アイコン:家のこと 家のこと

新築で家具にかける費用目安は?お得にそろえるコツも紹介

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」スタッフです。

新築住宅を建てたら家具や家電も一新してそろえたいものですよね。
でも一式を買い替えるとなると、そこそこまとまった金額が必要です。

今回の記事では、引っ越しにともなって家具・家電をそろえるのにはどのくらいの費用がかかるのかお話します。
家具・家電の購入費の用意の仕方や、購入費を安く抑える方法などもご紹介します。


おしゃれな家具やインテリア

新築を建てたとき、家具家電にかかる費用は平均150万円?!

夢の新築一戸建て!
せっかくなので家具や家電も一新して、新しい生活を始めたいものです。
しかし家具家電をまとめて買い替えるとなると、その費用もかなりものになりそうです。

住宅金融支援機構では、新築住宅に引っ越し後1年以内に購入した「耐久消費財費用」の調査結果を公表しています。

新築一戸建て:平均201.0万円
建売住宅:平均105.1万円
新築分譲マンション:平均85.9万円
■新築持家系総合:平均152.8万円
※住宅金融支援機構「住宅取得に係る消費実態調査(2014 年度)

ここで言う「耐久消費財」には、家電や家具の他に自動車や塀、物置、太陽光発電システム費用なども含まれますが、それら設備などを差し引いても100万円程度にはなるのではないでしょうか。

新居への引っ越しで必要度の高い家具・家電には、下記のようなものがあります。

[設備関係]
・照明
・カーテン
・暖房器具 など

[家具]
・ダイニングセット
・ソファ
・センターテーブル
・テレビ台
・ベッド
・本棚や収納ラック など

[家電]
・冷蔵庫
・テレビ
・洗濯機
・電子レンジ
・エアコン など



新築一戸建てに必要な家具家電の費用、どう準備する?


家具を買う

住宅購入の資金は大きな金額になるので、かなり時間をかけて資金計画を建てると思うのですが、見落とされがちなのが新居の家具家電をそろえる費用。

大型家具家電を複数同時に買い替えるとなると、先ほどご紹介したように、そこそこのまとまった金額がかかってしまいます。

新居への引っ越しに向けて、住宅の購入費用とは別に家具家電の購入費用も忘れずに準備しておかなくてはいけません。
家具家電費用の用意の仕方で、住宅ローン金利の低い現代だからこその選択肢があります。

それは頭金もローンに組み込んでしまい、頭金分を払う予定の費用で家具家電をそろえる方法です。
頭金には借入総額を抑えて利息を抑える役割がありますが、今は超低金利時代。

住宅ローン減税などの制度を活用できることも考えると、無理に頭金を現金で入れる必要がないケースも多いのです。
頭金として考えていた費用を万が一のために現金として手元に残したり、家具家電を買ったりと活用することもオススメですよ。

また、家具や家電は「入居前に準備が必要」「入居後からでも間に合う」ものに分かれます。

最低限必要な照明やカーテン、ダイニングセット、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどは引っ越し前に準備をしておき、入居後からでも間に合いそうな物はリストアップして徐々に揃えていくのも良いでしょう。

新築住宅で費用を抑えて家具家電をお得にそろえるコツ

住宅購入にお金がかかるから、家具家電の費用は少しでも抑えたい!という方に、家具家電費用を抑えるコツをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

予算を決めておく

まずは、家具や家電にかけられる予算の上限を決めておくこと!
数千万の住宅ローンの金額を見ていると、金銭感覚がマヒしてしまいます。

新居にテンションが上がり予算もどんどん上がってしまうので、最初に予算を決めておくと買いすぎや奮発のしすぎを防げます。

優先順位を決めて上位のものは良いものを揃えるなど、かけるところを絞ると満足度も高まり、分散させるよりも部屋に高級感が生まれてオススメです。

今持っている家具家電も使う

現在の家から持っていけるものは無理に買い替える必要はありません。
新しく購入するものをできるだけ減らしましょう。

アウトレットを活用する

家具はアウトレットを利用してそろえるのもオススメです。
さまざまなメーカーが集まる展示即売会なら、豊富な種類の家具を一度に見ることができ、自分の家にぴったりの家具を選ぶことができます。

数年前の古いモデルや店舗での展示品など、ほぼ新品と変わらずな状態のものも入手可能です。
傷ありの家具は人目につきにくい部屋に設置したり、DIYや色塗りでアレンジするのも手ですね。

ただし商品の回転が早いため、欲しいものが定まっている場合は置く位置のサイズを測ってから行くようにしましょう。

大型家電量販店でまとめ買いをする

複数の家電を買う予定があるのなら、大型家電量販店でまとめ買いをすると値引きのチャンス。
価格帯の相場を調べてから交渉するとよいでしょう。

ネットショップで最安値を探して購入する

ネットショップでは簡単に最安値を検索できるので便利です。
サイトによってお得なポイントアップや時期限定のクーポンやセールもあるので、下調べをしてお得な時期に入手しましょう。

ただし大型家電や家具などは送料に注意。
現在使っている家具家電の引取が可能かどうかについても確認しておくと良いですね。

まとめ

・住宅金融支援機構の調査によると、新築住宅購入後1年で購入する「耐久消費財」の平均費用は約150万円。車や塀、物置なども含まれた金額にはなりますが、それを差し引いたとしてもかなりまとまった金額が必要でしょう。

・新築費用の中でも見落とされがちなのが家具家電の購入費用です。家づくりの総予算に忘れず組み込み計画しましょう。超低金利時代の今は、頭金を入れずに全額ローンを組み、頭金として考えていたお金を家具家電購入費用へ回すという方法も選択肢の一つです。

・家具家電の購入費用を少しでも抑えるためには、事前に予算を決めておく、今持っている家具家電も使う、アウトレットや家電量販店、ネットショップなどを活用するといった方法があります。上手に買い物をして理想の家を作りましょう!


全国に店舗があるナチュリエでも、家づくりに関するアドバイスやご提案をいたします!
自然素材の注文住宅についてはお近くの「ナチュリエ」へぜひお気軽にご相談ください。


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る