土地のこと

地盤調査の費用相場をチェック!調査の種類や流れ、注意点まで詳しく

  • 投稿日:
  • 更新日:

目次

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」のスタッフです。

地震の多い日本では、家を建てる土地の地盤がしっかりしているかどうかは重要な問題!
安心して家づくりをするためにも、地盤調査は必須です。

今回は、そんな地盤調査についてのお話です。
地盤調査の必要性やどんなことを調べるのか、調査方法の種類や費用目安、地盤調査を行う流れなどをご紹介します。


Kさま邸 外観

「地盤調査」とは?必要になるケース

地盤調査とは、家を建てようと思っている土地の質を調べる調査です。
この土地はどのくらいの建物の重さに耐えられるのか、地盤は何で構成されているのか、液状化の可能性はないかなど、建物が安全に建てられるかどうかを調べます。

地震が多い日本では、地盤の状態や硬さは重要な要素。
柔らかい粘土や砂でできた地盤の上に家を建てても、地震のときに家が傾いたり液状化したりする危険性があります。
地盤調査ではそういったリスクを回避するため土地の状態を調べ、必要であれば地盤改良工事を行います。

地盤調査は以下のようなときに行います。

  • 土地を購入して家を建てるとき
  • 中古物件を購入するが、新築時に地盤調査をしていない場合
  • 中古物件を購入するが、地盤調査報告書が残っていない場合
  • 建て替えをする場合

地盤調査は法律で義務化されているものではありません。
しかし、2000年に「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が施行され、新築から10年以内の欠陥については施工会社が責任を負うことになりました。

修理費用などに備えて施工会社は瑕疵担保保険に入るのが一般的です。
瑕疵担保保険に加入するためには地盤調査が必要なため、原則として家を建てる前に必ず地盤調査が行われています。



一般的な地盤調査の種類や費用相場をご紹介!

地盤調査の方法として一般的に用いられる方法は3種類。
それぞれの特徴と費用相場をご紹介します。

スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)

戸建住宅でもっとも一般的に用いられる調査方法です。

先端がスクリューになっている棒を地面へ差し込んでいき、25cm深く下がるまでに必要だった回転数やおもりの重さをもとに地盤の強度を確認します。

1m四方ほどの小さなスペースがあれば調査可能で、深度10mまで調べることができます。
3つの調査方法の中ではもっともシンプルな方法で、必要となる調査時間は2時間ほど。

コストも一番抑えられる方法で、一般的な広さの敷地であれば5~10万円程度が相場です。

ボーリング調査

ボーリング調査は地面に穴を掘って地盤の強度や状況を調べる調査です。

一戸建て用の敷地ではなく、マンションなど大きな建物を建てるときに採用されることが多いです。
土を採取して詳しく調べることができるため、地質の構造や各地層の強度、地下水位なども詳細に調べることができます。

土地の性質や調査箇所数などによって幅がありますが、調査費用は15万~30万円程度が相場です。

表面波探査法

振動を発生させる装置を地面に置き、振動波が伝わる速度を計測することで地盤の強度を調査する方法です。
地面を掘らずに調査するので短い時間で調査が可能なこと、正確な硬度を計れることがメリット。

ただし地質を詳しく調べることはできず、地中に埋設物や空洞があると結果に影響が出てしまうというデメリットもあります。

調査費用はスウェーデン式サウンディング試験とボーリング調査の中間で、8~15万円程度が相場となります。

地盤調査を行う流れや注意点も知っておこう


北飯岡モデルハウス ダイニング

一般的に地盤調査は土地を購入してから、建物を建てる前に調査会社へ依頼して行います。
地盤調査の流れは調査会社によっても異なりますが、多くは以下のような流れで進みます。

【1】地形図や土地条件図をもとに、おおまかに地盤状況を把握
【2】地質探査機を使って、調査したい場所の地質をピンポイントで計測
【3】現地調査の結果をもとにデータを作成・分析し、地盤の状態を判定
【4】「地盤調査報告書」にて地盤の状態を報告

  • 地盤の強度や支持力、土質・土層、液状化可能性など
  • どんな設計の家を、どんな工法で建てるのが適しているか
  • 地盤改良工事が必要かどうか
  • 地盤改良が必要な場合は、具体的にどの部分をどう改良するべきか

地盤の状態を把握したうえで、建物を安全に建てるにはどうすべきかという点まで調査・報告します。

地盤調査で注意すること

地盤調査の結果によっては地盤改良工事や基礎の見直し、工法の変更などが必要となります。
適切な対応をとりながら家づくりを進めるためにも、地盤調査の際には信頼できる調査会社に依頼することが重要です。

そのためにも、以下の3点を確認するようにしましょう。

  • 「地盤品質判定士」や「住宅地盤主任技士」などの専門家がいるか
  • 「地盤調査報告書」を発行してもらえるか
  • 調査不備などが起こった場合の補償制度はあるか

もしも調査結果に不安がある場合は、ほかの調査方法で調べてみる、ほかの調査会社に依頼してみるといった方法もあります。
ぜひ不動産会社へ相談してみてください。

まとめ

●地盤調査とは、安全に家を建てるため、土地の強度や性質を調べる調査のことです。地震の多い日本では必須! 法律で義務付けられているものではありませんが、原則として家を建てる前には地盤調査が行われ、必要であれば地盤改良工事を行います。

●地盤調査の方法は主に、スウェーデン式サウンディング試験、ボーリング調査、表面波探査法の3種類があります。一戸建ての建築では、シンプルで費用も抑えられるスウェーデン式サウンディング試験が用いられることが多いです。

●地盤調査では、地形図や土地条件図や現地調査をもとに地盤の状態を分析、判定します。地盤の強度や質を調べ、改良工事が必要か、どんな設計や工法が適しているかなどを提案します。

●信頼できる地盤調査会社を見極めるには、専任技術者が在籍しているか、地盤調査報告書を発行してくれるか、不備が起こった場合の補償制度があるかといった点を確認しましょう。


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。



タグ

著者

写真:fumfum編集部
fumfum編集部

ていねいな暮らしをテーマに、家のこと、趣味のこと、ライフスタイルのことなど、わかりやすく紹介していきます。

ようこそ、
ナチュリエの世界へ

  • 写真:ナチュリエの家の様子
  • 写真:ナチュリエの家の様子
  • 写真:ナチュリエの家の様子