アイコン:家のこと 家のこと

注文住宅と建売住宅どっちが良い?メリット・デメリット比較!

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」の阿部です。

一戸建ての新築住宅購入には「注文住宅」と「建売住宅」の選択肢がありますが、どっちで購入するのがいいものでしょうか?

今回のテーマは注文住宅と建売住宅の比較!
それぞれの特徴や違い、メリットデメリットなどをご紹介します。


お茶の時間を楽しむ夫婦

注文住宅と建売住宅どっちか悩む方は多い!それぞれの特徴は?

「注文住宅と建売住宅どっちで購入しよう・・・?」と悩む方は多いです。
まずはそれぞれどんな住宅なのか、特徴を知りましょう!

イチから家づくりをする「注文住宅」

希望の場所に土地を買い、設計プランを建てるところからスタートする家づくりです。

住宅メーカーと相談しながらプランを作り、建築工事請負契約を結んで家を建てます。
間取りやデザイン、建材や設備まで自分たちの希望を取り入れることが可能です。

すでに建築済みの土地付きの家を買う「建売住宅」

すでに完成済みの「土地付き住宅」を不動産会社から購入します。

土地を探したりプランを立てたりする手間や時間は不要ですが、設計や間取りの変更などは基本的にはできません。



注文住宅と建売住宅のメリットとデメリットを比べてみよう

イチから作る注文住宅と、建築済みの家を購入する建売住宅。
それぞれのメリットデメリットを比較し、詳しく違いを確認しましょう。

注文住宅のメリット

注文住宅は土地から、設計から自由に家づくりをするので、自由度が高いのが一番のメリットです。

どこに住むかをはじめ、どんな間取りやデザインにするか、どんな建材や設備を使うのかといったことまで自分たちの希望を取り入れることができます。
建築士や住宅メーカーと相談しながらオーダーメイドで理想の家づくりを目指せます。

こだわりの間取りや理想の設備を取り入れたり、逆にこだわりのない部分は節約したりなど予算をかける部分とそうでない部分のメリハリを付けられるのも注文住宅のメリットです。

注文住宅のデメリット

土地探しからスタートする場合、希望の土地が見つからないとなかなか家づくりがスタートできません。
条件によっては土地探しが長引いてしまう場合もありますし、土地の場所や大きさなどよっては建築内容に制限がある場合もあります。

一人ひとりの希望に合わせた設計や建築を実現させるため「気がついたら予算をかなりオーバーしていた!」なんて可能性も。
建売住宅と比較すると価格は高くなりがちです。

土地探しからプランニング、設計、建築と進めるため工期が長く、家づくりをスタートしてから入居できるまでには1年前後の時間が必要です。

建売住宅のメリット

すでに住宅が完成しているので、立地、間取り、価格なども明確で検討がしやすいです。

住宅会社が土地をまとめて購入し複数の住宅をまとめて建てるケースが多いので、立地の良い物件が出やすく、価格も注文住宅と比べて抑えられがちです。

立地や予算を明確にして探すのであれば、建売住宅の方が見つけやすく決めやすいでしょう。
購入したらすぐに引越して入居可能というのも大きなメリットです。

建売住宅のデメリット

住宅がすでに完成しているので、設計や間取りの変更は基本的にできません。
こだわりや理想の家がある場合、それにぴったりと合致する建売住宅を見つけるのは難しいでしょう。
建築工事の過程を見ることができないので、手抜き工事などに注意が必要です。

また、メーカーからの直販ではなく不動産仲介業者などから購入する場合、不動産会社が建材や建築方法、アフターフォローなどに詳しくなく、質問にすぐに答えられないというケースもあります。

住宅引き渡し後も販売会社とは長いおつきあいとなるので、信頼できる会社か見極めることが大切です。

注文住宅、建売住宅それぞれに向いているタイプ

注文住宅に向いているタイプは
・こんな家にしたい!という希望が強く、細部までこだわりたい人
・「将来子どもが増えるかも」「バリアフリーにしたい」などライフスタイルで変える可能性がある人
・素材や工法の希望、依頼したいハウスメーカーや工務店など希望の建設会社がある人

建売住宅に向いているタイプは
・住宅ローンの審査が下りやすくまとめて借りれるので早くに入居したい人
・手間をかけずに決められたデザインの中から決めたい人
・リーズナブルに夢の一戸建てを手に入れたい人

それぞれに良さや魅力があるので、自分たちのライフスタイルや予算とともに、メリットデメリットを踏まえて検討してみましょう!

建売住宅より費用がかかりがちな注文住宅。費用を抑えるポイントは?


自然のある部屋

注文住宅は建売住宅と比較して費用が高くなりがちです。
建売住宅は住宅会社がまとまった広さの土地を購入して一区画ごとに区切り、複数の住宅を同じ規格で一度に建てるので一戸あたりの建築費用が抑えられるのです。

一方、注文住宅は一人ひとりの要望に合わせて設計や建築をします。
土地や建材のスケールメリットが効かない、工期が長くなる分人件費が高くなるなどの理由があるのです。

注文住宅で費用を抑えるためには、こだわる部分とそうでない部分を見極めてメリハリをつけることが大切です。

住宅メーカー側でもある程度仕様や建材に規格を設けていたり、建築工程をマニュアル化している方が建築費用を抑えられます。
自分の理想やオリジナルという部分と、どこまで折衷できるかという部分にもなりますね。

また、モデルハウスやテレビCMなど広告宣伝費に大きな予算をかけている会社は、それが住宅価格に影響するともいわれています。
不要なコストやマージンの削減に積極的な、信頼の置ける住宅会社を選ぶことも家づくりを成功させる大切なポイントの一つです。

まとめ

・新築戸建を購入する際、注文住宅と建売住宅どっちにするか迷う方は多いです。土地探し、プラン作りからスタートする「注文住宅」は理想の家をイチからつくることができ、建築済みの土地付き住宅を購入する「建売住宅」は完成済みの家を確認してから購入を運動することができます。

・注文住宅のメリットは何と言ってもプランや設計の自由度が高いこと。間取りやデザイン、建材、設備にいたるまで希望を取り入れ理想の家づくりを目指すことができます。ただし土地から探す場合は、土地が見つからないとなかなか進めることができません。また、あれもこれもと希望を取り入れていると予算オーバーしてしまう可能性があります。

・建売住宅のメリットは次に住宅が完成しているので価格も明確で、購入の検討がしやすいということです。住宅会社が複数の住宅をまとめて作るためスケールメリットがあり、良い立地の物件が出やすく価格も抑えられやすいです。 反面、すでに完成済なので設計や間取りに自由度はありません。こだわりを実現する建売住宅を見つけるのは難しいかもしれません。

・注文住宅と建売住宅の費用を比べると、家や建材などに対してスケールメリットが効かない、工期が長くなる分人件費がかさむなどオーダーメイドの分注文住宅の方が費用がかかりがちです。仕様や規格の統一、工程のマニュアル化などがあると価格を抑えやすく、希望との兼ね合いになると思います。信頼できる住宅メーカーを見つけるのも大切なポイントの一つですよ。


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る