アイコン:お金のこと お金のこと

一戸建てにかかる維持費は?マンションとの比較や抑えるコツ

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」のスタッフです。

一戸建てを新築するには建築費が必要ですが、家にかかるお金は建てて終わりではありません。
持ち家では、入居後も税金や修繕費用といった維持費がかかるのです。

今回は一戸建てでかかる維持費について解説!
どんな費用がいくらくらいかかるのか、マンションの場合の維持費との比較、維持費を抑える方法などについてご紹介します。


一戸建ての内装

一戸建てでかかる維持費、内訳や平均の費用は?

一戸建て住宅の維持費としてかかる項目は大きく3つです。

・税金
・修繕費
・保険

では、順番に説明していきますね。

税金

維持費として毎年かかる税金は、固定資産税と都市計画税です。
固定資産税は建物と土地にそれぞれかかり、年に1回支払い通知が届きます。
固定資産税額は【固定資産税評価額×1.4%】です。
たとえば、固定資産税評価額が2,000万円なら、固定資産税は年額28万円になります。

固定資産税評価額は購入価格とは別もので、自治体が決定し、3年に1度評価額の見直しがされます。

都市計画税は必ずかかるものではなく、特定のエリアにある物件にのみかかる可能性がある税金です。

都市計画税額は【固定資産評価額×0.3%】です。

修繕費

建物は時間が経つごとに老朽化していきます。
新築から10~15年ほど経つと、外壁や屋根の修繕や、床や壁紙の張り替え、住宅設備の入れ替えなども必要になってくるでしょう。
一戸建てでは、こういった修繕の手配や費用負担もすべて自分でしなくてはいけません。

修繕費用は修繕箇所や工事内容によって異なりますが、例えばドアの交換でも10~15万。
外壁や屋根の張替えといった大規模な修繕、老朽化によるフルリフォームなどは100万円単位で費用がかかってしまうことも。
住宅の状態や条件などによっても異なりますが、30年間一戸建てを所有している間にかかる修繕費の総額は、600~800万円ともいわれています。

保険

万が一の火事や地震で一戸建てが被害を受けてしまった場合に備える保険。
火災保険や地震保険に加入している方がほとんどだと思います。
費用は保険の補償内容や期間によっても異なりますが、年間1~2万円程度が一般的です。

また、住宅ローンを利用している場合は、団体信用生命保険(団信)に加入もしているはず。
団体信用生命保険とは、契約者に万が一のことがあった場合にローンの返済義務がなくなるという保険です。
この保険料は通常、ローンの金利に0.2%程度上乗せするかたちになっています。



一戸建てとマンションの維持費も比較してみよう

マンションの場合も維持費がかかりますが、一戸建てとはその内訳が少し異なります。

マンションでかかる維持費は主に下記の5つです。

・税金
・管理費
・修繕積立金
・保険
・駐車場代など


こちらも順に説明していきましょう。

税金

一戸建てと同じように固定資産税と都市計画税がかかります。
課税基準や税率は戸建てとマンションも変わりません。
ただしマンションの場合は土地がない分、一戸建てよりも固定資産税が安い可能性があります。

管理費

マンションの共用部分や設備の管理維持、清掃、管理人費用などのために支払うお金です。
金額は物件によって異なりますが、月額1万~2万円程度が一般的です。
戸数が多い大規模マンションでは安く、設備が豪華な高級マンションでは高くなる傾向があります。

修繕積立金

共有部分や共用設備、外壁などの修繕をするための費用です。
毎月1~2万円程度が相場です。
10数年に一度の大規模修繕の際には修繕積立金のほかに一時金を求められる、大規模修繕後は修繕積立金額がアップするといった可能性があります。
また、室内の専有部分の修繕に関しては自己負担です。

保険

一戸建てと同様、火災保険、地震保険、団体信用生命保険などが該当します。
近年はマンションのほうが一戸建てよりも火災に強いため、火災保険料は少し割安になる可能性があります。

駐車場代など

マンションの駐車場を借りている場合は、月々の駐車場代がかかります。
平置きか機械式か、エリアなどによっても金額は異なります。

一戸建ての維持費を安く抑えるポイントは「修繕費」にあり!


ダイニングの内装

「住宅ローンもあるのに、維持費が高いのは大変……」と思っている方も多いでしょう。
一戸建ての維持費で抑える工夫ができる部分、それは修繕費です。

修繕費を抑えるためには、こんなポイントを心がけてみましょう。

メンテナンスフリーの素材を選ぶ

メンテナンスフリーの素材とは、老朽化や劣化がしにくく長持ちする素材のことです。
長く使える素材は建築時の価格は少し割高かもしれませんが、メンテナンスの期間を延ばしてくれるので、結果的に費用を抑えることにつながります。

定期的な点検や補修

設備や内外装については、定期的な点検や補修でこまめにメンテナンスを。
完全に壊れたり破損してしまう前に手を打つことができれば、長持ちさせることができましし、修理費用も安く抑えられます。
また、業者には頼まずに、できる部分は自分で補修を行うというのも節約になります。

アフターケアが手厚い業者を選ぶ

入居後のアフターサービスについても、無料メンテナンス対応の期間や範囲、内容についてしっかりチェックしましょう。
新築住宅は、引き渡しから最低10年のアフターサービスをつけることが義務づけられています。

まとめ

●一戸建ての維持費は、税金、修繕費、保険などがかかります。
特に金額が大きいのが修繕費。毎年決まってかかるわけではないですが、新築から10~15年以降から必要に応じてかかり、大きな修繕では100万円単位の出費になる可能性もあります。

●マンションの場合の修繕費は一戸建て同様の税金、保険に加え、管理費、修繕積立金、駐車場代などが毎月かかります。
共有部分の修繕は管理組合が行うので手間がかかりませんが、月々の維持費の負担は大きいです。

●一戸建ての維持費を抑えるためには、修繕費を抑えるのがポイント。
メンテナンスフリーの素材を採用したり、こまめな点検・補修を行う、アフターサービスが手厚いハウスメーカーを選ぶことも大切です。


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る