MENU

スタッフブログ

2018年12月21日 名古屋店

家づくりの失敗談とアドバイス《間取り・プラン編》

家の購入は、人生において一大イベントです。
家を購入するチャンスは人生で一度きり。
ですから、絶対に失敗したくないですよね。



今日は、以前ご紹介した《経済面、ハウスメーカー選び編》に続き、
《間取り・プラン編》の失敗談・経験談をご紹介します!
これからマイホームをお考えの方は、ぜひ参考にしてくださいね。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
大手ハウスメーカーの制約
●大手ハウスメーカーに依頼したが、間取りの自由度が低かった。土地の北側に寄せたかったが、制約があり南側の空きが小さい家になってしまった。地元の工務店に頼んだほうが安くて自由度が高かったのではと後悔している。

→ 大手ハウスメーカーは、量産するために商品が規格化されているので、細かい要望を受け入れられないことがあります。弊社のような地域密着型の工務店の場合は、お施主様の要望を聞きながらプランニングしていくので、より思い通りの家を建てやすいですよ。

庭の使い方として、洗濯物を干す、BBQをするなど、具体的な用途を考えているなら、プランニング前に伝えて、必要なスペースを確保してもらうと良いです。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
造り付けの家具にしたが…
●仕事部屋が必要だったので、大きなテーブルと収納棚を造り付けにした。つくっていくうちに、収納棚のサイズが合わないことに気づいたが、予算が上がってしまうので指摘できなかった。机も造り付けにしたので、部屋の用途が限られてしまった。

→ 造り付け(造作)の家具は、地震の際に倒れる心配が少なく、家とのすき間がないので、ほこりや湿気がたまらないのがメリットです。しかし、費用が高かったり、気軽に配置変更できなかったりと、デメリットもありますので、どちらが自分に合っているのか、自分の生活スタイルを考えてつくりましょう。

収納家具を造作する場合は、そこにどんなものを収納するかが重要です。サイズを測り、収納棚のどの部分にしまうのかを具体的に考えておきましょう。また、自分が使うシーンを想像し、どのようにしたいのかを具体的にしておくのがポイントです。プランニングする際には、部屋の使い方・用途を考え、長くその用途で使い続けるか、そうでない場合は、フレキシブルな間取りにしましょう。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リビングの広さにこだわり…
●担当者に、土地に合った間取りを作ってもらっていたが、リビングの広さにこだわりがあったので、間取りを大幅に変更してもらった。そのため1階が長方形型になり、あまり広く感じられず後悔。

→ プランニングの際には、お施主様の希望はもちろん、敷地の環境情報をもとに、設計の専門家が行っています。希望の広さでなくとも、間取り次第で、広く見えたり狭く見えたりします。置く予定の家具や家電などを、図面に書き込んで広さを確認してみたり、置きたい家具が決まっているときはサイズを伝えたりすると失敗が減りますよ。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
吹き抜けで冷暖房の効率が…
●吹き抜けが大きなリビングにしたが、冷暖房の効率が悪く、冬寒く夏暑いことが不満。

→ 今の住まいは性能が高く、高気密・高断熱化が進んで、吹き抜けなどのオープンな間取りでも快適に過ごせるようになってきています。室内に注ぎ込む日差しや、風の通り道、敷地周辺の状況の影響など、部屋の寒暖に影響を与える要素は、ほかにもたくさんあります。全館空調や床暖房など、設備面でクリアできることも多いです。

どのように過ごしたいかをしっかり担当者へ伝え、トータルで一番良い方法を検討すると良いです。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

次回も引き続き、お家づくりの失敗談と、
それについてのアドバイスをご紹介します。お楽しみに!

この記事を紹介しよう!

ナチュリエの家を
もっと知りたい方へ

ステキな事例が詰まっている資料をお届けします!

資料イメージ

名古屋店 の最新記事はこちら!

名古屋店 のおうち見学会&イベントはこちら!

現在は開催しておりません。

読み込み中

TOPへ