owner
story

古いものたちと暮らす

owner’s data

オーナー
北海道千歳市 / Mさま邸
家族構成
夫婦2人
施工店
札幌店
広さ
30〜34坪

クリックで拡大

まるでカフェのような、お店のディスプレイのような、
どこを切り取っても絵になる景色のMさま邸。

木のぬくもりと好きなものと、
日々の暮らしを楽しんでいるのが伝わってきました。



絶対ナチュリエの家にする!

結婚して4年くらいアパートに住んでいました。
狭くてダイニングテーブルを置けなかったり、
収納スペースが足りなかったり。

でも生活感を出さずに暮らしたくて、自分なりに工夫していました。

前々からおうちがほしいねって話していました。
つくり込まれた感じじゃなく、
木のあたたかみがある
ナチュラルな家がいいなと探していたんですが、
住みたいと思える家がなかなか見つからなくて。

ネットで調べていてナチュリエを見つけたとき、
「絶対この家にする!」って思いました。

実際にオープンハウスを見て、
“手づくりのおうち”のような雰囲気、
ムクの木の感じに惹かれました。

担当の中村さんがとてもよく対応してくれて、
家づくりを進めることができましたね。



理想のキッチン!

キッチンはとにかく広く使えるようにしたかったんです。
主人もキッチンに立つのが好きですし、
自分が長い時間いる場所なので
こだわりたい気持ちがありました。

木の扉の色をたくさんの中から選べるのもうれしかったです。
高さのアドバイスをしてもらえたのもよかったですね。




なんでも手作りしてみたい

棚に置いているのは、
気に入っているふだん使いのうつわとか、
手づくりしたものの保存のびん類とか。
果実酒、調味料、旬の食材を使ったもの、
なんでも手づくりしてみたくて、いろいろ挑戦しています。

アパートのときはそうは思わなかったんですけどね。
理想のキッチンが手に入って、料理をするのが楽しくなったんです。



おうちはまだ完成していないんです

家具とか道具とか木の古いもの、
手をかけてあるものが好きなんですよね。

コツコツ集めてきたもの、
ここに住んでから買い足したものも。
おうちの雰囲気を壊さないように
ものを選んだり置いたりするようにしています。

どこもどれも私のこだわりですが、
ちょっとほしいものは夫がDIYしてくれて。
リビングの黒板ボード、
キッチンと同じ色のごみ箱収納もつくってもらいました。

リビングはいまは広くスペースを使って、
家族がふえたときに空間をわけられるように
ロールスクリーンをつけました。
季節の変化が見える奥の窓も気に入っています。

これから収納や見えていないところも
きちんと整理していきたいなと思っています。

おうちはまだ完成していなくて、
なにしようどうしようって考えるのがとっても楽しいです。

このお家を建てた店舗

shop

完成したお家のステキな写真を
お届けします!

share

  • facebook
  • twitter
  • line