BBQのすすめ

札幌店

木元 勇樹お客様担当

木元 勇樹

Kimoto Yuki

木元 勇樹

お客様担当

ごあいさつ

雪が積もる前に自宅の外構工事をやりました。
お隣さんとの間のウッドフェンスはDIYで作ってみました。
元家具職人とはいうものの、ブランクが長いと木工機械を使うのを怖く感じます。
皆さんもケガなく安全にDIYを楽しみましょうね。

出身地

札幌市

好きなこと・もの・ところ

好きなものはお酒。
ひとりで飲むのも悪くないですが、
みんなでワイワイ楽しく飲むお酒がとっても大好きです。

ものづくりが大好きです。
手作りの作品や自分でものを作るのも好きですが、
モノづくりをしている作家さんも大好きです。

モノづくりへのこだわりなど、ものを作る作家さんの人間味を知るとさらに作品が愛おしく感じられると思っています。

好きな場所は旭川です。
高校卒業後、家具職人を目指して旭川で一人暮らしを始めました。

多感な時期を過ごした旭川はたくさんの人と出会い
とても成長させてもらえた場所なので、とても大切な場所になりました

私のライフスタイル

今まではインドア派でアウトドアは苦手でした。。

これからは登山やキャンプなど積極的に参加し始め、
今ではにわかアウトドアマンに。
せっかく自然豊かで食べ物も美味しい北海道にいるならば、
季節に合った遊びや食べ物を楽しみたいなと思っています。

ナチュラルでゆるーっとした、心に余裕を持てる暮らしを心掛けてます。笑

ナチュリエの木元です。


今年のGWは天候が良いようですね。

皆さんはどんな連休をお過ごしでしょうか?

知床に行きますか?

函館に行きますか?

それともニセコでアクティビティとか。

連休を利用して帰省する人もいますかね。

円山公園はお花見時期ということで大変に混雑するんだとか。(横山ブログ調べ)



僕の前回のブログで、

「このブログを書いている今日も早速BBQするかも」的な、

BBQを示唆するような文言を記載しておりましたが、

その通りまんまと開催しておりました。



そこで、

これから北海道もアウトドアシーズンイン!!!!ということで、

僕なりのBBQのすすめを。


BBQ超ド素人だった僕から、

未だBBQド素人だよというあなたに向けて、

何度も何度も自宅BBQを繰り返すうちに培われた経験談をお届けします。


※はじめに言っておきますが、
 たいした知識ではありませんのであらかじめご了承下さい。

◎配置



まずは各アイテムの配置です。

ビギナーはBBQというとBBQコンロをセンターに配置し囲むスタイルになりがちはないでしょうか。

しかし、そうするとお皿や飲み物を置く際に非常に苦労します。

BBQとは言えども基本は外で行う「食事」です。

食事ならテーブルを囲むでしょうよ。

その方が食事しやすいのだもの。

ということでセンターにはテーブル、サイドにBBQコンロとクーラーBOXがお勧めです。

焼き用のトングがあればBBQコンロは横でも全く支障がありません。

むしろテーブルセンター主義の快適さに心打たれることでしょう。


◎火起こし



BBQの火起こしの際に「火起こし器」を使ってない方、

だまされたと思って使ってみて('Д')!!!

マジで火起こし簡単だから('Д')!!

毎日BBQでもOKなくらい容易に火起こし出来ますからっ!!!

ウチワで自力で火起こしすると疲れるじゃあないですか。

それもBBQの醍醐味とする方もいるかもしれませんが、

BBQの醍醐味は家庭では行い難い「炭火で調理をする」ということですから。

準備段階はなるべくスムーズに行いましょう。


◎スープ



BBQにおいてスープの存在の有難さを感じます。

いかに夏といっても夜は肌寒いよーっていう時もあるじゃないですか。

いくらなんでもお肉ばっかり食べれないよーみたいな。

でも外で調理するのって準備とかいろいろ大変だと思うので、

私が推奨するのは、「レトルト品をダッチオーブンで温める式」です。

写真はミネストローネのレトルトをダッチオープンで温めている様子です。

キャベツだけは刻んでプラスONしてみました。

手間が一切かからないのに雰囲気は100倍増すという最高の手法です。

ぜひ。



さいごに、

真っ赤なハイラックスサーフに乗っている先輩を呼びましょう。

あるだけでアウトドア感が増します。

そこにあるだけでいい。

それだけで海にいるような気持になれます。


それでは皆さんも素敵なBBQライフを。


share

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

札幌店の開催中イベント