スタッフブログ

2020年2月12日 富山店

手書きパースで打ち合わせ

ナチュリエ富山では、打ち合わせはチームを組んで行っています。
営業・設計・コーディネーター・現場監督・大工さんがお客様と直接、交流をとりながらすすめていきます。
その一コマをご紹介します。


実際の写真やデジタルのカラーパースも参考にしながら



打ち合わせをすすめていく上で、平面図からは完成が想像できないことが多いようです。

最近では3Dを使ったデジタルのものが主流ですよね!

ナチュリエ富山の造作は手作りのため、手書きパースを使って打ち合わせを行っています。
手書きパースには機械には出せない人の温かみがあるのです。


平面図だけでは仕上がりがイメージしにくい


寸法も入れて、わかりやすい手書きパース


「こんな感じですか?」と、お話しながら、お客さまの目の前でイメージをサッと描いて差し上げることもできます。
「今後、この人と打ち合わせしたい!」と、設計や現場監督にご指名が来ます(笑)
お客様からは「我が家のために描いてくれたんだ!」という信頼を得て、楽しくスムーズに打ち合わせがすすんでいます。


広さをイメージしやすい


棚などの使いやすさも重視


これがパース提案の隠れた効果!


空間や素材感がイメージしやすい


mm単位の正確なCADと違って、『良い意味での曖昧さ』がある手描きパース(寸法は必須)をお見せすることで完成後の雰囲気をイメージしやすくなります。
脳が記憶している情報はコンピューター以上とも言われているように、手書きパースは直感やインスピレーションに働きかけ、イメージを膨らませやすいと思います。


手書きは五感に刺激を与えてくれます。
理屈では説明しがたい物事の本質をつかみ、第六感が働くのです。
気づいていなかった潜在的なご要望や提案が湧き出してくるかも♡
人間の力、侮れません!

この記事を紹介しよう!

ナチュリエの家を
もっと知りたい方へ

ステキな事例が詰まっている資料をお届けします!

資料イメージ

富山店 の最新記事はこちら!

富山店 のおうち見学会&イベントはこちら!

現在は開催しておりません。

読み込み中