アイコン:家のこと 家のこと

高気密・高断熱の家は断熱性能が違う!メリット・デメリットも解説

投稿日:
更新日:

こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」の阿部です。

高気密・高断熱の家は、部屋の中に外の空気を侵入させず、暖かさや涼しさの維持ができ、省エネ効果を期待することができます。

この記事では、断熱性能のある家を新築したり、リフォームしたりしたいと考えている人に向けて、断熱性能の仕組みやメリット・デメリット、断熱性能のある家にする方法を説明します。
この記事を参考に、ぜひ高断熱の家で、快適な生活を送りましょう。


リビングで寛ぐ3人家族

高気密・高断熱の家とは?

高気密の家とは、防湿シート、気密テープなどを活用して壁、床、天井、窓枠などに隙間を作らないようにしている家のことです。

目には見えないレベルでも、壁にわずかな隙間があると、その隙間から空気が出入りするため、夏は外の熱い空気、冬は寒い空気が室内に入り込んでしまいます。

室内に入り込んでしまった空気のせいで、エアコンや暖房が効きづらい家になってしまうんです。

高気密の家は、わずかな隙間を作らないようにすることで、空気の出入りを防ぎます。


また、高断熱の家とは、壁の間に断熱材を入れることで、断熱性能を高めている家のことです。
断熱性能が高いと夏場に室内が暑くなったり、冬場に寒くなったりする心配がありません。

この高気密・高断熱はどちらかあればいいというものではなく、家の外の寒さや暑さの影響を受けにくい「高気密」と、室内の空気が逃げにくい「高断熱」両方の効果が必要となります。



断熱の仕組みは「外断熱」と「内断熱」の2種類

断熱をする方法には、大きく分けて「外断熱」と「内断熱」の2種類があります。

外断熱

外断熱とは、家の柱と壁の間に断熱材をおき断熱を行う方法です。断熱材は、家全体をくるりとひと続きで覆う形になります。
外断熱のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

家全体を断熱材が覆うため、断熱性は高い
気密性も確保しやすい
気密性によって結露も発生しにくい



一方のデメリットは以下のような点が挙げられます。

内断熱よりもコストが高い
外壁が厚くなってしまう
こまめな換気が必要になる


断熱性で考えれば、外断熱は効果的です。
しかし、家全体を断熱材が覆うことで外壁が厚くなるため、土地やデザインによっては採用しにくくなってしまうので注意が必要です。

ちなみに、断熱材の種類はさまざまで、住む地域や予算などによって選ぶことができます。
発泡ウレタンは一般的に使われるグラスウールよりも高性能なため、断熱材選びの参考にしてください。

内断熱

内断熱は、外壁と部屋の壁との間、天井や床下に断熱材を設置する断熱方法です。
メリットとしては、以下のような点が挙げられます。

外断熱に比べて低コストで施工できる
外壁が厚くならない
一般的な施工方法なので、対応できる会社が多い


一方のデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

外断熱よりも気密性は低い
(外断熱と比べて)気密性の低さにより結露ができやすい


内断熱は外断熱とは異なり、断熱材を利用するのは部分的なので、材料費や工事費などのコストを抑えられます。
また、外壁が厚くならないので、狭い土地にも対応可能です。
一方で、外断熱に比べれば気密性は低くなります。

高気密・高断熱の家にするメリットは5つ!

高気密、高断熱の家にすることで得られるメリットを5つ紹介します。

1.光熱費が安くなるので省エネ

高気密、高断熱の家は、外からの空気の侵入を防ぎ、室内の空気を外に逃しません。
冷暖房を効率よく利用でき、夏は涼しさを、冬は暖かさをキープすることができます。
その結果、冷暖房の利用頻度が下がり、電気代の節約につなげることができます。

断熱性の高い家は、断熱性の低い家に比べると、冷暖房費に大きな違いが出るため、省エネに取り組みたい人にはぴったりです。

2.部屋ごとの急な温度差が小さい

空気の侵入、流出を防げるということは、室内の温度差を小さくすることができるということでもあります。

例えば、リビングは暖かいのに他の部屋は寒いといった、急激な温度変化の心配もありません。
温度差が小さいことで、寒い日にお風呂場で、急な温度変化によって引き起こされるヒートショックを防ぐことにもつながります。

3.遮音性が高い

気密性が高いということは、壁に隙間がないということなので外の騒音が聞こえにくくなります。

空気の侵入、流出を防ぐことが気密性の持つ役割ですが、空気だけでなく、音の侵入も防いでくれるため、家の中を静かな状態に保つことができます。

4.結露が発生しにくい

冬場などによく見られる結露は、部屋の中と外の気温差が大きいほど発生しやすくなります。

気密性と断熱性が高い家は、外気の温度を断熱できるため、結露が発生しにくくなるんです。

結露は、ダニやカビの原因にもなり、家にダメージを与えてしまいます。結露を防止することは家を長持ちさせるために重要です。

5.効果的に換気ができる

平成15年7月1日に施行された「改正建築基準法」で、原則として全ての建物に換気設備設置が義務付けられるようになりました。
近年建てられる家は、全ての部屋が繋がっている「24時間換気システム」が搭載されているケースが多くなっています。

