手作り煮卵。

札幌店

木元 勇樹お客様担当

木元 勇樹

Kimoto Yuki

木元 勇樹

お客様担当

ごあいさつ

雪が積もる前に自宅の外構工事をやりました。
お隣さんとの間のウッドフェンスはDIYで作ってみました。
元家具職人とはいうものの、ブランクが長いと木工機械を使うのを怖く感じます。
皆さんもケガなく安全にDIYを楽しみましょうね。

出身地

札幌市

好きなこと・もの・ところ

好きなものはお酒。
ひとりで飲むのも悪くないですが、
みんなでワイワイ楽しく飲むお酒がとっても大好きです。

ものづくりが大好きです。
手作りの作品や自分でものを作るのも好きですが、
モノづくりをしている作家さんも大好きです。

モノづくりへのこだわりなど、ものを作る作家さんの人間味を知るとさらに作品が愛おしく感じられると思っています。

好きな場所は旭川です。
高校卒業後、家具職人を目指して旭川で一人暮らしを始めました。

多感な時期を過ごした旭川はたくさんの人と出会い
とても成長させてもらえた場所なので、とても大切な場所になりました

私のライフスタイル

今まではインドア派でアウトドアは苦手でした。。

これからは登山やキャンプなど積極的に参加し始め、
今ではにわかアウトドアマンに。
せっかく自然豊かで食べ物も美味しい北海道にいるならば、
季節に合った遊びや食べ物を楽しみたいなと思っています。

ナチュラルでゆるーっとした、心に余裕を持てる暮らしを心掛けてます。笑

こんにちは。

家づくりブログも好評頂いてますが、

通常運行のブログも更新したいっ!

 

ということで、

お家作りとは関係ありませんが煮卵の話です。

 

 

ここ最近、煮卵にはまっている奥さんのために、

ホワイトデーのお返しとして「手作り煮卵」を作りました。

 

せっかく手作りするなら少しでもこだわりたいということで、

素材や作り方を研究したのですが。

 

まずは卵!

平飼い亜麻仁たまごというちょっとお高い卵を使用します。

 

そして漬け汁ですが、

めんつゆだけでも間違いなく美味しいのですが、

更にコクを出すため、昆布と鰹節のダシをプラスします。

濃縮3倍のめんつゆとダシを2:1くらいで割りました。

 

そして最も重要なのが卵のゆで方ですが、

ほぼ100%半熟になるというゆで方を見つけました!!

 

沸騰したお湯に冷蔵庫で冷やしておいた卵を入れて6分。

 

その後、氷水に3分。

これがほぼ100%半熟になるということですが・・・。

 

殻をむいたゆで卵を先ほどの漬け汁につけます。

このときキッチンペーパーを被せると均一に味が染み込むんだそうです。

 

漬け込むこと20時間。

良い感じに煮卵の色合いになってます。

 

中を割ってみると・・・、

めっちゃ良い感じです!

半熟の感じもバッチリ!

味もしっかり染みてました!!

 

残った漬け汁はもったいないということで奥さんが角煮を作ってくれました。

 

この方法ならおそらく誰でも美味しく作れると思いますが、

ひと手間かけて手作りすることで市販のものより何倍も美味しく感じられるような気がします。

是非皆さんもためしてみて下さい!

 

 

 


share

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

札幌店の開催中イベント