D.I.Y

札幌店

木村 佳智お客様担当

木村 佳智

Kimura Yoshisato

木村 佳智

お客様担当

ごあいさつ

ここ数年で自分が晴れ男だと認識しました。

ひとり旅など、単独行動ほどここぞとばかりに発揮します。

運動は得意ではありませんが、身軽でいるためにもランニングを続けています。

出身地

寿都町

好きなこと・もの・ところ

旅に出ることが多く、連休には年甲斐もなくバックパックを背負って
出掛けます。観光地よりも生活感あふれるローカルな場所を好みます。

食べ物の好き嫌いがなく、食欲旺盛でお酒もよく飲みます。
アレルギーかな…と思う時も、ついつい食べきってしまいます。

自然あふれる場所も、東京のような大都市もどちらも魅力を感じます。

私のライフスタイル

海と山にはさまれた漁村で生まれ育ちました。

興味があることは積極的に、行動的に生活することを心掛けています。

晴れた休日は観葉植物の手入れに没頭していて、いずれジャングルのような部屋で生活することを夢見ています。旅行中に次の目的地をぼんやり考える時が至福の時間です。

台風からの大地震で、自然の猛威に恐れおののく一週間でした。
偶然にも地震発生時は厚真町でキャンプをしており、人生初の恐怖を経験しました。

被害が大きかった地域の皆さまの一日も早い復興をお祈りします。



今月挑戦したDIY
組み立て図どおりに物事を進めていくことがあまり得意ではなく、実はすこし敬遠していたDIY

DIYに没頭できる空間ができてしまったので、これはやるしかない!と
引っ越しからどうにも手をつけてこなかった靴箱跡地にスニーカーを並べられる
棚をつくってみました。必要なものや手順はすべて木元先生に委ねます。



木元先生の説明が上手なのと、今回の棚は子供でも作れるぐらいシンプルな構造。
手際が悪い僕でも、あっという間に完成してしまいました!

ガサガサしていてもいいや、と思っていたのですがクリアオイルでしっかり塗装
とっても難易度の低い棚を作っただけで調子に乗ってしまい、次は何を作ろうか‥
と家の中を見渡してニヤニヤする始末。

次はクローゼット跡地に洋服棚を作ることに決めました。
ものづくりはやっぱり楽しいです。



観葉植物を育てていると、気にかけて育てていても、どうしてもうまくいかずダメにしてしまうこともあります。そんな時はすぐに棄ててしまわずに、ドライにしてみましょう。生きている植物とはまた違った魅力があり、ダメにしてしまったことの無念さもなくなるのでオススメです。高すぎる湿度でダメになってしまったアダンの実とウチワサボテンのドライの姿。そろそろベランダの植物も冬支度の季節です。

以上、札幌店キムラでした。


share

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

札幌店の開催中イベント