MENU

コンセプトスペシャルライフ

M様邸
手作りのものと薪ストーブ。暮らしの音が聞こえる家。

Handmade

日々を豊かにする、少しの手間を大切に。
トントンカンカン作って使う暮らしが好き。

  • 11
  • 22
  • 33
  • 44
  • 1いつもの会話、いつもの光景。淹れたてのコーヒーと、手作りの焼きたてパンと。
  • 2DIYしたり、古いものをリメイクしたり。棚類、テレビ台、リビングとダイニングのテーブル、椅子、キャビネット…奥様が手をかけたモノたちが木のぬくもりの中にしっくり馴染んで。
  • 3真っ白な洗面空間に深いブルーのタイルがお似合い。
  • 4結婚時に購入した食器棚をリメイクして玄関の収納に。広い土間はDIYスペースとして活用。

Kitchen

コトコト漂うスープのいいにおい。
明るいキッチンから広がる今日の幸せ。

  • 11
  • 22
  • 33
  • 1お菓子もパン作りも好き。奥様が希望したのは、開放感のあるすっきりとしたキッチン。「私のイメージを絵に描いてお渡ししました」。
  • 2壁にサブウェイタイルを貼って、窓は格子に。
  • 3パントリーを設け、そこに冷蔵庫やゴミ箱などを収納。カウンターの前面はニッチにして小物をディスプレー。

Stove

気づくとみんな集まってゆるゆる。
パチパチ薪ストーブが家族をつなぐ。

  • 11
  • 22
  • 33
  • 1思い描いていた薪ストーブのある暮らしを叶えて。ストーブで焼くパンにみんなの笑顔がふくらんでいく。
  • 2DIYで出るちょっとした廃材もくべて使いきって。
  • 3アツアツをふーふー。焼きマシュマロは楽しい冬のおやつ。

Play

賑やかだった2階がシーンとなったら、
工作時間のはじまり。
なにができるかな?

  • 11
  • 22
  • 33
  • 12階のフリースペースには、木材で作った箱を組み合わせ、収納を兼ねた階段が。この階段が、工作が好きという息子さんの遊び場に。
  • 2トントントンとDIY階段であがるロフトはまるで秘密基地。
  • 3梁から吊るされたハンモックに乗ってわいわいゆらゆら。
M様

オーナー様インタビュー

ナチュリエスタッフとの家づくりはいかがでしたか?

自然素材+シンプルさに惹かれて

ナチュリエの家は、お友達が建てていたこともあって知っていました。オープンハウスを見学して、おうちづくり勉強会にも参加しました。住宅展示場でほかの家も見ましたが、どこか無機質な印象。聞かれることも建物に寄った質問ばかりでピンときませんでした。

DIYが大好きで、以前から、飾るもの、大きなものも手作り。暮らしのなかでふれる自然素材に、親しみをもっていました。ナチュリエの家は、ムクの木の床、漆喰の壁にできて、もともとがシンプルだからどんなインテリアも合いそう。そう考えると、「ナチュリエしかないよね!」という結論になりました。

実直であたたかい対応が快かったです

担当の方は、一言でいうなら「熱心で誠実」な方ですね。できること、できないことをきちんと提示して、わかりやすく説明してくれたことが良かったです。それに話やすくて、担当の方を勝手にお友達のように思っていました(笑)。
DIYするものが多く、造作してもらうところがあまりありませんでした。申し訳なく思い、そのことを設計の方に伝えたところ、「ナチュリエは、そういう暮らしを楽しんでもらう家。大歓迎です!」と。うれしかったですね。

家を建てた周りのお友達からは、「あきらめたことが多かった」と聞きます。ナチュリエのスタッフの方々は、私たちの希望に耳を傾け、可能性を探って対応を検討してくれる。何度も打ち合わせを重ねて、じっくりと向き合ってくれたので、一つひとつ納得しながら進めることができました。改めて家づくりを振り返ってみても満足しています。

家の中にも外にも楽しみが広がりました

集合住宅では釘打ちの音に気を使いますが、今は広く取った土間で思う存分、トントンカンカンしています。この家に暮らしてから、テレビをつけることが少なくなりました。本を読んだり工作をしたり、私もあちこちいじったり。それぞれ好きなことをして過ごしています。家が心地良くて楽しいって、いいなあと実感しますね。

家を建てたオーナー向けの、講座やイベントにも参加しています。先日もアイシングクッキー講座に行ってきました。家でも子どもと一緒にさっそく作ってみて、おじいちゃんおばあちゃんにお届けしました。家を建てたあとに、こうした機会があるのはうれしいですね。楽しませてもらっています。

ようこそ、ナチュリエの世界へ

ていねいに育てる、家族じかん

TOPへ