新モデルハウス◇建築日記 基礎工事編

こんにちは!
今日も風が冷たいですね~><
暦の上では、2月3日に「立春」を過ぎたはずですが…
あたたかい春まではもう少しです。
体調管理をしっかりして過ごしたいですね。

さて、遅ればせながら…
現在建築中のナチュリエ モデルハウスの
基礎工事までの様子をご案内します!


1.地鎮祭


地鎮祭のイメージ

2020年12月11日に地鎮祭を行いました。


鎮物のイメージ

地鎮祭では「鎮物(しずめもの)」を地中に埋めます。


地鎮祭とは、土地の神様(氏神様)に建築の許可を得て、
新築工事が安全に滞りなく行われることと、
家が繁栄することを祈願するものです。

作法が難しそう、参加するときちゃんとできるかしら…?と
不安に感じられる方もいるかもしれませんが、
わからない場合は、神主さんが丁寧に(身振り手振りもそえて)
教えてくださるので安心してくださいね。


2.基礎工事


基礎工事のイメージ

地鎮祭で神主さんにお祈りをしていただいた
「鎮物(しずめもの」を基礎の中心に置き、
工事の安全を祈念しました。


基礎工事のイメージ

砕石を敷いて、防水シートを敷いて、その上に
スラブ配筋(鉄筋コンクリート製の床に配置する鉄筋のこと)が
敷いてあります。この配筋の間隔が150ミリです。
上に乗ってもしなることなく安定しています。
配筋だけでも、とっても強いんです^^


検査のイメージ

この段階で、住宅瑕疵保険の検査を受け、合格でした!


その後、ベタコンクリートを打設しました。
ベタコンクリートとは、ベタ基礎のことで、
底一面が鉄筋コンクリートになっているものです。
家の荷重を底全体で受け止め、面で支える強い構造です。

このベタコンクリートがある程度乾いたあと、
その上に、基礎立ち上がりコンクリートを打設します。


次の工程は、建て方工事・上棟です。
いよいよ家の形が見えてきますよ~!
これから、少しずつご案内させていただきますので
ぜひ、楽しみにお待ちくださいね^^


share

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事を書いたスタッフがいる店舗

shop

名古屋店の開催中イベント