アイコン:インテリア雑貨 インテリア雑貨

観葉植物のインテリアおすすめ10選!選び方やおしゃれな飾り方も

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」の木村です。

部屋がなんとなく物足りないと感じたことはありませんか?
そんなときこそ、インテリアアイテムとして観葉植物を飾るのがおすすめです。

一鉢だけでも効果を発揮して、おしゃれな見た目に変えてくれます。
植物は空気をきれいにしてくれるだけでなく、潤いと安らぎを与えてくれるグリーンのリラックス効果も見逃せません。

今回は、インテリアに取り入れたい観葉植物の厳選10種や選び方、上手に育てるポイント、おしゃれに飾る方法などを紹介します。
自分に合った観葉植物を見つけて、素敵なお部屋作りに役立ててください。


観葉植物のある部屋

インテリアにおすすめの観葉植物10選

育てやすく、人気のある観葉植物を10個厳選しました!
それぞれについて詳しくご紹介します。

大きめの観葉植物

アレカヤシ


アレカヤシ

トロピカルな南国をイメージさせるアレカヤシは、放射線状に広がる葉っぱが印象的です。
丈夫で育てやすい人気の観葉植物です。
本来は日光を好みますが、耐陰性もあるので室内で十分に育ちます。
水やりは土の表面が乾いたら行います。


ウンベラータ


ウンベラータ

まず目をひくのがハート型の大きな葉です。
幹を曲げて樹形をアレンジが可能なので、どんな部屋に合わせても良くなじみます。
光の弱い室内に置いても問題ありませんが、日当たりの良い場所では大きく育ちます。
土の表面が乾いたら水を与えます。


小さめの観葉植物

シュガーパイン


シュガーパイン

ユニークな形の葉と、つるが長く伸びる姿が魅力的な常緑のつる性植物です。
明るい風がよく通る窓際が定位置になります。
水は土の表面が乾いたら与えましょう。


多肉植物


多肉植物

コンパクトで、丸みを帯び、厚みのある葉の多肉植物には、独特の魅力があります。
日の当たる場所に置くのが最適です。
水やりは、土の表面が乾いたら行いますが、夏場は水やりをせず断水した方がよい場合もあります。
購入店などで確認してみましょう。


香りを楽しめる観葉植物

ペペロミア・デミーナ (別名アロマぺぺ)


ペペロミア・デミーナ

肉厚の葉が特徴で、10月頃に甘い香りを持つ白い花が咲きます。
高温多湿を好みますが、強い光には葉焼けをおこすので、窓辺から離して置くようにします。
水は土の表面が乾燥したら与えます。


アロマティカス


アロマティカス

丸い多肉質の葉を持ち、触るとミントのようなすがすがしい香りを放ちます。
ハーブとしても使えます。
ペペロミア同様、直射日光には弱いので、カーテン越しの日光が当たる窓辺などに置きましょう。
完全に土の表面が乾いてから水を与えます。


初心者向けの観葉植物

ポトス


ポトス

名前を知らない方がいないくらいとても人気のある、つる性の観葉植物です。
癖のないナチュラルな雰囲気があるので、どんな部屋にもぴったり溶け込みます。
日陰に強く、明るい室内に置けば季節を問わず楽しめます。
土の表面が乾いたら、水やりをしましょう。


ネフロレピス (別名タマシダ)


ネフロレピス

シダの仲間で、細かく分かれた緑色の葉が美しく広がるい植物です。
置く場所は、一年を通して明るい窓際が最適です。
夏場は風通しを良くし、株が蒸れないようにしましょう。
水は土の表面が乾いてから与えます。


一人暮らしの方のための観葉植物

アグラオネマ


アグラオネマ

銀白色の斑模様がはいったもの、艶があるものなど、カラフルで葉のバリエーションが豊富で育てやすいのが魅力です。
日の良く当たる場所に置きますが、直射日光は日焼けをおこすので避けましょう。
寒さに弱いので、冬の保温には注意が必要です。
水やりは土の表面が乾いてから行います。


ヒメモンステラ


ヒメモンステラ

大きく切れ込みの深い葉が、モダンですっきりした空間を演出します。
葉の大きな植物はほこりが溜まりやすくなります。
楽に呼吸ができるように、時々拭いてあげてください。
カーテン越しの明るい室内が、もっとも適した環境です。土の表面が乾いたら水をあげましょう。


観葉植物をインテリアとしておしゃれに飾る方法

素敵なお部屋作りのために、観葉植物をどのように飾れば良いかを具体的に説明していきましょう。

部屋の余白部分に飾る


余白部分に観葉植物がある部屋

部屋の余白部分に観葉植物を置くと、姿形やグリーンの色がいっそう引き立ちます。
大型の観葉植物は存在感が大きく、飾り方ひとつで部屋の雰囲気ががらりと変わります。
また、部屋の中で隠したい物や場所がある場合の目隠しにも有効です。

家具の横や棚の上などに左右対称で飾るのも、おすすめしたい方法のひとつです。
大きさと種類が同じものを用いると、スタイリッシュでおしゃれな空間が生まれます。
異なる種類・サイズの観葉植物を飾るのも、組み合わせによっては素敵な空間を演出します。

