MENU

スタッフブログ

2019年7月30日 札幌店

ナチュリエオリジナル 洗面化粧台

設計部の文蔵(ふみくら)です。
最近は、世間の流行の波に乗ってタピオカにはまっています。

さて、前回のブログで台所の収納について書かせていただいたのですが、参考になりましたでしょうか?
前回のブログはこちら
今回は、ユーティリティー洗面について書かせて頂きます。

まず、ユーティリティーの広さにもよりますが、標準の洗面化粧台の幅は、90cmになっております。
ユーティリティーが広いお家だと、洗面化粧台の幅を広げるお客様が多いですね。
そして、約90%のお客様がオプションでニッチを取り付けます。(文蔵調べ)


そして、洗面台の下ですが、上の写真のようにがらんとした空間にして、市販の動かせる棚などを設置しておくという方法がありました。


↑洗面台を広げた場合、半分を空間、半分をオプションで棚を付けるという方法があります。
片方を空間にすることで、ごみ箱などを置くことができるので、ちょっとしたごみをすぐ捨てられるので便利かなと思います。


↑どちらも棚にして収納を広げるという方法もあります。※棚はオプションです。
バスタオルなどを置くのに重宝しますね。
棚の高さをお打ち合わせ時に調整もできるので、お気軽にご相談ください。
また、こちらの洗面化粧台は、オプションで鏡を広げていますね。
朝の忙しい時間帯に2人程並んで歯を磨けるので、朝のバタバタも解消できるかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。ご不明点ありましたら、ナチュリエスタッフにお気軽にご相談ください。

この記事を紹介しよう!

ナチュリエの家を
もっと知りたい方へ

ステキな事例が詰まっている資料をお届けします!

資料イメージ

札幌店 の最新記事はこちら!

札幌店 のおうち見学会&イベントはこちら!

現在は開催しておりません。

読み込み中

TOPへ