MENU

イベント

札幌店

オーナー様向け

網戸掃除グッズを比較してみました!

雨風が直接当たる網戸は、目立たなくても意外とホコリや汚れがついています。風の通り道でもある網戸の汚れをスッキリ落として、快適に過ごしましょう!

今回は、100円ショップで見つけた「網戸用」と書かれている商品や口コミのモノを使って、ジョンソンのメンテナンスチームが掃除を実施。いろいろ試した結果から順位をつけてみました。ご参考までに!

第1位 メラミンスポンジ (激落ちくん)

水で湿らせて固く絞ったメラミンスポンジで網戸を軽くこすると、簡単に汚れが取れます!スポンジは大きめのものを選び、”角”を使うとラクに汚れを落とせます。また、汚れたスポンジは水で揉み洗いをして、常にキレイな状態で使いましょう。

  • 応用編

メラミンスポンジで窓掃除もOK!固く絞ったスポンジで拭き、その後、乾いた新聞紙で水分を拭き取ってください。

第2位 網戸ワイパー

手を汚すことなく簡単に掃除ができて、高い所にも渡独ので便利。ただ若干、拭き取りムラができてしまうのが気になりました。

第3位 マイクロファイバー (手にはめて使うタイプ)

スポンジと同様、水で湿らせて固く絞って拭き取ります。汚れは落ちますが、メラミンスポンジのほうがよく落ちました。また、繊維が網戸に少し残ってしまいました。

  • 注意ポイント!

網戸掃除や網戸外しは、無理せず安全第一で行ってください。また、力を入れ過ぎると網がゆるんでしまうことがあります。あまり強くこすったり拭いたりしないように注意しましょう。

  • サッシの掃除にはハケが便利!

サッシ用ブラシなども売っていますが、幅が広めでコシのあるハケだと細かい所まで簡単にきれいにすることができます。

<使い方>
乾いた状態のハケでホコリを掻き出し、集まったホコリを掃除機で取り除きます。そして、水で濡らしたハケで何度か洗い流します。最後に、割り箸の先に乾いた布を巻きつけたものか、乾いた布で水分を拭き取るときれいになります。

メンテナンスチーム : 佐藤恵・真鍋美沙

この記事を友達に紹介しよう!

TOPへ