アイコン:インテリア雑貨 インテリア雑貨

ソファの選び方&種類をご紹介!おしゃれなコーディネートも伝授

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」のスタッフです。


「新しくソファを買おう」と思っても、さまざまな種類から自分のライフスタイルに合ったソファを選ぶのは難しいですよね。

ソファは大きな家具ですので、選ぶのも慎重になります。


今回は、ソファの種類やライフスタイルに合った選び方、部屋に設置した時のおしゃれなコーディネートまで紹介します。

ぜひ参考にしてください。


黒のソファのインテリア

ソファを選ぶ前に!種類や張地から自分の好みを知っておこう

ソファにはさまざまなデザインや素材があります。

それぞれのライフスタイルや好みもあるので「どれを選べば良いのかわからない」と悩んでしまいますよね。


まずは、ソファにはどんな種類があるのか知ることが大切です。

それから自分のライフスタイルに合わせて、好みのデザイン・素材などを選んでみましょう。

ソファの種類・サイズ・スタイル

大きさや形の異なるソファ6つを、おしゃれなコーディネートとともにご紹介します。

(1)1人掛けソファ(パーソナルソファ)


一人掛けソファ

部屋の大きさを気にせずに設置できる1人用のソファです。


幅は50~100cm程で、座り心地やデザインなどにこだわる方に向いています。

リクライニングやロッキング機能など、快適性に優れたものもあります。


自分ひとりだけの「こだわり空間」が欲しい方にもおすすめなソファです!

(2)2~2.5人掛けソファ(ラブソファ)


ラブソファ

2人で並んで座るだけでなく、1人でゆったり座りたい方にもおすすめのソファです。

幅は120~180cm程でバリエーションも多く小ぶりなため、日本の住宅事情にも合いやすいサイズとなっています。


コンパクトなので、小さいお部屋に置いても圧迫感が少ないですね。

(3)3人掛けソファ


3人掛けソファ

大人3人や親子3人などファミリーにおすすめのソファです。

幅は200~220cm程で、ゆったりと座るだけでなく横にもなれます。


3人掛けソファは、一般的なソファの大きさとして認知されていることも多く、リビングに設置すると存在感があります。

写真のようにかわいいクッションを置くと、インテリアのワンポイントにもなりますよ。

(4)カウチソファ、コーナーソファ


コーナーソファ

脚をのばせるスペースがあるものを「カウチソファ」、部屋の角に置ける「Lの字」型のものを「コーナーソファ」と言い、幅は150~300cm超までサイズの展開があります。


ゆったりと脚を伸ばせますので、ソファでリラックスしたい人におすすめです。

家族みんなが集まる場所に置きたいソファですね!

(5)ソファベッド

通常はソファですが、簡単な操作でベッドになるものをソファベッドといいます。

来客など時々ベッドを必要とする人や、限られたスペースでベッドもソファも欲しい方におすすめです。


幅は110~200cm程ですが、設置には、ベッドスペースの他に可動スペースも必要です。

(6)オットマン

ソファに追加して脚置きにしたり、単体で座ったりできるのがオットマンです。


幅は40~75cm程あり、持ち運びにも便利なコンパクトサイズなので、必要な時に必要な場所で使用できます。

大きなソファが苦手な方や、部屋にアクセントを追加したい方におすすめです。



張地の種類で選ぶ!ソファの主な素材は3つ


青のソファとナチュラルなインテリア

張地とは、ソファの座面や背もたれなどに使用される生地のことです。

素材は大きく3つに分けられます。

ソファの雰囲気やメンテナンス方法は張地で決まるので、好みやライフスタイルに合った張地を選びましょう。

天然皮革

天然皮革は一枚一枚違い、この世に同じものはありません。

使い込むごとに色合いが変化して味わいが出てくるのがポイントです。

メリット

天然皮革は、耐久性があり肌触りもよく、高い保湿性と熱伝導率の低さがメリットです。

ほとんどが牛革を使用しています。

デメリット

湿気・乾燥・汚れなどに弱く、メンテナンスを怠ると革にひび割れや退色などの不具合が発生するデメリットもあるので注意しましょう。

人工皮革

布地と合成樹脂を合わせて作り、見た目が皮革のような生地です。

人工皮革のポイントは、メンテナンスのしやすさです。

人が多く集まる商業施設や駅、小さなお子さんがいる家庭などにおすすめの張地です。

メリット

人工皮革のメリットは、型押しなどの加工や色付けが天然皮革よりも優れており、低価格なことです。

また汚れに強く手入れがしやすいのも特徴です。

デメリット

環境により劣化や耐久性に欠けることがあります。

また、季節によってはべたつきや、生地の表面が冷たく感じる場合がというデメリットもあります。

ファブリック(布地)

