北野、二世帯を建てる。第6話「工事始まる」

こんにちは。
今日も元気な北野です。

前回はお金事情のリアルな話を書きました。

どんな話だっけ?というかたは、第5話へ飛んでください。

飛んだら戻ってきてくださいヨ!

さて。
いろいろなことが落ち着くところに落ち着き、
図面上にあった家がかたちとなっていくときがきました。

そう、工事のスタートです。



着工に先立って神主さんに来ていただき、
僕たち夫婦と両親の全員で土地の神を鎮める地鎮祭をしました。

「えい!えい!えい!」ってする
鍬入れの儀はちょっと照れくさかったですが、
「ここに何十年と暮らしていくんだなあ」と思わず胸アツ(*´∀`*)



地鎮祭をやるかどうかは自由です。
でもずっと暮らしていく家を建てるのだからやったほうがいい。
僕はそう思うわけです。はい。

 

工事が始まるとほとんどやることはありません。
ルーチンの動きから外れたエリアに建てているもので、
実は建築中の現場にはほとんど行っていません。

進行状況は現場監督が送ってくれるメールで確認OK。
これはありがたい。

それとウチの場合、両親が足繁く現場見学へ。
「今日行ってきたよ〜」の報告をしてくれるわけです。はい。



で、骨組みができて屋根がかかったよ〜というところで配線立会いへ。

設計打ち合わせで決めた、コンセントやスイッチの位置なんかを確認していくのですが、
決めたことを忘れちゃっているという( *´艸`)プッ

ウチ、やたらコンセントの数が多いという( *´艸`)プッ

配線立会い時には、柱に願い事を記しました。

僕は「健康でみんな楽しく暮らせますように」と書きました。

妻は大好きなキャラクターの絵を描き、
僕の書いた願い事を吹き出しで囲んでキャラクターのセリフにしました。

もはや誰の願い事なのかわかりませんが、
工事は順調に進んでいきました( ・ᴗ・ )

 


つづく。


share

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

札幌店の開催中イベント