スタッフブログ

2021年7月21日 名古屋店

【手作りピザ窯の作り方】手軽においしい窯焼きピザを作ろう!

こんにちは!梅雨が明けると、
厳しい暑さがやってきましたね><
この時期は、身体がまだ暑さに慣れておらず、
熱中症になりやすいそうです。
水分をこまめにとって、涼しいところで過ごすなど、
気をつけて過ごしたいですね。

***

さて、ナチュリエ名古屋のInstagramでも
連日お伝えしていてご存知の方もいらっしゃると思いますが、
7/22(木祝)23(金祝)のピザづくり体験イベントのため、
ピザ窯を手作りしました!

今回ピザ窯づくりを教えてくれたのは、
アウトドア好きスタッフ堀部さん。


堀部さんのイメージ

私が堀部です!


ピザ窯は以前、ご友人と一緒に作ったことがあったそうで、
今回はその時の記憶を頼りつつ、
ときどきネットの情報も借りながら作りました。


まずは、ピザ窯材料の買い出し



すべてホームセンターで揃いました。

 ●耐火レンガ…………………1個約200円 × 100個 (20,000円)
 ●(あれば耐火レンガの半マス8個)
 ●コンクリートブロック……1個約200円 × 8個 (1,600円)
 ●アングル金具………………1個約600円 × 8本 (4,800円)

あとは、軍手や雨除けのブルーシートも購入したので、
約30,000円くらいかかりました。


レンガやブロックの積み下ろしは結構重たいので、
気を付けてゆっくり運んでくださいね。
作業しやすい服で、軍手をすると安全ですよ。


さっそく窯を作っていきます!ピザ窯の作り方


1)地面を水平にならしたら、
 コンクリートブロック8個(4個×2列)を並べます。



2)その上に耐火レンガを並べます。


レンガの並べ方のイメージ

並べ方は両端に縦向き3個×1列ずつ、内側に横向き6個×2列です。


3)1段並べ終わったら、さらに上に枠を作っていくのですが、
レンガの半マス(半分に切られたもの)が必要なので、
これをハンマーとタガネを使って手作りしました。


半マスを作るイメージ

タガネを打ち付けて、半マスを8個作ります。

レンガの積み方のイメージ

写真のように、レンガが互い違いになるように 積んでいきます。


4)3段積んだら、アングル金具4本を写真のように
左右に渡します。



5)アングル金具の上にレンガを並べていきます。
ピザ窯の後ろ部分は、下の写真のように半マスを置いて、
空気の通り道を作ります。


レンガの積み方のイメージ

6)さらに3段積んで、同じようにアングル金具を渡して
ピザ窯の屋根を作ります。


レンガの積み方のイメージ

これでピザ窯は完成です!


作り始めてから1時間くらいでできました。
意外と簡単にできるので、お子さまと一緒に作っても
楽しいと思います^^


一番大変だったのは、地面を水平にならすことでした。
地面に石がゴロゴロしていて、それを均等にそろえるのが
難しかったです。


最後に)ピザ窯の火入れをします。


火入れのイメージ

弱い火で少しずつゆっくりとピザ窯をあたためます。
そうすることで、
ピザ窯の乾燥と強度を上げる目的があります。


ピザ試作を焼いてみました^^


ピザ窯の下段で薪を燃やし、窯の内部の温度が
十分にあたたまったら(目安約1時間くらい)、
上の段でピザを焼きます(約10分くらい)。


ピザのイメージ

ウッドデッキで食べるピザ。


外で食べると特別感があって、
いつもよりもおいしさもupしますね^^


写真のピザ生地は市販のものですが、
オーブントースターでは出せない生地のパリパリ感や、
薪の香りがして、おいしかったです!

窯焼きピザがおいしいのは、
燃やした薪の遠赤外線がピザを内側から加熱し、
窯の内部に生まれる熱風がピザをつつんで、
うまみを逃がさないからだそうですよ。



ピザを作ってみたい♪そんな方は、
7/22(木祝)23(金祝)ピザづくり体験イベントへ!



「おうちキャンプってどんな感じなんだろう?」
「気軽にアウトドア気分を味わってみたいな!」
「手作りピザ窯見せてほしいな」
そんな方は、ピザづくり体験イベントへ
どうぞお越しくださいね^^
おいしい窯焼きピザを味わいましょう!


ご予約はこちら!

この記事を紹介しよう!

ナチュリエの家を
もっと知りたい方へ

ステキな事例が詰まっている資料をお届けします!

資料イメージ

名古屋店 の最新記事はこちら!

名古屋店 のおうち見学会&イベントはこちら!

現在は開催しておりません。

読み込み中