アイコン:家のこと 家のこと

住宅購入で周辺環境はどうチェックする?確認ポイントや調べる方法

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」のスタッフです。

住宅を購入するときにしっかりチェックしたいのが、周辺環境です。
どんなに理想通りの物件だったとしても、周辺環境に不満があると日々のストレスも溜まりがちに。

では、周辺環境のチェックポイントとしてはどのような点が挙げられるのでしょうか?
確認する際の注意点なども一緒にご紹介します。

チェックポイントを見てみて、ご自身が土地に求める条件は何か整理してみましょう。


庭で遊ぶ子供

住宅購入前に周辺環境を調べておくのは大事!

住宅を購入する前に、周辺環境についてもしっかり確認しておきましょう。
最寄りの駅までの距離、スーパーやコンビニ、病院などはどこにあるか、治安は悪くないかなど、生活するうえで不便や不安がない場所に住みたいですよね。

周辺環境は生活に大きな影響を与える要素でありながら、あとから変更や修正がきかない部分。

最寄り駅まで遠くて通勤がつらい、午後は隣のビルの影が差して日当たりが悪い、繁華街に近くて夜の治安が悪い……など、暮らし始めてから「失敗した!」と思っても、またすぐに引っ越すわけにはいきません。

また、立地や周辺環境は、不動産の売却や賃貸を考えたときにも大きな影響がある要素。
立地や環境の良い物件は需要が高く、売却したい、賃貸に出したいと思ったときにも比較的早く希望者を見つけることができるでしょう。

住み替えや売却のことを見据えても、立地や周辺環境が良いことは重要になってきます。

とは言え、掲げる条件を完璧に満たす土地はそうそう見つからないもの。
完璧を求めすぎず、優先順位をつけていくことが大切です。



住宅の周辺環境はどこをチェックすべき?

住宅の周辺環境については、こんなチェックポイントがありますよ!

実際にチェックをする前に、下記リストの中で譲れない条件は何か整理しておくと良いでしょう。

交通の便利さ

・最寄り駅やバス停までの距離
・電車、バスの本数
・職場や学校までにかかる時間
・始発・終電の時間
・利用できる交通機関の種類
・周りの道路の混雑状況

生活の便利さ

・スーパーやコンビニ、ホームセンターなどへの距離、品ぞろえ
・病院、歯医者など医療機関への距離、診療時間

環境の良し悪し

・騒音や振動、においはないか
・日当たりや風通しはいいか

治安の良し悪し

・繁華街に近いか
・深夜まで営業しているお店が近くにあるか
・夜間の街灯の数や人通り
・空き地や空き家が近くにないか
・交番やコンビニが近くにあるか

災害に関する情報

・地盤の弱さ
・大雨時に浸水するエリアかどうか
・地盤沈下や液状化の可能性
・避難場所までの距離

子育て環境

・学校や保育園の数、距離
・周辺に同世代のファミリーがいるか
・子供向けの施設があるか

住宅の周辺環境を確認する方法や注意点も知っておこう


リビングルームでくつろぐ親子

周辺環境のチェックでは、実際に現地を訪れ、周辺を歩いてみて確認しましょう。

仕事が休みの日に見に行くことが多いと思いますが、できれば平日・休日、朝・昼・夜と、同じ場所でも曜日や時間を変えて複数回チェックしてみてください。

例えば、休日は道路が空いていたが平日の朝は通勤ラッシュで渋滞している、昼間は賑やかだが夜は電灯が少なく人通りがない、日曜日のバスの本数が極端に少ないといったことも考えられます。

また、災害が多い日本では、災害に関する情報のチェックも忘れずに。
自治体が出しているハザードマップを確認して、地震や洪水、地盤沈下や液状化などのリスクがある土地ではないか調べましょう。

地名に「池」「沼」「河」などの文字が入っているエリアの場合、昔は水場に近かったかもしれません。
水場を埋め立てて整備された土地の場合、地震で地盤沈下や液状化のリスクがありますので注意しましょう。


ただし、覚えておいてほしいのは、全てが完璧な土地は滅多にないということ。

「もっと良い土地があるかもしれない!」と探し続けてしまうと、候補の土地を買い逃してしまう可能性もあります。
土地選びで絶対に譲れない条件は何か、反対に妥協できる点は何か、事前にしっかり話し合っておくことが大切です。
「いつまでに購入する」と期限を設けておくのも良いでしょう。

完璧を求めすぎず、あなたにとって70点〜80点以上の土地なら、思い切って購入に踏み切る勇気も必要です。

まとめ

●住宅購入時に、周辺環境は必ずチェックしましょう。
周辺環境は生活の満足度に大きな影響を与え、住んでから「失敗した」と思っても自分で変更することはできないためです。
立地や環境が良い物件は、売却や賃貸を考えたときにも有利でしょう。

●周辺環境では、交通の便利さ、生活の便利さ、環境や治安の良し悪し、災害のリスクなどをチェック!
子どもがいるご家庭では、子育てに向いている環境かも確認しましょう。

●実際に周辺を歩いてみるなど、周辺環境は直接目で見てチェック!
平日・休日、朝・昼・夜など、曜日や時間を変えながら、何度か確認してください。
自治体のハザードマップなどで、災害のリスクについても十分に調べましょう。
ただし、全てが完璧な土地を見つけるのは難しいため、優先順位を明らかにしておくことが大切です。


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る