カラーや柄の種類が皮革よりも豊富で、温かみのある雰囲気と肌触りの良さがファブリックの特徴です。

多種多彩なファブリックは、部屋の雰囲気に合わせたコーディネートをしやすいのがポイントです。

表面に防水や抗菌など加工した生地もあるので、多くの悩みにも対応できます。

メリット

ファブリックのメリットは通気性や伸縮性に優れて、低価格なものも多くあることです。

また、カバーリングタイプは洗濯やクリーニングが可能なものもあります。

デメリット

皮革よりも耐摩耗性や耐汚性は劣り、水や汚れ、ダニなどに弱いというデメリットもあります。



ソファ選びは「ライフスタイル」と「サイズ」が決め手!


ソファでくつろぐ二人

ソファの種類や素材から自分の好みがわかったら、ソファを置きたい部屋について考えてみましょう。

ソファを使うシチュエーション(誰が、どんな時に、どのように使用するのか)などもしっかりとイメージできたら、いよいよソファ選びです!

ライフスタイルに合わせてソファを選ぶ

ソファを取り入れたライフスタイルをいくつか説明します。

個人スペースが欲しい場合

自分専用の部屋を持つことは簡単ではありませんが、1人掛けのパーソナルソファを導入すれば個人スペースが簡単に手に入ります。

パーソナルソファは、複数人で使用するソファよりもコンパクトなため、設置場所も小さくすみ、価格も抑えられます。


デザイナーズものや、リクライニングや脚を伸ばせる機能のついたものもあり、1人のスペースをより快適にしてくれるアイテムです。

移動もしやすいサイズなので、部屋の模様替えが好きな方にもおすすめです。

一人暮らしの場合や部屋が狭い場合

一人暮らしや部屋が狭くても、スペースを気にせずに設置できるソファがあります。

1人掛けソファやラブソファなどはコンパクトな作りなのでおすすめです。


ソファ以外の使い方ができる兼用ソファも便利です。

リビングダイニングが狭い場合、食事もとれてくつろげる「ソファダイニング」があります。

ダイニングセットとソファを揃えなくていいので、部屋が狭くても設置が可能です。


限られたスペースでベッドもソファも欲しい人には、ソファから簡単にベッドに変わる「ソファベッド」がおすすめです。

来客が多い場合

コンパクトなソファでは、来客が多い場合対応できません。

そのような時にはゆとりのある3人掛けソファやカウチソファ、コーナーソファ、オットマンを組み合わせることで、柔軟に対応できます。

・二つのソファを対面に設置する
・コーナーソファのレイアウトを変える
・脚をのせるオットマンを椅子にする

来客時にはこれらの工夫で対応できるので、リビングを有効活用できます。

生活動線や部屋のサイズも考慮しよう

ソファを選ぶときにデザインや座り心地など好みを優先することはもちろんですが、購入後に部屋が狭くなり生活しづらくなっては元も子もありません。

生活動線を把握し、部屋のサイズを測ってから、ソファを選びましょう。


サイズを確認する際は「ソファを置く場所のこと」だけを考えてしまいがちですが、下記のこともイメージしながら測るのがおすすめです。

・ソファと他の家具(テーブルなど)の距離
・ソファの周りに人が通りやすい空間があるか
・ドアのサイズ

※ドアのサイズを確認しておかないと、購入したソファが大きすぎて入らないことがあるので注意しましょう。

自分の好みとライフスタイルに合う理想のソファ見つけよう!


明るいリビングと夫婦

ソファは大きな家具なので、慎重に選ぶ方が多いです。


理想のソファを見つけるには、「自分の好みとライフスタイルに合うものを見つける」「ソファを置きたい部屋のサイズや生活動線を考える」ことがポイントです。

ソファの張地を部屋の雰囲気に合わせることで、お気に入りのくつろぎ空間を作り出すことができますよ。


もし、ソファ選びに困った時には、プロに相談してみるのも手です。
「どんな生活をしたいのか」を考えながら、楽しくソファを選んでみてくださいね!


ソファだけでなく家具全般の選び方については、こちらも参考にしてみてください。

家具の選び方のポイント!失敗しないインテリアコーディネートを!


ナチュリエでは、自然素材の注文住宅を提供しており多くの施工実績があります。

カタログセットには、施工した住まいと暮らしが沢山紹介されています。

資料請求・問い合わせは無料ですので、気になった方はぜひお問い合わせください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る