この換気システムは気密性が高いほど換気の効率がよくなり、室内の空気の入れ替えもしっかりと行うことができます。

空気の入れ替えが行われると、居住者の健康に害を与えるシックハウス症候群になるリスクも低くなります。

※参考:シックハウス対策のための規制導入 改正建築基準法-国土交通省(PDF)

高気密・高断熱の家で注意したいデメリット


吹き抜けのあるリビングルーム

多くのメリットがある高気密・高断熱の家ですが、その一方で注意しておきたいデメリットもあります。

費用がかさむ

高気密・高断熱の家にするためには断熱材をはじめとした材料を用意する必要があり、一般的な住宅よりも費用がかかってしまいます。

また、断熱材の中でも種類によっては価格が2倍以上違うものもあるため、より高性能にしようとするとさらに費用がかさむので注意が必要です。

ただし、初期費用は高くても、省エネ効果を考えると、将来的に元が取れる可能性もあります。

夏場に熱気がこもる

高気密・高断熱の住宅の特徴は空気を逃さずに、室内にとどめてくれることです。

しかし、これは夏場の熱気もとどめてしまうため、気をつけていないと室内が暑くなってしまいます。

日差しが入ることで室内が暑くなることの対策としては、以下の3点が挙げられます。

窓にすだれをかける
シェードを利用する
グリーンカーテンを作る


せっかくの省エネ効果を無駄にしないためにも、ぜひ取り組んでみてください。

においがこもる

空気を逃さないということは「においがこもりやすい」ということでもあります。
においの強い食事の後などは、特ににおいが残ってしまうので注意が必要です。

どうしても換気だけではにおいを消すことができない場合は、消臭剤などが必要になるでしょう。

空気が乾燥しやすいので湿度管理が必要

高気密の家は、常に換気システムが稼働するため、空気が乾燥します。
もちろん、部屋干しをするときは便利かもしれません。

乾燥しすぎることも良くないので、特に冬場の乾燥するときは、加湿器を使う必要があるかもしれません。

開放感に欠ける

高気密・高断熱を確保する上でポイントとなるのが、窓の大きさです。
窓は他部分と比べて断熱性、気密性が低いため、窓が大きいと部屋全体の断熱性や気密性が低下してしまいます。

そうならないように窓を小さくすることを検討する人もいるかもしれませんが、窓を小さくすると今度は開放感が失われ、息苦しく感じたり、太陽光が入りにくくなったりしてしまいます。

対策として、断熱性能の高い窓ガラスやサッシを採用するという方法があります。



断熱性能が高い家にする方法

実際に断熱性能が高い家を作るための方法について、新築、リフォームの2通りの場合を想定して解説します。

新築の場合

新築の場合、いくらいい材料を使っていても、施工会社や工務店に技術がなければ、断熱性能の高い家を作ることができません。
そのため、どの会社に施工を依頼するかは非常に重要となります。

施工会社を選ぶ際は、その会社が断熱性能の高い家づくりに取り組んでいるかどうか、カタログやホームページなどでこれまでの施工実績、実際に住んでいる人からの評判などをチェックするようにしましょう。

ちなみに、新築で家を作る場合、住宅ローン減税を利用することができるため、積極的に活用することで、断熱材などにかかる費用をカバーすることも可能です。

新築で断熱性、気密性に優れた家づくりをしたい人におすすめなのが「Naturie(ナチュリエ)」です。

ナチュリエでは、断熱性能の高い家の施工実績があるほか、税金の優遇制度について質問できる相談会も開催しているため、安心してよりお得に家を作ることができます。

家づくりの相談をしたい人は資料請求、もしくは相談会に参加してみてください。

ナチュリエの資料請求はこちら

ナチュリエのイベント情報はこちら

リフォームの場合

リフォームで断熱性能を高める場合、気密性をリフォームで向上させるのは難しいため、断熱性の向上を目指すことになります。

断熱性の向上は、壁の中にある断熱材を増やすほか、断熱性に優れた窓に交換する、内窓を設置するといった対策が可能です。

リフォームに関しても、これまでに断熱性向上の工事に取り組んだ経験のある施工会社を選ぶようにしてください。

ちなみに、リフォームの場合も支援サービスを活用することで費用を抑えることができます。
例えば「住宅省エネリノベーション促進事業」では、断熱改修に対する支援を行なっています。

高気密・高断熱の家で快適な暮らしをしませんか?

高気密・高断熱の家の概要を断熱の仕組みから、メリット・デメリット、高気密・高断熱の家を作る際のポイントなどについて紹介しました。

高気密・高断熱の家は、室内を快適な環境に保つことができるほか、省エネ効果も期待できるなど多くのメリットがあります。

一方で、高気密・高断熱の家を作る場合は、施工会社や工務店選びが非常に重要となります。

私たちナチュリエも、高気密・高断熱の家の施工実績が豊富にあるハウスメーカーです。
ぜひ施工事例もご参考くださいね!


ようこそ、
ナチュリエの世界へ

ナチュリエのコンセプトを見る