北野、二世帯を建てる。第1話「いきなりまさかの展開」

はじめまして、
ナチュリエ フランチャイズ事業部の北野浩平です。



ナチュリエで二世帯のおうちを建てた僕に、
家づくり体験記の連載オファーが舞い込みました。

もちろん二つ返事です (^-^)ゝ

おうちが完成するまでの過程で感じたこと、
困ったこと、悩んだこと…、
ありの〜♪ままに〜♪発信していきます。

よろしくお願いします!

それでは、張り切って始めます。どん!



この体験記の主な登場人物は、

僕と妻(白石区賃貸アパート住まい)、

そして、妻の両親(厚別区分譲マンション住まい) です。



まずは家づくりのきっかけを。

僕は常呂郡訓子府(くんねっぷ)町の玉ねぎ農家に生まれ育ちました。

30歳まで会社に勤めた後、
Uターンして跡を継ごうと考えていました。



そしてついに30歳になった僕は、決断したのです・・・。

 

yo

 

それはイコール札幌永住を意味します。

で、こうなりました。

よし、家を建てようヽ(^^)ノ!

妻の喜びようといったらもう♡
ちなみに実家の農業は兄が継ぐことになりました。


僕たちは共働き夫婦。
時間をつくっては2人で土地を見に行ったりしていました。
予算面から希望地域は、
江別(札幌のお隣ののベッドタウン)と東雁来(札幌の新興住宅地)の2箇所。
どっちにするか、毎日ドキドキが止まりませんでした。



ある日、妻の実家に遊びに行ったときのことです。

:「私たち家建てるの!」



 

母:「私も家建てるのが夢だったの!!」

 

 

(∵)

(∵)・・・

(∵)えっ?



 

:「いずれここ(マンション)から一戸建てに移りたいと思っていたの」

 

:「うんうん。でも、家は2人で建てさせて!」

 

:「私たちの面倒はだれが…」

:「もちろん老後の面倒は見るから安心して」

 

:「私たちがお世話かける前に、あなたたちのお世話をさせてほしいの」

 

薮から棒…、寝耳に水…、青天のヘキレキです。

母の目には……うっすらと涙が。

 

「そ、そ、そんなにいうなら…、まかせろ!」

 

まさかの展開で頭が真っ白になりましたが、
二世帯建ててみんながハッピーになるなら、アリだな、と。
まあ僕は月の半分は出張でいないしね…。

かくして、タイトル通り「きたの、二世帯を建てる」がスタートしたのでした。

 

第2話「土地決定までの道のり」へつづく。


share

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

札幌旭川北見青森むついわて新潟富山彦根姫路名古屋埼玉県央松本愛媛高知大分店の開催中イベント