アイコン:家のこと 家のこと

戸建てとマンションを比較!どちらか悩んでいる方必見!

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」の木元です。

家を購入したいけど、戸建てとマンションどちらがいいか迷っている…という方はいませんか?

今回は戸建てとマンションの比較ポイントをご紹介。
それぞれのメリット・デメリットや住みやすさの比較、将来的な資産価値など色々な点から比較します!


庭で会話を楽しむ夫婦

戸建てかマンションか悩む!まずはメリット・デメリット比較

大きな一戸建ての住まいもステキですし、都会のマンション暮らしも憧れますよね。
まずは戸建てとマンションそれぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう!

戸建てのメリット・デメリット

戸建てのメリットといえば、やはり広さ!
夫婦の寝室や子供部屋もたっぷり取れる、広々とした戸建住宅は夢が膨らみます。

建物が独立しているので、隣の家への騒音や下の階の振動などを気にする必要もなく、小さな子供がいる家庭でものびのび生活することができます。
建物以外にも敷地内に庭や駐車場などのスペースを確保できるのも魅力です。

また、間取りやデザイン、素材から設備まですべて自分たちで考えることができます。
将来の暮らしに合わせて改築するなど自由度が高いため、住まいにこだわりのある方は戸建てが最適でしょう。

ただし戸建住宅の立地は駅からの距離が遠かったり、最寄りの交通機関がバスという物件が多いです。
札幌の冬は雪が積もるので、バスでの移動は大変な場合もあります。

マンションのメリット・デメリット

マンションは駅近など利便性が高い物件が多いのが一番の魅力です。

オートロックや防犯カメラ、管理人の常駐などセキュリティも万全!
高層階の部屋なら日当たりや眺望も期待できるでしょう。

また、ゴミ当番がない、大規模なマンションなら24時間365日ごみ捨てが可能ごみステーションがある、留守中でも受け取り可能な宅配ボックス・ゲストルームなど共有施設の活用など、特色はマンションにもよりますが生活面での楽さもメリットです。

デメリットは戸建てと比較して狭い物件が多いということ。
集合住宅なので隣部屋や上下階からの騒音や、逆に迷惑をかけないよう気を使って生活しなければならないという可能性があります。



さらに詳しく!戸建てとマンション、暮らし・費用・価値の面で比較

戸建てとマンションをさまざまなポイントから比較してみましょう!

それぞれの住みやすさ、快適性は?

独立した建物・広い部屋でのびのびと暮らせる戸建て。
窓が多く、日当たりや風通しが期待できるなど、開放感が魅力です。

繁華街から離れた閑静な場所が多いため、まわりに自然や公園が多くあったり、庭で家庭菜園を楽しんだりペットスペースをつくったりなど、自由で落ち着いた住環境で過ごせます。

マンションは戸建てに比べるとコンパクトな間取りが多いですが、その分家事動線に優れているともいえます。

階段のないワンフロアは高齢者や小さな子供にとっても負担や危険が少ないです。
また、気密性が高く戸建てより広さがない分、部屋の冷暖房は効きやすいでしょう。

プライバシーやセキュリティは守られる?

戸建の場合は隣家との距離がある程度守られるため、プライバシーを確保しやすいです。

家族の中でもそれぞれの部屋を作るなどプライバシーを尊重して生活することができます。
セキュリティ対策は、ホームセキュリティサービスなどを使用しながら家庭ごとに行う必要があります。

マンションの場合は隣や上下階に隣人が住んでおり、管理組合等への参加が必要となる場合もあります。

ただしマンション単位でオートロックや防犯カメラ、常駐管理人などのセキュリティ体制が整えられています。

購入費用はどちらが高い?

購入費用は物件や周辺環境の条件、住宅ローンの金利などさまざまな条件によるので、一概にどちらが高いとは言いにくいです。

ただ、同じような条件の場合、戸建てよりマンションのほうが安いと言われていましたが、近年は都心部を中心にマンション価格は上昇傾向にあります。

戸建てと同じような条件のマンションの場合、戸建てより購入価格が高くなってしまうことも珍しくありません。

光熱費やその他のランニングコストは?

光熱費については、戸建ての方が家が広い分多くかかる傾向にあります。

しかしボイラー設備や電気の契約会社を自由に選ぶことができます。
太陽光発電システムの設置を考える方もいるでしょう。

月々の管理費や修繕積立金、駐車場代などはマンションにのみかかる費用です。

しかし管理費や修繕積立金に関しては、戸建の場合でも防犯カメラの設置や外壁工事が必要となれば費用が発生するので同じとも考えられます。

将来の資産価値はどうなる?

時間の経過によって建物が老朽化し、建物の価値が下がっていくのは戸建てもマンションも同じです。

ただし戸建の場合は土地があり、土地の価格は時間の経過で下がることはないため、一定の資産価値を保つことができると言えます。
戸建の場合は建物が老朽化しても修繕や建て替え、リフォームなども自由に行うことが可能です。

マンションの場合は近隣地域の再開発などでエリアの利便性や価値が上がるとマンションの価格がアップする可能性があります。
建物が老朽化する前に短い期間で売却する可能性があるなら、都心のマンションは郊外の戸建住宅よりも売却しやすいケースもあります。

戸建てかマンションか、ライフスタイルや将来を見据えて決めよう


部屋でペットと遊ぶ

戸建てとマンションのどちらを購入するのか。
それぞれの特徴やメリットを比較するのはもちろん、自分たちのライフスタイルや家族の将来の形を見据えて考えると良いでしょう。

戸建てがおすすめなのはこんなライフスタイルや将来像を描いている人です。

・郊外でのびのびと暮らしたい
・小さい子供がいる、子供を考えている
・将来的に売却できる資産(土地)を持っていたい
・家族の人数が多く、それぞれの個室が欲しい

一方、こんな方はマンションを検討してみてはいかがでしょうか

・都心で都会的で利便性の高い生活をしたい
・仕事の帰りが遅いので駅近で、セキュリテイがしっかりしている家に住みたい
・10年以内に売却を考えている

まとめ

・広い家でのびのびと暮らせる戸建てと都心に多く便利に暮らせるマンション。戸建てのメリットは広さと独立性、自由度の高さです。隣人への騒音や振動の心配が少ないので小さな子供がいる家庭でものびのび生活できます。立地が郊外となることが多いので、駅から多少歩いたりバスを利用したりする必要があるでしょう。

・マンションは都心に多いため交通の便がよく、エレベーターやオートロック、防犯カメラなど便利&セキュリティもばっちりです。戸建てと比較して狭い物件が多く、同様の条件で探すと価格が高い可能性があります。近所付き合いや騒音、振動などにも注意が必要です。

・住みやすさや利便性、プライバシーなどはライフスタイルや家族構成などによっても優先順位が変わるでしょう。費用面については、近年はマンション価格が上昇中。管理費や修繕積立金、駐車場代など月々のコストもかかります。戸建ては土地がある分、年数が経過しても一定の資産価値を保つことができます。

・郊外でのびのび暮らしたい方は戸建て、都心で便利に暮らしたい方はマンションなど、これからどんな暮らしをしたいか、将来どんな家族が理想かなど、ライフプランや将来像に合わせて住宅を選びましょう。


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る