スタッフブログ

2020年2月13日 札幌店

火災保険のあまり知られていない利用方法

こんにちは。

ナチュリエ札幌店の木元です。


近年まれにみるほど雪が少ない今シーズンですが、

戸建にお住まいの皆々様は除雪の頻度が減って万歳三唱状態かと思われますが、

我が家がある南区は特に降雪が少なく、去年からスノーボーダーとなった僕としては少し物足りなさも感じております。。。


そんな中、雪山登山にもチャレンジしようと、

スノーシューをレンタルし冬の白老岳へ行ってみました。





初めてのスノーシューハイクは想像してた以上に快感でした!

パウダースノーの上を歩く時は独特の浮遊感にテンション上がりまくりです。

天候にも恵まれ、山頂からは360度のパノラマビューイングで羊蹄山までくっきりと見えました。




さてさて、

今回は火災保険の利用方法についてのお話です。

住宅ローンを組んで新築を建てる方は必ず入らないといけない火災保険ですが、

火災、いわゆる火事の時にしか保険金が支払われない保険だと思っている人が結構多いです。

火災保険に付随する保障や特約が、お家や日常の事故・トラブルに活用できるケースがあるのでご紹介します!





少しわかりづらいですが、掃き出し窓の下の方のガラスにヒビが入っています。




こちらは室内の化粧柱の固定が剥がれてズレてしまいました。


これらの事故は、
お子様が遊んでいてガラスにベンチをぶつけてしまったり、
走り回っている際に勢い余って化粧柱に強い衝撃を与えてしまったというケースです。


ガラスの交換や柱の補修に一体どのくらいの費用が掛かるのか…と不安になる事故ですが、
不慮の事故については火災保険に付随する「家財の保証」で修理代が保険金から支払われる可能性があります。





続きましてこちらは、
施主さんのお子様が「友人宅」の壁に落書きをしてしまったというケースです。


自分の家ではないので火災保険は関係ないと考えがちですが、

火災保険には「個人賠償責任特約」というオプションを付けることも可能です。

自宅の外で起きた事故や損害でも、火災保険で修理費や損害金に対して保険金が支払われることもあります。



実際にはどんな事象であっても保険会社に申請をして承諾が下りなければ保険金は支払われませんが、

このようなケースで保険金が出たという事例が数多くあるのも事実です。

10年間前払いで支払う高額な火災保険なので、正規に利用できるときは是非活用して頂きたいと思います。



自分が入ってる火災保険はどんな内容なのかなど、

ジョンソンホームズには保険の専属スタッフがいるので気になる方はいつでもお問合せ下さい!






先週から大好評の月寒モデルハウスで開催中の「薪ストーブカフェ」イベントは今週末も開催します!

オーナー様にもご来場頂けますので、何かご相談のある方はぜひ遊びに来てください!

ほっこりあたたかいカフェメニューでおもてなしさせて頂きます。


上の写真、
ご近所のプードルゆら君も遊びに来てくれました。
スタッフ木村さんの耳を舐めまくりです。笑


皆様のお越しをお待ちしてます(^^)


この記事を紹介しよう!

ナチュリエの家を
もっと知りたい方へ

ステキな事例が詰まっている資料をお届けします!

資料イメージ

札幌店 の最新記事はこちら!

札幌店 のおうち見学会&イベントはこちら!

現在は開催しておりません。

読み込み中