大は小を兼ねる?!カイ・ボイスンのラージティースプーン

こんにちは!
ナチュリエ旭川 八百屋です(^^)/

デンマークの銀細工師でもあり、
デザイナーとしても有名なカイ・ボイスン。
木製のサルなどの動物アイテムは
一度は目にしたことがある人も多いはず。


わたしの家にもダックとダックリングが
いますが今回はカトラリーのお話。

カイ・ボイスンのカトラリーを購入しました。


アイスクリームやプリン、ヨーグルトなどを食べるように
カイ・ボイスンのラージティースプーンを購入しました。


今まで使っていたニコのスプーン、フォークと比べるとこんな感じ。
ラージティースプーンというだけあって
持ち手の部分が少し長いですが、大人が使う分にはほどよい長さ。




通常のティースプーンと悩みましたが
ラージティースプーンにしてよかったです。
(就学前の子供たちには普段のお食事スプーンとしてちょうどいいサイズ。)

↑思わぬところで大は小を兼ねてくれました。

世界で唯一、日本で製造

ちなみに、カイ・ボイスンのカトラリーは日本製!
世界で唯一 新潟県の燕市でつくられているそうです。


新潟県燕市でピンときた方。
そうです。その通り!
こちらのカトラリーはステンレス製。

シルバーと違い日常でも扱いやすそうなのも選んだポイントでした。

これから、長い年月をかけて大切に使っていこうと思います(^^)/


share

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

旭川店の開催中イベント