雑貨と組み合わせて飾る


観葉植物のあるダイニングキッチン

身近にある雑貨と組み合わせて飾ることで、観葉植物の魅力がより引き出せます。
例えば鉢カバーとして色々な雑貨を使用するなどで、思わぬ効果があります。

天然素材のバスケットを使うと、柔らかでナチュラルな雰囲気を演出できます。
素朴な美しさのある木の箱に、小さな多肉植物などをたくさん並べてみるのも素敵です。

また、ちょっと古びたワインケースなどに観葉植物を2、3鉢置けば、部屋の一角をおしゃれなカフェのような雰囲気に変えられます。

吊るして飾る



室内に観葉植物を置くスペースがない場合は、部屋の上部にある空間を利用して、小型の鉢を吊るして飾りましょう。
目線が高い位置まで上がるため、部屋を広く見せられます。
小さなお子さん・ペットがいるなど、床に植物を置きたくない方にはおすすめです。

見上げる形になるので、シュガーパインやポトスなどのように、下に伸びていくつる性の品種が適しています。
鉢を吊るすのに必要なハンギングホルダーは、インテリア雑貨の店で手軽に入手できます。

部屋の隅にフォーカルポイントとして飾る


観葉植物のある部屋

部屋に入ると自然に目線が行ってしまう場所を、フォーカルポイントと呼びます。
部屋の雰囲気が何となく物足りないとき、フォーカルポイントとして、観葉植物を飾ってみてください。
まとまりのない部屋がぐっと引き締まり、魅力ある部屋へと変化したことを実感できます。

小さな観葉植物をいくつか組み合わせて置く場合は、その中心にアグラオネマやモンステラのような、強い個性のある一鉢を置くと良いでしょう。

インテリアとして観葉植物を選ぶ時のポイント

観葉植物の最適な選び方を4つのポイントで解説します。

どこに飾るか考える

リビング、寝室など、どの部屋に置くのか、そして選んだ部屋のどこに飾るのかを考えます。
植物の将来的な大きさや、部屋の雰囲気との相性なども確認しましょう。
置く場所の日当たり・温度など環境に適した植物を選ぶことも大切です。

何のために置くか考える

何のために観葉植物を置くか考えましょう。
インテリアのアクセントとして取り入れたいのでしょうか。
あるいは、緑に囲まれて日頃の疲れを癒やしたいのでしょうか。

大型の観葉植物を置くことで、目立たせたくない場所を隠したいという方もいるかもしれません。
自分の目的を明確に持って選ぶことが必要です。

育てやすいか確認する

観葉植物をできるだけ長く楽しむために、育てやすいかを確認しておくとよいでしょう。
お気に入りの観葉植物が見つかったら、どのような日当たりがよいか、水やりを忘れても大丈夫か、病害虫にも強く育てやすいかなどを、インターネットなどで下調べしましょう。

葉が大量に落ちて掃除が大変になってしまう品種もあるので、その点も確認してください。

丈夫そうな株を選ぶ

元気でしっかりとした株を選ぶと、後のお手入れが楽です。チェックするポイントは、次のとおりです。

・株全体が生き生きしている
・葉の色艶が良くきれいな葉がたっぷりついている
・根元ががっしりしている
・病気や害虫の被害がない
・鉢穴から根が多く出ていない

観葉植物と上手に暮らしていくためのコツ

観葉植物と上手に暮らしていくための最大のコツを紹介します。

土が乾いたら水やりをする

基本的には、土の表面が乾いたら水やりをします。
屋外で育つ花壇の草花などに比べ、部屋の中に置いた観葉植物は頻繁に水やりをする必要がありません。
寒い時期は、土が乾いてから2、3日後に水やりをします。
水分を与えすぎると、根腐れをおこし枯れてしまう原因となります。

日当たりを考えて置く場所を決める

日当たりを考えて置く場所を決めましょう。
もちろん日光は観葉植物の生育にとって重要ですが、種類によって必要な日光が異なります。
強い日当たりを好むものから、直射日光を浴びると葉焼けして、枯れてしまうものなど様々です。

温度管理に気をつける

観葉植物の多くは熱帯、亜熱帯の生まれで、環境的には、日本の初夏から秋の気候に似ています。
そのため、夏の暑さがある時期は比較的順調に育つのですが、問題なのは冬の寒さです。
最低でも10℃以上の温度を保つようにしてください。
夜の間、冷え込みやすい玄関などに置いてある場合は、温かな場所に移したり段ボールなどを被せたりして、しっかり保温することをおすすめします。

風通しを良くする

風通しの良さは日当たりとともに、どの植物にとってもたいへん重要です。
水がいつまでも乾かず土が蒸れて、夏場は病害虫やカビが発生してしまうことも多くあるからです。

毎日観察してあげる

インテリアのアクセントとして観葉植物に接していると、そばに行って観察することを忘れがちです。
目で見るばかりでなく、幹や葉にそっと触ってみてください。
小さな変化でも気づくことで、心が温かく感じられることでしょう。

観葉植物のインテリアは飾り方やメンテナンスも考えて選ぶのがおすすめ!

観葉植物は人々を癒してくれるだけでなく、部屋の印象を変えてくれる、インテリアに抜群のアイテムです。
これまで説明してきたことを参考に、お気に入りの観葉植物をインテリアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

観葉植物を引き立たせられる、おしゃれな家具や雑貨が「ナチュリエスタジオ」には多数そろっています。
おしゃれなインテリアやお家のとコーディネートに興味がある方は、資料請求でお届けするナチュリエの事例集も参考にしてみてくださいね!

ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る